QUEENSRYCHE~Operation:mindcrime

operation:mindcrime
 私は、音楽を聴いて頭の中で映像を思い浮かべるのが好きなのですが、この作品はコンセプトアルバムだけあって、情景がよく浮かんでくる傑作だと思います。店頭での売り文句も「見る音楽!」とか「一本の映画を見たかのような感動!」などと絶賛されています。
 ストーリーが非常にリアリティに満ちていて、現代社会を鋭くついています。政治、マスコミ、宗教などに不信・不満を感じていた高校時代、英和辞典を片手に歌詞を調べたものでした。特に、③「Revolution Calling」の、
I used to trust the media To tell me the truth, tell us the truth But now I’ve seen the payoffs Everywhere I look Who do you trust when everyone’s a crook?
と歌い上げるあたりは我意を得たり、といった感じです。ストーリーは、http://www.hvymetal.com/artist/364.all.htmlの「発言3」に簡潔にまとまっていますので、ご覧頂ければと思います。
 主人公ニッキーが組織に翻弄され、信じていたものに裏切られ、人格が破壊されてゆく様が、音楽という媒体を通し、視覚的なイメージとして想像力を刺激してゆきます。特に、後半、⑫「I Don’t Believe in Love」以降、静かなクリアトーンのアルペジオをバックにスライドギターのソロ、時計のSEが重なり、ニッキーの叫び、そして終曲⑮「Eyes of a Stranger」への流れはスバラシイです。
 そして、最後、彼は自分自身をも見失ってしまうんですね。鏡に映る自分の視線を “eyes of a stranger” とは……「手術:精神犯罪」というタイトルに戦慄を覚えてしまいます。
 このアルバムは1988年の作品ですが、その18年後、「Operation:mindcrime II」が発表されます。18年間、刑務所で服役したニッキーが釈放され、今度は「復讐」に命をかける、という内容です。いやはや、恐ろしいものです。
 人は何かを信じて生きていますが、信じていたものに裏切られたとき、苦しみ悩むんですね。そして、深く信じていればいるほど、そのショックは大きく、果ては精神異常になったり、犯罪者になったりする人も出てくるのでしょう。心に、しっかりとした精神的支柱を築くことが非常に大切なのだと思いました。  ここでふと、高校の日本史(古文だったかな?)で習った親鸞聖人の言葉を思い出しました。(唐突でスミマセン)
 煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は万のこと皆もって空言・たわごと・真実あることなきに、ただ念仏のみぞまことにて在します。
「世の中、当てになるものなどないのだから、念仏を信じなさい」ということなのでしょうか?でも、念仏っていったい何だ……?? (^^;ゞ
(-人-) <(_ _)>
 まあ、でもある意味、当てになるものは一つもない、というのは真実かもしれませんね。だからこそこのアルバムは、時代を超越して人々の心を打つ、「名盤」として君臨しているのだと思います。

(参考) http://www.hvymetal.com/album/75.html http://rocknroll.yoshiten.com/100/i_dont_believe_in_love_queensr.html 鋼鉄龍の幻想伝説

Filed under: 未分類     12:56 PM  Comments (5)

森見登美彦~夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
 会社の先輩に紹介されて読んだ本です。2007年本屋大賞にノミネートされました。
 結構面白かったです。頭を空っぽにして、笑い飛ばしながら読めました。  ストーリーは、黒髪の乙女を、先輩の私が追い求めるというものですが、登場人物の個性の濃さと、独特の文体が魅力です。乙女と私がほぼ交互に語る形式で、お互いの視点から楽しむことが出来ます。
 で、私は、彼女をいかにものにするのか? 名付けて「ナカメ作戦」、すなわち“なるべく彼女の目にとまるよう心がける”というものなのですが、天真爛漫な彼女はなかなかそれに気づかず、読者はやきもきするのです。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」「ま、たまたま通りかかったもんだから」こんな会話が何度も繰り返されるのです。そしてことごとく作戦は失敗。しかし私はけなげにナカメ作戦を敢行してゆきます。
 その間、私の頭の中はどうなっているのかというと、ただひたすら妄想が渦巻くのです。そこら辺の描写が思いっきり笑えます。
 どこまでも暴走する己のロマンチック・エンジンをとどめようがなく、やがて私はあまりの恥ずかしさに鼻から血を噴いた。  恥を知れ。しかるのち死ね。  しかし私は、もはや内なる礼節の声に耳を傾けはしない。  なぜなら、堕落のきわみにある現今の大学において、ことあるごとに恥を知り、常住坐臥礼節を守ってきても、報われることは皆無だったからだ。

 シャイな私は、なかなかストレートにアタックしないところがこれまた愛すべきところです。
 それだけ人事を尽くしたなら、まずたいがいの目論見は叶うものだ。しかし、黒髪の乙女の城は難攻不落であった。  そもそも私が決定的な手を打つことから逃げている、不要な大迂回をしているという多数の異論はひとまず却下しておこう。それは後々考える。  まず何よりも分からないのは、彼女が私をどう思っているかだ。果てして私を、一人の男として、いや、せめて一人の対等な人間として彼女は認識しているのか。  それが私には分からないのであった。  それゆえに、私は決定的な一打をうてなかったのである。

「李白さん」や「パンツ総番長」などの個性派キャラも微笑ましく、ホノボノする作品ですね。  学園祭でのゲリラ演劇「偏屈王」も、騒々しく、いかにも「青春!」って感じでした。
 文学青年の書いたギャグマンガという雰囲気です。息抜きにどうぞ。
(参考) http://www.kadokawa.co.jp/sp/200611-07/ http://www.blog-headline.jp/book/archives/2007/01/post_11.html http://pumila.jugem.cc/?eid=577

Filed under: 未分類     9:16 PM  Comments (0)

東野圭吾~手紙

手紙(原作)
東野圭吾さんの作品は、他には、ドラマ化された『白夜行』と、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』、そして『赤い指』を読んだことがあります。どれも秀作ですが、この『手紙』は、その中でも一番心に残りました。
 最初、兄弟愛を描いた作品かと思いながら読んでいましたが、テーマは「偏見と差別」といったところでしょうか。それを象徴するかのごとく、あの名曲が効果的なメタファーとして使われているのが印象的です。
 物語は、弟思いの剛志が、意図せず老婆を殺してしまう場面から始まります。実は『赤い指』を読んだとき、「『容疑者~』のパクリではないか」と思ってしまったので、正直、「またこのパターンか」とも思いましたが、さすがは東野圭吾。その後、読者に大いなる難問を投げかけるのです。
 兄への複雑な思いを抱きつつ、進学、就職、恋愛など、必死に生きる弟の直貴。しかし、成功まであともう一歩、というところで「犯罪者の弟」という動かし得ぬ事実に行く手を阻まれる。読者は、兄から届く「ほのぼの」とした手紙に、次第に怒りを覚え、直貴に感情移入してゆきます。そして彼は、一大決心を……。
 とにかくストーリーがリアルなんですよね。いつ自分が事件の被害者になるか分からないし、加害者にもなり得る。あるいは身近な人間になるかも知れない。「そんな時、君ならどうする?」と筆者から問いかけられているようです。誰もが差別を嫌い、偏見を醜いものだと思っていながら、果たして潔癖な人間など存在するのだろうか?自分ならどうするだろうか?と考えずにおれませんでした。  視線を内側に向ければ、否定しきれない偽善的な自己、そして理想と現実のギャップを見せつけらるようです。
 この作品の登場人物は、皆、一生懸命、幸せを求めて生きています。特に、直貴は人一倍強く、逞しく自分の道を切り開いて進んでいるのです。しかし兄の犯した罪が弟にも影響を及ぼしてしまうのは、理不尽とは思いつつも、これが現実なのかと認めざるを得ません。  誰もが幸福を求めて生きているのに、そうなれない人間が出てしまうのはなぜか?  人の幸・不幸は何によって決まるのか?  差別や偏見のない社会など、実現可能なのか?  そもそも幸福とは一体何なのか?
 色々考えさせられる『手紙』でした。東野圭吾も難しいテーマに果敢に取り組んでいるなあ、とその執筆意欲に頭が下がるばかりです。(作品の多さにも)
 ちなみに私はこちらの装丁の方が好きですが、兄貴の文章が見える方も捨てがたいですね。温かみのある文字が、怒りのやり場を見失わせてしまう……(涙)



(参考) パンドラさんのブログ よしさんのブログ 扉のむこう 沖縄日和 続きを読む…

Filed under: 未分類     11:06 PM  Comments (8)

RHAPSODY~Legendary Tales

Legendary Tales
 イタリア出身の驚愕のバンド、RHAPSODY (2006年7月14日、著作権及び商標の問題により、Rhapsody of Fireに改名しましたが)の記念すべき1stアルバム。楽曲的には、ANGRAバッハヘンデルテレマンなどのバロック音楽を加え、BLACKMORE’S NIGHT 的な、トラッドソングを混ぜたような、極めて完成度の高い、芸術作品。チェンバロや金管・木管楽器、弦楽器なども多用しており、クラシックファンとロックファンの心を同時にわしづかみにすること必至です。初めて聞いたとき、かつて VIPER の Theater of Fate を聞いたときのショックが蘇りました。「そうそう、これだよ、これ!」といった感覚でしょうか。ジャケットの絵も結構好みだし。
 まず、イントロからして、バッハのオルガンを思わせるキーボードの上にオルフの「カルミナブラーナ」的な、荘厳な混声合唱。やがて、一呼吸あって、伸びやかなハイトーンヴォーカルが現れる。そして、ギターのリフが始まって快感の疾走チューンへと……「お約束」というか、この手の音楽ファンにはたまらない“黄金律”ですな。その後、2曲目、3曲目……と進み、最後、「2ndへ続く」というように、静かに終わるのです。
 そう、4枚のアルバムで「Emerald Sword Saga」なるファンタジーを完結させる予定で始まった、1stアルバムがこれなのです(結局5枚になりましたが)。いきなりこんな完成度高くて、この先どうなるのだろうか、と不安に思ったファンもあったようです。残念ながら私はリアルタイムで体験できなかったのですが、通しで5枚聞いた時は、腰抜かしましたよ。彼らはただ者ではないです。
 イントロ10秒でノックアウトされた方、この先、壮大な狂詩曲の世界に引き込まれることでしょう。  まだ、聴いたことのない方は、1st → 2nd → 3rd → …… と聴かれることをオススメ致します。
 世の中には凄い人達がいるもんだ、とつくづく思いました。

(参考) http://www.hvymetal.com/album/101.html http://www.xametal.net/impressions/view/264 http://yaplog.jp/lunaismy/archive/31#tb kreuzhakenさんのブログ 北の大地のBIGなお話 Taroさんのブログ

Filed under: 未分類     11:55 PM  Comments (0)

SYMPHONY X~The Divine Wings of Tragedy

The_Divine_Wings_of_Tragedy
 15年以上 Yngwie Malmsteen を好んで聴き続けてきましたが、当然 STRATOVARIUSティモ・トルキ、そして SYMPHONY Xマイケル・ロメオは無視することの出来ない、気になる存在でした。ただ、なかなか彼らの音楽を聴く機会に恵まれず、繰り返し聞くことが出来るようになったのは、ようやく最近になってのことです。きっかけは、近所のレンタルショップで DREAM THEATER を目的に借りた『GIANTOUR』で、その中に彼らも入っていたのです。
 さて、見てビックリ!
「カ、カ、カッコ悪いではないか(-。-;)」
 とにかくカッコ悪い、、、。体型だけでなく、エアギターをするヴォーカルの動きが何ともいえず、カッコ悪い。
 もう一度言います。カッコワルイのです。(ToT)
 ところが、、、
 おかしなもので、しばらくするとそこには「カッコイイ!」とガッツポーズをしている自分がいたのです。 (p^_^)у
 そう、彼らはカッコワルイ(失礼!)のにカッコイイのです。なぜか?曲が良いんです。さらに、演奏が上手い!「これはギターソロを愛するもののツアーだ」デイヴ・ムステインが言っている通りです。そして、リーダーでギターのマイケルロメオだけでなく、ベース、ドラム、キーボード、そして何と言ってもヴォーカルが非常に上手い!
 DVDで見た曲は「Inferno」と「of Sins and Shadows」の2曲だけでしたが、このThe Divine Wings of Tragedyを聴いて唸りました。「DREAM THEATER の “Images and Words” に匹敵する」とか「傑作!完全必聴盤!」と言われるにふさわしい名盤です。捨て曲がなく、聴けば聴くほど味が出る「スルメ盤」です。
 特筆すべきは、ヴォーカルのラッセル・アレンの上手さですね。尋常でないです!高音もしっかり出てるし、迫力も満点。たとえるなら、ロニー・ジェイムス・ディオ並みの歌唱力ではないでしょうか。疾走チューンから叙情的な曲まで、変幻自在に歌っています。
 後にPartIIが出る④「The Acolade」や、あっという間に20分が過ぎてしまう⑧「The Divine Wings of Tragedy」、⑨「Candlelight Fantasia」をはじめ、全曲が名曲の3rdアルバム、オススメです。そして、是非4th、5thと続けて聴いてもらいたい、そんな SYMPHONY X です。

of sins and shadows
Candlelight Fantasia

(参考) http://www.hvymetal.com/album/65.html http://www.toshiba-emi.co.jp/z-label/artist/syx.htm 古騎士 覇次郎さんのブログ、鋼鉄龍の幻想伝説 kreuzhakenさんのブログ Music×Freak The Divine Wings Of Tragedy/Symphony X

Filed under: 未分類     12:10 AM  Comments (3)

村上春樹 ~ 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)
 村上春樹さんの作品は、かの有名な『ノルウェイの森』『1973年のピンボール』を読んだことがあるのですが、ハッキリってよく分かりませんでした。ノーベル賞受賞か?と騒がれたり、多くのファンがいるのは知っています。しかし、正直なところ、何が言いたいのか、何のために作品を書いているのか分からない、というのが村上春樹に対するイメージでした。とにかく、何が何を譬えているのかよく分からないのです。(ファンの方、ゴメンナサイ。私の読解力がないだけです。ただそれだけのことです)
 そのことを、ある先輩に言ったところ「そうか。じゃあ、これを読んでみたら?」と渡されたのが、この『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』だったのです。(ちなみに私が借りた本はこんな装丁です)
 いかにも村上春樹らしいタイトルだなあと読んでみると、いきなり、第1章から「面白い!」ではありませんか。え?何?良い意味で裏切られました。戸惑いさえ感じました。最初のうちは何が何だかよく分からないのですが、それでも面白いのです。グイグイ引き込まれました。これには驚きました。作品の面白さと同時に、自分が村上春樹を読めている事実が信じられませんでした。
 で、下巻の途中くらいまで読み進めると、それまでの謎がだんだん明らかにされ、推理小説で犯人が分かったような快感を味わうことが出来ます。「私」と「僕」との関係、「影」とは?「一角獣」とは?など、ハァ、良く練られているなあ、と関心しました。
 圧巻は、後半4分の1以降でした。最後、限られた時間での「私」の思考と、「僕」のとった行動に、“静かなる感情の高ぶり”とでもいうか、実に美しく崇高な感覚に包まれました。特に、
 私は声をあげて泣きたかったが、泣くわけにはいかなかった。涙を流すには私はもう年をとりすぎていたし、あまりに多くのことを経験しすぎていた。世界には涙を流すことのできない哀しみというのが存在するのだ。~
辺りからはグッと来るものがありました。そして最後の最後、
 降りしきる雪の中を一羽の白い鳥が南に向けて飛んでいくのが見えた。鳥は壁を越え、雪に包まれた南の空に呑みこまれていった。そのあとには僕が踏む雪の軋みだけが残った。
は、実に感動のエンディングだと思います。
 哲学的考察を、ミステリー、ファンタジー的な物語として表現した、村上春樹。この男はただ者ではない、と思わずにおれない1冊でした。未読の方は、是非ご一読を。
(参考) kakasiさんのブログ モコポコさんのブログ たなつねさんのブログ

Filed under: 未分類     8:01 PM  Comments (6)

リリー・フランキー~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

皆さん、こんにちは。
tokyo tower
 この本を読んだのは、昨年の6月頃でしたが、今でも読み終えたときの感動は、よく覚えています。2006年本屋大賞受賞作品ということで、当時、周りでもかなり話題になっていました。
 しかし正直なところ、最初は「そんなに良いのかなあ?普通の随筆みたいだけどなぁ……」と思いながら読んでいたのです。とりたてて何か事件が起きる訳でもない、単に、著者の少年時代の思い出が綴られているだけの作品だと思っていました。周り中が「この本はすごい!」と賞賛の嵐の中、自分だけ極端に読解力がないのか、と落ち込んだものです。
 ところが、半分ほど読んで、大きな事件が起きたのです!そう、「オカン」がガンの宣告を受けたのです。実は私の母も、数年前に大腸ガンで「半年の命」と宣告され、1年後に亡くなったのですが、そのときの記憶が鮮明に蘇って来ました。ガン患者の闘病って、皆同じ道を通るのかと思えるほど、とにかくうちの母と、リリーさんのオカンがあらゆる点でダブッて読めました。急激に病状が悪化するのではなく、一進一退を繰り返し、徐々に体力が衰えてゆく。わずかな希望を胸に、努めて明るく振る舞い、決してアキラメルことなく、我が子に無償の愛を与え続ける母親の偉大さに、涙せずにおれませんでした。満員の通勤電車で読んだのですが、本気で泣けて泣けて、実に困りました。
 子が親を、親が子を殺す事件が多い昨今、飾らず赤裸々に母親への想いを綴ったこの『東京タワー』は、私たちに人間の心を思い出させてくれる本です。まさに本屋大賞受賞にふさわしい作品と言えるのではないでしょうか。しかも、著者があのリリー・フランキーというのも心に深く突き刺さります。

With Latimer!:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ erilovelycookingさんのブログ



こちらも泣けます   ↓ 『親のこころ』(木村耕一) 『親のこころ おむすびの味』(木村耕一)

Filed under: 未分類     8:11 PM  Comments (6)

なぬ?DREAM THEATER の New Album だと!

夢劇場支配人の日記さんによると、DTの9thが出るそうな!
今年の夏も熱くなりそうですね。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:36 AM  Comments (1)

METALLICA~S&M

こんにちは。
Symphony & Metallica
 この作品も、すでにCDで聞いたことがあるのですが、改めて映像で見て、凄いと思いました。DREAM THEATER の「Live at Budokan」「Score」も衝撃でしたが、これもビビりました。DREAM THEATER も、これくらい大規模なオーケストラと共演してもらいたい、と願わずにおれません。
 とにかく上品で「豪華」というのが第一印象です。豪華客船での高級ディナーショーのような雰囲気でした。楽団員にも客席にも「貴婦人」と呼べるような方々が見受けられたように思います。カメラワークも良く、QUEENSRYCHE の「Operation:Livecrime」のように、前から後ろから上から下から(?)と、迫力の映像が気持ち良かったです。王者 METALLICA の貫禄を見せ付けられました。めちゃくちゃカッコイイです。
 楽曲は、オリジナルにオーケストラが伴奏しているような感じでしたが、もともとがシンフォニックな曲だということなのでしょうか。バンドとオーケストラが見事に調和しています。音声の設定で「バンド+オーケストラ」「バンドのみ」「オーケストラのみ」と選択できるのですが、試しにオーケストラの音だけにすると、まるでショスタコーヴィッチの交響曲でも聞いているようで新鮮です。演奏者の表情もにこやかで、リラックスして心底楽しんでいるようにも見えました。
 しかし、何といってもお気に入りは「One」です。鳥肌モンですので、まだ見ていない人は是非ごらんあれ。
これはPVですが、、、 One

(参考) このCDを買え! 山あり谷あり ysgさんのブログ B. ジュベールとMetallica 蘊恥庵庵主さんのブログ ~わぁる うぃんど~

Filed under: 未分類     9:57 PM  Comments (3)

DREAM THEATER ~ Metropolis 2000: Scenes From New York

こんにちは。
Scenes from New York
 すでにCDでは聞いていたのですが、ようやくDVDで「Metropolis 2000:Scenes from NewYork」を見る事が出来ました。
 最初見たときは、「え?Jordan のソロがない!」とか、「Metropolis 1 がドキュメント映像のBGMになっている (T。T)」とか、驚き(落胆し)ましたが、Scenes from a memory のプロモーション映像と考えると、かなりおいしいDVDではないかと思います。ライヴ映像というよりは、映画をみる感覚で楽しめました。
 特筆すべきは、ジャケットに「SPECIAL EDITION」とあるように、映像素材の編集がかなり凝っているという点でしょうか。私も以前、映像編集の仕事をしていたことがあるのですが、Scenes from a memory のストーリーを再現するのに、非常に良く出来た作品だと思います。ドキュメント映像もかなり苦労して作られたと思いますよ。「Live at Budokan」でも感じましたが、DREAM THEATER は、5人のメンバー以外も、かなり優秀なスタッフで構成されていると思います。
 また、ライヴ映像に合わせてメンバーが自由に語り合っているオマケもよかったです。曲を聴きながら字幕でメンバーの発言を読むと、非常に面白いです。「へぇ、こんな事考えて演奏しているのか」とか「このフレーズはあのバンドからヒントを得たのか」などと楽しませてくれます。もちろん、ストーリーの解説もあります。また、「俺、ここトチッた」「おい、髪の毛食うなよ」などの発言も、すごく親しみがもてました。DREAM THEATER って、凄腕テクニシャンの集まりなのに、すごく庶民的というか、普通の兄ちゃんみたいで、好感度高いと思います。なんと言っても、ファンを大切にし、共に良い音楽を作り出そうという姿勢が強く伝わってくる人たちです。
 で、肝心な演奏ですが、もういまさら何も言うまい、です。この後の「Live at Budokan」「Score」に比べれば、若さを感じなくもありませんが、スタジオアルバムより断然良いと思います。常に進化し続ける DREAM THEATER の通過点を堪能させてもらいました。
 ただ、惜しむらくは、あまり編集されていないヴァージョンのも見てみたい、ということです。2時間半聞き続けて、へとへとになったところで「A Change of Seasons」が見たかった、という思いはあります。また、CDにはJordan のソロや「Anothe Day」もありますが、DVDではカットされていてちょっと残念ではあります。まあ、あの値段で、私の大好きな「Learnin to Live」が見れただけでも贅沢なのかもしれませんが。

(参考)http://www.hvymetal.com/album/2452.html

Filed under: 未分類     8:55 PM  Comments (0)