JUDAS PRIEST ~ Stained Class

Stained Class
 JUDAS PRIEST の4thアルバム『Stained Class』は、1978年発表ですので、音に時代を感じるかもしれませんが、内容は素晴らしい名盤だと思います。
 1st2nd3rdと続けて聴けば、この4thは彼らの新しい時代の幕開けを象徴するアルバムであることがよく分かりますし、当時「最も速い曲」と言われていた①「Exciter」が如何に衝撃的であったか容易に想像できます。③「Better by You, Better Than Me」で時折り聞こえる、テンションノートを含むギターのコードには思わず息をのんでしまいますし、④「Stained Class」は出だしのギターやサビのヴォーカルのメロディは印象的で、全体的に緊張感があって良いです。  しかし、なんと言っても⑧「Beyond the Realms of Death」、これは文句なしの名曲でしょう。ユニゾンでハモるアコギのアルペジオに、泣き泣きのギターソロ、情感たっぷりのロブのヴォーカル……。音がシンプルなだけに、余計哀愁を感じます。まさに「死の国の彼に」ですね。
 さて、先に「想像できます」と書きましたが、『Stained Class』が発表された時、私はまだ小さな子供でした。だからリアルタイムで体験できるはずもありません。このアルバムの存在を知ったのは、今から10数年前、『Painkiller』が出た頃でした。確か当時、裁判沙汰でもめていたと記憶しています。
 ある、自殺した少年の親に JUDAS PRIEST が訴えられたのです。理由は「息子はプリーストファンで、このアルバム聴いたから自殺したんだ」というものでした。具体的には、
・アルバムジャケットに「SUICIDE」の文字が隠されている。 ・「Better by You, Better Than Me」の曲を逆回転で聴くと「Suicide♪」と聞こえる箇所がある
ということですが、「何とメチャクチャな!」と思いました。ジャケットを何度見ても未だ「SUICIDE」の文字は見つかりません。分かる人があったら教えて頂きたいものです。また、音を逆回転に聴いたとろこで、果たしてサブミリナル効果があるのか疑問です。(だいたい、普通に聴いて「あ、ここ、逆に聴いたら“Suicide♪”って言ってる」と分かる人がいれば、それは天才はモーツァルトぐらいじゃないでしょうか)  息子を失った親の苦しみは大変なものかと思いますが、その矛先をアーティストに持ってゆくのはどうかと思います。
 頭の堅い親が頭ごなしに「ロックは不良の音楽だ」と騒ぎたてるのは世界共通のようです。そんなおせっかいP.M.R.C.に対する抗議の曲が『Painkiller』収録の「A Touch Of Evil」だそうです。  そういえば MEGADETH『So Far, So Good… So What !』「Hook In Mouth」で「FREEDOM」のつづりを分解して
This spells out FREEDOM, it means nothing to me As long as there’s P.M.R.C
と訴えています。アーティストにとっての「表現の自由」とは如何なるものか、と考えてしまいます。
「卑猥」「過激」ととるか、「芸術」ととるか、それぞれの立場や環境で、考え方、受け止め方は違ってくるので難しい問題ですね。  ただ、少なくとも言えることは、周囲の風潮や世論などに惑わされることなく、確固たる自分の信念を持っていることは大切だと思います。もちろん他人の助言や注意は静かに傾聴せねばなりませんが、結局のところ自分の人生は自分が決める訳です。「正邪」「是非」「善悪」について、問題意識を常に高めておくのが大事ではないでしょうか。  また、自分の身の周りにおきた現象を、わが身を省みずに、「これはあいつが悪いんだ」と責任転嫁するのも避けたいところです。ついつい自分を正当化するために、相手を悪者にしてしまうのが愚かしい人間の実態ですから……。自戒しておきたいものです。

(参考) メタル馬鹿一代さんのブログ ヘビメタな音楽 hrhm1161さんのブログ DeepStyle.jp 18禁画像あり、クリック注意 makoさんのブログ

Filed under: 未分類     9:31 PM  Comments (5)

SYMPHONY X ~ V: The New Mythology Suite

V
 まったく、この SYMPHONY X の才能の奥深さには、ただただ驚かされるばかりです。前作オリンポスに続き、この『V: The New Mythology Suite』アトランティス帝国(ギリシャ神話)に基づいています。神秘的で荘厳な雰囲気を求める人には、名盤、いや、文字通り「神盤」と言えるでしょう。
 ヴェルディレクイエムをモチーフとした前奏曲①「Prelude」が終わると、②「Evolution (The Grand Design)」~⑥「Bird-Serpent War/Cataclysm」まで一気に聴かせてくれますが、この流れは何度聴いても完璧です。特に⑤「Communion and the Oracle」のイントロのギターとピアノ、そして曲後半で再現されるアルベジオは筆舌し難い美しさです。
 さて、少し落ち着いて⑦「On the Breath of Poseidon (Segue) 」に進むと、また、⑨「Death of Balance/Lacrymosa」まで一連の映画を見ているような計算されつくした流れとなります。「Death of Balance/Lacrymosa」では2分40秒(10秒から?)でいきなりモーツァルトが出てきて驚きました。「そうきたかぁ」と思わず唸ってしまう瞬間でした。
 そして、⑩「Absence of Light」から最後まで、特に⑬「Rediscovery, Pt. 2: The New Mythology」は最後を締めくくるのにふさわしい、感動的な、芸術の極みと思わずにおれません。流麗なピアノと、リズムを刻むバッキングギター、カッコイイヴォーカルがたまりません。エンディングのコーラスは鳥肌ものです。
 SYMPHONY X 恐るべしです。今から200年後、300年後も、歴史に残るバンドとして認知されて欲しいものです。こうまで完成度の高い作品を作られると、内容が良いだけにルックスの悪さが気になって残念です。やはり彼らにはダイエットしてもらわねば(あれ?前も同じこと書いたような……)。
Evolution
Communion And The Oracle
   
(参考) YouTube動画検索 : Symphony X SYMPHONY X このCDを買え! 三森 涼子さんのブログ Official Website ドリムシタイムさんのブログ

Filed under: 未分類     12:42 PM  Comments (0)

ダン・ブラウン ~ ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(下)
 地動説を唱え有罪判決を受けたガリレオ・ガリレイや、同主張により火刑に処せられたジョルダーノ・ブルーノ、宗教裁判を恐れ、強引に「神の存在証明」を展開したルネ・デカルトなどの例を挙げるまでもなく、西洋文明において、キリスト教の及ぼす(悪)影響が、非常に強いことはよく知られていることです。それは今日までも色濃く残っており、日本人の想像をはるかに超えていると思います。『ダ・ヴィンチ・コード』映画化されたとき、世界各地の教会で上映禁止の運動が行われたというのもその表れではないでしょうか。
 この作品を一言で言えば「イエス・キリストも、ただの人間だった」ということになるのでしょうが、現代においてもなお、それは神の名の下にタブーとされているようです。ダン・ブラウンのこの小説が、普通に学会で発表される論文だったら、おそらくここまで有名にはならなかったと思います(そういえば著作権をめぐっての争いもありましたね)。
 この作品の面白いところは、歴史上の人物、実在する団体を巧みに取り入れ、フィクションとノンフィクションが渾然一体となっているところではないでしょうか。巷に多くの解説書が出回っているのも頷けます。また、上巻の出だしでは、ルーヴル美術館の内部が詳細に描写され、実際に回廊を歩いているような感覚にとらわれました。そうしている間に作品の世界にどんどん引き込まれ、ダ・ヴィンチの絵画をめぐっての謎解きの旅に出させられるのです。ミステリー仕立てになっているところも、読者の知的好奇心を揺さぶる要素の一つでしょう。
 エンターテインメント性を有しながら、隠された歴史の闇を暴いたこの作品は、西欧文化に大きな波紋を投げかけたと言えると思います。21世紀は、キリスト教の認識が宗教から芸術に変わる時代なのかもしれません。

(参考) ダ・ヴィンチ・コード@映画の森てんこ森 ルネサンス2 なぁ~ご:うぉんばっとの ぽへぽへ日記 interesse Cincinnati office toutouさんのブログ YouTubeおもしろ動画集 とみや あつろうさんのブログ

Filed under: 未分類     11:59 PM  Comments (0)

ストラヴィンスキー ~ ミューズの神を率いるアポロ/春の祭典

STRAVINSKY
 ある友人が、「20世紀音楽の最高峰は『春の祭典』だ」と言っていました。その是非はともかく、『火の鳥』『ペトルーシュカ』『春の祭典』で有名なストラヴィンスキーは、聞けば聞くほどに魅力を感じます。このCDは、いかにも「新古典主義です」と言わんばかりの『ミューズの神を率いるアポロ』と、原始的なバーバリズムを強く感じさせる『春の祭典』のカップリングです。
 まず、『ミューズの神を率いるアポロ』から。この曲をはじめて聴いたのは、中学生の頃、ラジオからでした。曲が終わり「ただ今の曲は、ストラヴィンスキーの・・・」と聞いて驚いたのを覚えています。ストラヴィンスキーといえば『春の祭典』のイメージが強烈にあったので、こんな曲を書いていたのか、と思いました。弦楽器のみで演奏される、大変美しい曲です。「古典的」ではあるが、確かに20世紀の薫りがする、名曲ですね。
 次の『春の祭典』、あまりに有名なこの曲ですが、内容的には原始宗教の儀式を表しており、「敵対する部族の遊戯」とか「いけにえの踊り(選ばれた乙女)」とか、タイトルからしておどろおどろしいです。複雑なリズム・変拍子・不協和音が雰囲気を醸しだしています。初めて聞いたときは「何じゃこりゃ?」という衝撃を受けましたが、繰り返し聞くと、スラッシュメタルっぽくて癖になります。20世紀を代表する音楽と言われて納得です。


(参考) ストラヴィンスキーのバーバリズム (晴れ 36度) ストラヴィンスキー/春の祭典 ojiyanさんのブログ Tシャツ投資館「至福路」 -メセナ・音楽・トレーディング -

Filed under: 未分類     3:16 PM  Comments (3)

ウェブ進化論(梅田望夫・著)/グーグル(佐々木俊尚・著)

web進化論 グーグル
 1年ほど前、知人に借りて読んで、今手元にないのですが……内容的に重なるところがあり、どちらの本にどの内容が書いてあったか、記憶が曖昧なので、2冊分まとめて感想を述べさせていただきます。
 どちらも入門書として分かりやすく書かれてあり、読んでよかった、と思いました。「“Web2.0”ってよく聞くけれど、それ何?」という人にはオススメですね。
 今までの常識が覆される時代になりつつあることを、従来のネット社会を古典物理学、これからのウェブ世界を量子力学に譬えられていましたが、確かにそうだなぁと納得です。現今の、技術分野の進化のスピードは驚くべき速さで進んでいますが、「日進月歩」ならぬ「秒進分歩」ですよね。
 しかし、素人の私にも分かるように書かれてあるので分かり易かったです。例えば、ネットの「あちら側」と「こちら側」という表現をつかっているのもその一つ。  先日、「ああ、PCがクラッシュしてしまったああああぁぁぁぁぁぁ~~~~っっっっ!」と叫び、それまでの通信データを失って悶絶していた人がいましたが、私はすでに「あちら側」の世界にデータを移行していたので、さほど心配はありません。HDDは専らバックアップ用として使用しています。最近では、無料オンラインストレージを調べてみると、その数の多さに驚かされます。これからはもっと増えるのでしょう。
 また、仕事で販売促進系の業務に少し携わっていますが、「ロングテール」についての記述も有難かったです。これこそ「古典物理学の知識では量子力学は扱えない」ごとく、既存の概念をひっくり返したパラダイムシフトとも言えるのではないでしょうか。
 他にも、今ではなじみ深くなりつつある「アドワーズ」「アドセンス」の仕組みも分かりやすく書かれています。
 全人類の叡智を共有し、整理しようとするグーグルとは如何なるものか、当時漠然と「検索してくれるところでしょ?」としか思っていなかったので興味深く読むことができました。個人情報云々がやかましく言われている昨今、グーグルにどれだけ信頼をおけるか疑問を持つ人もあるかと思いますが、こちらの情報をグーグルに提供すれば、しただけのものはサービスで返って来ることは体験的に頷けます。もしかしてすでにグーグル依存症かも……。グーグルが世界を制するのなら、グーグルをうまく使いこなしてしまうのが良いかと思います。
「危険」と背中合わせの「便利さ」をどう追求するか、その指針として、一読の価値はあると思います(すでによく知っている人には当たり前のことばかりかと思いますので、あくまでも入門編としてですが)。最終的には自己責任ですからね。



(参考) 【Web 2.0とは】 ワルオさんのブログ ゴルゴンさんのブログ 複雑系ネットワークの青い海で右脳的なカラオケ世界 hidewさんのブログ lush life* きまぐれトムさんのブログ

Filed under: 未分類     9:48 PM  Comments (2)

ANGRA ~ Rebirth

Rebirth
アンドレ・マトスVIPER を脱退し、シューベルト「Carry On」で幕が開ける『Angels Cry』を発表したときは驚きましたが、この『Rebirth』が出たときも、衝撃的でした。中心人物でヴォーカルのアンドレだけでなく、ドラム、ベースまで抜けてしまい、「ANGRA もこれで解散か(ToT)」と思っていた矢先の、この充実のアルバムは、まさに嬉しい誤算!と手を叩いたものです。アルバムジャケット『Angels cry』の続編を思わせるデザインで、入魂の自信作、という意気込みを感じます。『Rebirth』というアルバム名も深い感慨を覚えずにおれません。
 最大の驚きは、曲の良さと同時に、後任ヴォーカリスト、エドゥ・ファラスキの上手さでしょう。「こんな人、良く見つけたね」と思いました。初めてジェイムズ・ラブリエの声を聞いたときと同じ感動でした。短い導入に続いて実質1曲目となる②「Nova Era」、続く③「Millenium Sun」、怒涛の④「Acid Rain」……、どれをとってもヴォーカルの上手さが際立っています。
 特に、⑨「Running Alone」は、曲、演奏、歌詞、どれをとっても感動を禁じえない名曲ではないでしょうか。苦難を乗り越えたキコラファエルの、ポジティヴな曲です。バンド分裂後、決してあきらめることなく、孤独に走っていたときに書き上げ、エドゥ採用時に課題曲とされた後、こうして『Rebirth』にて華々しく公開されるとは、何ともドラマを感じます。
Running Alone
When the brave fought On the land of freedom for the men Now the bells of hope are ringing Angels cry again
The goddess of wind was mad, oh no! Spreading the fire Rushing our destiny (and) from now Dividing us all. Visions of steady land Cheering the sight Orders to wait until the night
Answer me, What happned to your life? Answer me, what do you hide?
The storm made us angry, I don’t know! Spreading the fear Old friends like enemys, be strong! And hide all your tears Revolting the high command Don’t let it drown Captain took off before the dawn.
Answer me, What happened to your life? Answer me, what do you hide? Can’t you see Salvation without fight? Can’t you see it? That you are blind
Under the sun In a solitary world I am running alone Scars on my face Weary hands from digging dirt I was dying all alone
Am running? Where am I? Where has everyone gone this time? Left my future far behind I am nothing but the sole survivor
Under the sun I still see this world burning Scars on my face shows the eyes of a man running

 また、特筆すべきは日本盤ボーナストラックの⑪「Bleeding Heart」、こんな良い曲がどうしてボーナストラックなのか、と首を傾げたくなります。これがレコード会社の戦略だとすると、何ともさびしい話です。
 しかしこのアルバム、普通にメタルファンなら大絶賛して当然ですよね?次の『Temple of Shadows』と共に。

Bleeding Heart

(参考) kreuzhakenさんのブログ Metal Masaさんのブログ papiniさんのブログ NLIさんのブログ まっこりさんのブログ 羆の雑記 MUSIX 18!!! このCDを買え! 続きを読む…

Filed under: 未分類     11:19 PM  Comments (5)

能登の皆様へ

 今朝、能登地方で非常に大きな地震があったようで、ニュースでも報道されている通りです。氷見の知り合いに電話をかけたら「石灯籠が倒れてきたよ」と苦笑していましたが、震源地付近にお住まいの方は、大変かと思います。
 長年築き上げてきた財産が一瞬にして倒壊した苦しみは、本人にしか分からないと思いますが、一刻も早い復旧を陰ながら念じ申し上げます。

Filed under: 未分類     11:12 PM  Comments (0)

ハイドン ~ 弦楽四重奏曲「ひばり」「セレナーデ」「五度」「皇帝」

ハイドン
 知人に「ハイドンモーツァルトの曲の見分け方、分かる?」と聞かれ、「つまらないほうがハイドン」と答えたら「正解!」と言われ、盛り上がったことがあります。  まあ、それは冗談として、ハイドンも素晴らしい曲を沢山残しています。チェロ協奏曲第2番やオラトリオ『四季』交響曲では26番や100番以降は名曲揃いではないでしょうか(なぜか、87番という、全然有名でない曲も好きです)。  そして、弦楽四重奏曲では、有名な「セレナード」や「皇帝」、「五度」や「ラルゴ」、「日の出」などが良いですね。私の所有する、イタリア弦楽四重奏団のCDには、
63番 ニ長調 「ひばり」 17番 ヘ長調 「セレナード」 76番 ニ短調 「五度」 77番 ハ長調 「皇帝」
の4曲が収録されていますが、中でも「五度」は大好きです。特に第3楽章がフーガになっているところは、モーツァルトの40、41番の交響曲を彷彿とさせ、彼の影響が色濃く出ていると思います。親子ほどの年齢差のあるハイドンとモーツァルトが、お互いに尊敬しあっていたことが伝わってきます。  また、「ひばり」の第2楽章は疲れているときに聞くと癒されるし、「皇帝」の第2楽章などは優雅さの中に哀愁がこもって味わい深いと思います(ドイツ国歌に使われています)。
「ウィーン古典派」と言われ、「ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン」とまとめて語られても、日本では少し影の薄いハイドンですが、実際に聞いてみると意外と良い曲が多いことが知らされます。
 しかし、「セレナード」はハイドン作ではなかったことが研究によりほぼ明らかなようで……。

(参考) ★ 音楽と季節の記♪ ☆ agriさんのブログ Maestro! 音楽鑑賞雑記帳 世界史レッスン さまよえるハイドンの頭蓋骨 1820年 tetsuwancoさんのブログ yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真 : ハイドン作曲、弦楽四重奏曲第76番「五度」



ちょっとテンポが速い気がしますが、「五度」 Performed by Quator Mosaiques ↓
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:01 AM  Comments (10)

ANTHRAX ~ Spreading The Disease

spreading the diseasae
 当時、SLAYERMEGADETHMETALLICA と並んで「スラッシュ四天王」と言われた ANTHRAX の2ndアルバム、邦題は「狂気のスラッシュ感染」。ジャケットデザインと合わせて名訳だと思います。しかし、どちらかというと、スラッシュというよりは、普通に正統的な、HEAVY METAL をやっていると思います。  スコット・イアンのザクザクとしたギター、ダン・スピッツとのツインギターがカッコイイです。そしてヴォーカルが素晴らしいです。この後のジョーイ・ベラドナを知る人は誰もが「え、彼、こんなハイトーン出たの?」と思う程、ヴォーカルは上手いです(失礼!)。  楽曲的にも、代表曲「Madhouse」や名曲「Armed And Dangerous」、またギターとベースのリフがカッコイイ「Medusa」は言うまでもなく、1曲目の「A.I.R.」から最後の「Gung-Ho」まで、一気に聞かせてくれます。1stの「Metal Thrashing Mad」「Panic」がこのアルバムに入っていたら、もう言うことなしです。名盤ですね。
 ジョーイ期のアルバムでは、ダントツでこれが好きです。2番目は迷うところですが、「Persistence of Time」でしょうか。一般には評価低いですが、、、。  


(参考) このCDを買え! 猫っぽくいきまっしょい! 鋼鉄龍の幻想伝説 DEVILS ISLAND ヘビメタな音楽

Filed under: 未分類     12:35 PM  Comments (0)

伊藤園 ~ ゆず緑茶

ゆず緑茶
 以前から伊藤園のセンスには好印象をもっていたのですが、今回もやってくれました。ゆず緑茶。上品な香りのこの緑茶に最近はまっています。「濃い」ブームの感がある緑茶ですが、伊藤園、一歩リード、と思いました。  ゆず湯ゆず味噌についで楽しみが増えました。「ゆず」と聞くと冬をイメージしますが、これなら夏でも風流に飲めそうです。  ゆずはビタミンCが多く、疲労回復、美肌効果があるそうです。
(参考) おいしいもの見つけ隊どっとこむ Nokko’s『わたしの日記』 スーパーよどばし【おすすめレシピ】 kazkobkazkobさんのブログ

Filed under: 未分類     12:43 PM  Comments (1)