とどろき ~ 平成19年4月号

とどろき平成19年4月号
 明日から5月ということで、慌てて4月号の感想です。 (^^;ゞ
 日本人が大好きな桜の写真に丸ゴシックで「しあわせの法則」という水色の文字、その下に「愛する人は愛される」のサブタイトル、、、。『鏡の法則』?と思いましたが、案の定、“人生の問題を解決する魔法の知恵”が書かれていました。こういう類の文章は、真理というのは時代や場所を超越しているのでしょう、内容的に重なる感じがしますが、こちらの方が理路整然と根拠がかかれており、読みごたえがありました。
 そもそも、この冊子が“親鸞聖人の教えがわかる月刊誌”というものなので、お釈迦様の教えに基づいて書かれており、説得力がありました。しかも、難しい「説教」ではないところが読みやすいです。
 職場で愛されないA子家庭で愛されないB男が、なぜ上手くいかないのか、釈尊の説かれた因果の道理が分かりやすく書かれています。最後の「まとめ」を引用すると、
まとめ
  • 運命は自らの行為が生み出すもの。
  • まいた種は必ず生える。
  • 遅い早いはあるけれど、善い行いをすれば、必ず善果(善い運命)がその人にやってくる。
  • だから自分が変われば、必ず人生が変わる。
ということで、実は結構あたりまえというか、誰でもうすうす感じている事だったりします。
 しかし、「他人のせいで自分が苦しむこともあるのでは?」とか「正直者はバカを見るっていうし、一生懸命努力しても、報われないこともあるんじゃない?」などと思うときもあります。そんな疑問にも答えられており、釈迦の教えの奥深さを垣間見た気がしました。
 上記の巻頭だけでなく、法然上人の幼少期のエピソードや、マンガ「蓮如上人物語」、また「お釈迦様物語」などの読み物も面白かったです。特に、“街の辻に立って100人殺し その指で首飾りをつくれ──釈尊と殺人鬼①”という内容の「お釈迦様物語」は文体が格調高く、続きの②が早く読みたくなりました。
 巻末の付録、「えんぴつで親しむ法語」は、『奥の細道』をやった人には受けそうですね。

Filed under: 未分類     11:15 AM  Comments (2)

TEARS FOR FEARS ~ The Seeds of Love

The Seeds Of Love
 正直なところ、TEARS FOR FEARS については、あまり良く知らないのですが、このアルバムはよく聞きました。発売当時(1989年)、Janet Jackson の『Rhythm Nation 1814』が世界を席巻していましたが、それと並んで大ヒットしていたと記憶しています。今思えば、「か~な~ら~ず、最後に愛は勝つぅ~♪」的なタイトルトラック(正確には “Sowing” がついいていますが…)は、「Everybody wants to rule the world」と並んで有名な曲ではないでしょうか。(出だしが“か~ちゃ~ん、ゆるして~”と聞こえるというネタも)
 しかしこのアルバムの真価はむしろ、後半にあると思います。「買いだ!」と思わせた④「Advice for the Young at Heart」をはじめ、それ以降の流れは完璧に近いと思います。幻想的な風景の中に一人ぽつねんと取り残され、心地よい孤独感に身を任せているような、時空を超越した浮遊感を感じます。静と動の対比が見事です。ラルクに近いものを感じます。
 ジャンルにとらわれず、多くの人に聞いてもらいたい傑作だと思います。ゲストミュージシャンも充実しており、1曲目ではフィル・コリンズが参加したり、女性ヴォーカルが上手かったりします。



(参考) ★WINTER WONDERLAND★ Brain-Buster ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科 80’s UK New Wave Harmony of Happiness SCSF(Swift Current, Slow Flow)

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

ANGRA ~ Aurora Consurgens

Aurora Consurgens
『Rebirth』『Temple Of Shadows』と続けざまに傑作を出した ANGRA の『Aurora Consurgens』は前2作をさらに進化させたかのような出来だと思います。この3枚を続けて聞くと、ANGRA の目指している方向性、オリジナリティが見えてくるようです。以前、某レコード店で「ジャーマンコーナー」に置かれていたのを見たことがありますが、一般的なパワーメタルの域を超え、熱きブラジルの血が脈々と流れている、躍動感のあるバンドであると再認識させられました。
 ブラジルといえば、サッカー。今から10年ほど前、アルシンドが日本で大人気だったとき、RIOT の 「Destiny」をバックにした特集番組をみたことがあります。で、その「Destiny」のイントロと、このアルバムの②「The Voice Commanding You」が似ているように感じるのですが、どうでしょうか?こちらの方が断然かっこよく、華麗なドリブル映像にピッタリの曲ではないでしょうか。
 続く③「Ego Painted Grey」これがまた素晴らしいです。IRON MAIDEN のアイディアを DREAM THEATER が書き上げ、ANGRA が演奏しているような楽曲(一応ほめているつもり、、、)で、アルバム中一番好きです。前曲とあわせて、キコのギターが印象的です。
 ④「Breaking Ties」は一転、キャッチーなメロディに Bon Jovi を思わせなくもありません。ここまで来ると、彼らは前作、前々作のプレッシャーなど感じていないのではないかと思ってしまいます。
 ⑤「Salvation: Suicide」「Window To Nowhere」は疾走曲で、⑦「So Near So Far」は『Temple Of Shadows』にでも入っていそうな佳曲ですね。
 そして、ドラマチックな曲調ながら過剰な装飾がなく、好印象の⑧「Passing By」「Scream Your Heart Out」は、聴けば聴くほどに好きになります。
 そして最後の⑩「Abandoned Fate」、アコースティック・ギターとヴォーカルが爽やかです。聴後感は、Liquid Tension Experiment の『2』に近いものがありました。
 ちなみに、自分は日本盤を持っていないので聴いていないのですが、ボーナストラック⑪はラファエルのヴォーカルが上手いとか、、、。
 それはさておき、今回はギターが前面に出た作品だと思いました。うっかり「キコのソロアルバム?」と思ってしまった瞬間もありました。
 並々ならぬ作曲センスと卓越した演奏力を誇る ANGRA は、今後に大いに期待できるバンドと言えるでしょう。
(参考) YouTube (The Course Of Nature) ピッペンのセピアメモリー PART2 人間力強化ブログ 変態のつぶやきⅡ Maoのめたるについて語ろう~ IMAGESandWORDS 白樺樹林 necro.dll メタルレビューの部屋 まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ Weird News Multiの愉快な重低音生活 ロック・メタル楽曲感想記 ◆Isolated Ghost. HR/HM. このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (15)

SYMPHONY X ~ The Odyssey

The Odyssey
 6月のニューアルバムが待ち遠しい SYMPHONY X 。5枚目『V: The New Mythology Suite』は、非の打ち所がないと言いたい、素晴らしい作品だったと思います。ヴェルディモーツァルトレクイエムを違和感なく取り入れ、彼らの実力の程に恐れ入ったのですが、次なるこの『ODYSSEY』は、それに勝るとも劣らない名盤だと思います。『The Divine Wings Of Tragedy』を思わせる作風ではないでしょうか。
 まず、①「Inferno」これが文句なしにカッコイイ!です。出だしの YNGWIE 風のギターもさることながら、0:50頃から PANTERA 風のリフに移る展開にはゾクゾクします。よくもまあこんなリズム、メロディが思いつくのだ、と思わずにおれません。ギターソロ、キーボードソロも素晴らしく、1曲目を飾るのにふさわしい出来だと思います。(→ live at Montreal)  ②、③も同様ですが、続く④「Accolade Ⅱ」、これはもちろん『The Divine Wings Of Tragedy』の④「The Accolade」を元にしていますが、更なる美しさ、ドラマチックさを極めており、非常に素晴らしいです。
 そして、ハイライトはタイトル曲⑧「The Odyssey」。バンド名にふさわしい、シンフォニックな曲です。初めてDREM THEATER の「Six Degrees Of Inner Turbulence」聴いた時のような感動を覚えました。
 常にハイレベルな楽曲を提供する SYMPHONY X 、次なるアルバムは、期待を裏切る事はあっても失望する事はなかろう、と確信に近いものを感じます。
Accolade II

(参考) メロディック・ハード/メタルが好き~♪ Poser Patrol~HEAVY METAL MANIACS(爆笑) B.OUTが語る! THE ODYSSEY / SYMPHONY X オペラなジュークボックス Kota-rocK.com – ロックアーティスト「鼓太蝋」Official HP POWER METAL / MELODIC SPEED METAL ← 中ほど SYMPHONY Xについて語れ! 全発言 このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (1)

ex DREAM THEATER

 しつこいようですが、元メンバー、すなわち、Charlie Dominici (vo)、Kevin Moore (key)、Derek Sherinian (key) です。
To Live Forever (With Charlie Dominici)
Kevin Moore Chroma Key – Colorblind 結構良いと思いますが、如何でしょうか?
Derek Sherinian 在籍時の Lifting Shadows Of A Dream

Making of Dominici’s “03 A Trilogy, Part 2” Surrounded ← この曲は Kevin の貢献が大きいでしょう。 Only A Matter Of Time ← 皆さん、若いですね。 WELCOME TO MY NIGHTMARE ← ALICE COOPER での Derek Sherinian です。

Filed under: 未分類     12:16 AM  Comments (0)

James LaBrie (DREAM THEATER)

 James LaBrie です。一時期不調でしたが、最近は良くなっているのではないでしょうか。
名演だけに、音質が悪いのが残念! ↓ Another Day (acoustic)
ここで取り上げるのもどうかと思いましたが、ヴォーカルが素晴らしいので ↓ Another Won


James LaBrie and Arjen Lucassen TSR Project with James LaBrie james labrie freak constantine james labrie alone final fantasy adventury Interview(4th of July 2002)


 英語版『空耳アワー』といったところでしょうか?伊藤政則さんの番組では「HM瞬間芸」と言っていましたが。それにしても 4-letter word っぽいのが多くて……。 ↓ What Is James Saying? What did James say? 2 Innocence Faded Misheard Lyrics

Filed under: 未分類     12:02 AM  Comments (0)

Jordan Rudess (DREAM THEATER)

何かの手違いで、
過去にアップしたものがなくなっていました。
ただ今修復中
(T_T)

Filed under: 未分類     12:20 PM  Comments (1)

Systematic Chaos Recording Session with the Fans ~ DREAM THEATER

 DREAM THEATER のニューアルバム、発売まで聴きたくない、という方は、クリックにご注意ください。



Prophets Of War preview ↑ 上の Mike のコメントを聞く限りでは、James の曲? キーボード(ピアノ)がカッコイイ!
至るところで新譜に期待の声! ↓ ライブの前はビールに限るね。 OCTAVARIUMの世界 打楽器100% 蹴球夢劇場Blog through my words 人生はタイトロープ まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~

Filed under: 未分類     6:17 AM  Comments (2)

Mike Portnoy (DREAM THEATER)

 SYMPHONY X が書きかけであることがバレてしまいましたが、、、
 昨日、一昨日と、ダブルジョンをやったからには、この人をやらない訳にはいかないでしょう。
Mike Portnoy and Jordan Rudess duet from Live at Budokan
Honor Thy Father
As I Am

Hell’s Kitchen Drum Lesson The Dance Of Eternity Paradigm Shift at The Drum Pad’s 20th avnniversary show Live in Tokyo ’93 clinic solo Richard Christy and Mike Portnoy Drum Solo at Connecticut Day of Percussion 2003

Filed under: 未分類     5:16 AM  Comments (0)

SYMPHONY X ~ The Odyssey

The Odyssey
あ゙!
間違ってアップしてました。 Σ( ̄口 ̄;
いまさら引っ込めるのも恥ずかしいので
「書きかけ中」
ということで、このままにしておきます。
m(_ _)m

Filed under: 未分類     12:15 AM  Comments (3)