ジュール・ベルヌ ~ 皇帝の密使

 記憶に間違いがなければ、1986年にクラウディオ・アバドがウィーンフィルと来日し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音していたと思います。当時、ラジオ(NHK-FM)で生放送を聞いていたのですが、21:00から始まった次の番組「公園通り21」のアドベンチャー・ロードなるコーナーでやっていたのがこの『皇帝の密使』でした。音楽が印象的だったのと、声優の演技が白熱していたので思わず続けて聞いていました。
 それから20年あまり……心の片隅にずっと残っているのが、使われていたBGMです。主人公ミハイル・ストロゴフの多難な冒険と、ロシアの厳しい自然を音にしたような印象的な音楽でした。もう一度聴いてみたいと思うのですが、アーティスト名も分からず、もどかしい思いをしております。この場を借りて、当時ラジオを聞いておられ、ご存知の方があれば教えて頂きたく思い、今回取り上げてみました。
 “SFの父”とも言われる原作者・ジュール・ヴェルヌの作品は読んだことがありませんが、本作を「ヴェルヌのSFではない冒険小説の最高峰」と評している文章も見かけますので、これを機に、いつか読んでみたいと思います。児童文学のようですが、ヴェルヌの作品では、『八十日間世界一周』は日本ではアニメにもなりましたね。ああ、何だか懐かしくなりました。

(関連) patzer? 永遠(とわ)のベータ 皇帝の密使(上) 皇帝の密使(下)

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

グループ魂 ~ TMC

 第56回NHK紅白歌合戦に出たそうですが、知りませんでした。グループ魂の4thアルバムです。CDは持っておらず、音は「試聴」でしか聴いたことがありません。
 で、今回取り上げたいのは、本当はこのアルバムではなく、「中村屋華右左衛門による結婚式爆笑スピーチ」です。CDの音源では⑯「大江戸コール&レスポンス」で聞けるようです(CD持っていないので、、、)。知人に紹介されて知りました。職場で、休み時間にイヤホンをつけて見たのですが、笑いをこらえるのに苦労しました。
こちらです (スタートをクリック) ↓ 中村屋華右左衛門による結婚式爆笑スピーチ
 気合の入った間抜けな合いの手と、画像処理の面白さに思わずリプレイしたくなる作品でした。「弔辞」の方が格段に面白いと思いますが、それは『嫁とロック』というアルバムに収録されています。ただ、「不謹慎な」という声も聞こえてきそうですが、、、。

(関連) グループ魂公式サイト 大人計画公式サイト 歌舞伎辞典

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

ボロディン ~ 交響曲第2・3番 他

 元々、“ダッタン人の踊り”を目的に買ったこのCDですが、交響曲の2、3番が非常に素晴らしいです。
= 交響曲第2番 ロ短調 =  ●力強く、重厚な第一楽章は、SYMPHONY X のようなバンドがカヴァーしたらカッコイイだろうなあ、と思いました。  ●第二楽章、軽快なスケルツォで、テクニカルな曲?と思いましたが、どうでしょうか。途中の叙情的メロディも良いです。  ●第三楽章は牧歌的な雰囲気で、落ち着きます。ホルンなどの金管楽器が活躍しますが、時々聞こえてくるクラリネットの音色に癒されます。  ●第四楽章。前楽章から続いているのでしょうか。いかにもロシア的なメロディと力強いアレグロで、終楽章にふさわしい印象的な曲だと思いました。
= 交響曲第3番 「未完成」 =  ●第一楽章、悲しげなオーボエの第一主題で始まるメロディが非常に印象的です。このメロディが様々に変化して曲が発展してゆきます。覚えやすく、また、親しみやすい曲ではないでしょうか。初めて聴いたときから何となく口ずさめるのがボロディンの特徴かもしれないと思いました。  ●第二楽章、ベートーヴェンのスケルツォを思い起こさせる曲かと思います。
= 歌劇「イーゴリ公」より =  ●序曲:正直なところ、あまり印象に残りませんでした。「ダッタン人の踊り」のメロディーが出てくるので、「あ、イーゴリ公か」と思った程度です。
ダッタン人の踊り(譜) 譜例
 ●ダッタン人の踊り:Wikipedia から拝借した左の譜例で言うと、No.17[b] の部分が特に印象的です。  ジャズにアレンジされた非常にお洒落なヴァージョンをテレビCMで聴いたことがあります。弦楽四重奏曲第2番と合わせ、ボロディンのメロディの中で最も好きなところです。
 作曲が遅かったという逸話がありますが、化学者・医者という本職を持ちながらこれだけの曲を残すの大変なことだったのではないかと思います。ただ、イーゴリ公はリムスキー=コルサコフとグラズノフの手によって完成されましたが、交響曲第3番が未完で終わったのは残念です。

(関連) アマオケ_ホルン日記 うちの音棚 みー太の音楽日記 今日も元気で

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (4)

とどろき ~ 平成19年5月号

 もう過ぎ去ってしまいましたが、5月21日は親鸞聖人ご生誕の日で、浄土真宗では、どの寺でも5~6月に「降誕会(ごうたんえ)」という行事があります。“降誕会とは、親鸞聖人のご誕生をお祝いして開かれる法座のことです”と説明されています。私達も子供の頃に「誕生会」なるものをしたと思いますが、誕生を祝うということは、同時に、生かされてきたご恩を感謝するという意味もあるようです。
 今月号は「恩徳讃のこころ」というテーマですが、恩徳讃とは、親鸞聖人の書き残されたご和讃です。
如来大悲の恩徳讃は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も 骨を砕きても謝すべし
「命捨ててでもご恩返しせずにおれない」と言われているのですが、生まれてきたことを祝う日に、「命捨ててでも」とはなんとも理解し難い気もしなくはありませんが、その点が詳しく説明されています。
 そのポイントとなるのが、、、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:09 AM  Comments (0)

レスピーギ ~ リュートのための古風な舞曲とアリア(全曲)、鳥

 レスピーギの作品では、交響詩『ローマの噴水』『ローマの松』『ローマの祭』に次いで有名なのがこの『リュートのための古風な舞曲とアリア』、とりわけ第3組曲でしょう。“古風な”とあるように、16、17世紀のリュート曲をオーケストラ(正確には第1、2組曲は管弦楽曲、第3組曲は弦楽合奏曲)に編曲したものです。井上和男氏編著の『クラシック音楽作品名辞典』(三省堂)でしっかりジャンルの区別がなされているのを見て気づきました。  管弦楽曲である第1、2組曲は、金管楽器が結構活躍しており、静と動、緩と急、歓喜と哀愁の対比が見事です。その中で、たとえば第2組曲4曲目「ベルガマスカ」などは、ヘンデルとモーツァルトの良いところをあわせたようで、軽快なリズムに思わず体が動かされてしまいます。なるほどこれが舞曲というものかと思いました。  有名な第3組曲は、全体を通して何となく悲しげで、上品で甘美な旋律にあふれています。つのだじろうさんの弟で、つのだ☆ひろさんの兄であるつのだたかしさんの演奏によるテレビCMで有名になったようですが、そうでなくともこの曲は多くの人に愛される要素を多分に含んでいると思います。
 ネヴィル・マリナー指揮、ロスアンゼルス室内管弦楽団の演奏ですが、私の持っているCDには組曲『鳥』が含まれます。ボッティチェルリの絵を使った、非常に似たジャケットのCDもあるようですが、これは『リュートのための~』のみの収録なので、得した気分です。ちなみに、レスピーギは『ボッティチェルリの3枚の絵』で、そのものずばり「春」「東方の三博士たちの礼拝」「ヴィーナスの誕生」という曲を書いていますが、その曲のCDで、ボッティチェルリの絵が使われているものを見たことがありません。なぜでしょうか?グーグルで画像検索してもなかなか見つからないのもおかしな話です。
 さて、『鳥』ですが、サン・サーンス『動物の謝肉祭』程ではないにしても、いかにも鳥らしい雰囲気の曲になっています。終曲の「かっこう」は、出だしがメルヘンチックな感じがします。最後、前奏曲のモチーフで終わるのが感動的です。ただ、これもパスクィーニ、ガロー、ラモー、その他不明のクラウザン曲より編曲されたものだとか、、、。
 
(関連) 音楽鑑賞雑記帳 音楽鑑賞雑記帳 音楽鑑賞雑記帳 音楽鑑賞雑記帳 AmbienTechnoToronicaClassical レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア リュートのための古風な舞曲とアリア クラシック名曲サウンドライブラリー 楽曲詳細データ 【R】 バロック期フランスの器楽音楽 メタル馬鹿一代

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)

VAI ~ Sex & Religion

「天才」という言葉がよく似合う人は誰か、といえば、私の場合はモーツァルトかスティーヴ・ヴァイがまず思い浮かびます。と同時に、この2人には「奇人」「変人」という言葉もピタッと当てはまると思います。冗談なのか本気なのか、真剣なのか流しているのか、真面目に馬鹿げたことをやっている中に高尚な芸術が見え隠れする……凡人には分からない超人的イメージがあります。かといって、一般人に理解不能なのかといえば、ご承知の通り、キャッチーでポピュラーな曲もたくさん残しており、その才能の奥深さに驚かされます。何と言いますか、知的で独特なオーラを音に乗せて放ち、聴き手を催眠術にかけてしまうような、そんな魅力を感じます。
 どなたの文章か分かりませんが、Wikipedia の以下の文、彼の人間性を良く表していると思います。実際に接したことはありませんが、創り出す音から「さもありなん」という内容に納得です。
スティーヴ・ヴァイ
性格
エキセントリックな作風とは裏腹に、冷静で物静かな人物である。議論や口論をする際にも、声を荒げることはない。彼の音楽を理解しようとしないインタビュアーや評論家に対しては、意見の相違を逆手にとり、巧みに言葉を使い分けて相手を混乱に陥れ、弄ぶこともある。争いを好まず、諍いがおこると自ら身を引いてしまう。バンド内で音楽性の衝突を感じた場合は、メンバーと戦うのではなく、脱退という道をとる。その後も言い訳じみた発言はせず、沈黙してしまうため、我がままな芸術家という印象を与えがちである。
誰もが認める一流のアーティストであるが、同時に頭も切れる人物である。(中略)ファンをとても大切にし、コンサート終了後に裏口で彼を待っているファンを必ず訪れ挨拶をする。サインや写真を頼めば快く承諾してくれる。また、プラチナチケットを買ったファンでなくとも公演後に時間があればひとりひとり話をする機会を設け、質問も受け付ける。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
(5月25日23:45現在)
 さて、前置きが長くなってしまいましたが、Steve Vai の傑作といえば、『Passion and Warfare』を挙げる人が多いと思いますし同感ですが、次作となるこの『Sex & Religion』も好きなアルバムの一つです。何が良いかといえば、ギターは当然として、Devin Townsend のヴォーカルが非常に上手いと思うのです。ギタリストのソロアルバムで「ヴォーカルが足引っ張らなければ……」と残念な作品は少なくありませんが、この『Sex & Religion』ではギターのレベル相応の歌が聴けます。ドラムが Terry Bozzio というのも、ファンには嬉しいところでしょう。ギタープレイに関しては、⑬「Rescue Me or Bury Me」のいかにも Steve らしい、異次元空間へ誘われるような雰囲気は大好きです。  全体的に、カラッと爽やか、楽器を演らない人でも充分楽しめる作品だと思います。Steve Vai のソロではなく、バンド VAI のアルバムですから。

(関連) 映画・DVD・動画 おっさんのブログ VAI:「Sex & Religion」 カルトミュージックコレクション メタル馬鹿一代 ギターソロに酔いしれて Flak. Imagination From The Other Side VAI.COM このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (1)

ブルックナー ~ 交響曲第0番

 ブルックナーの交響曲といえば、一般的には第7番などが人気が高く、0番を好んで聴く人などいないかもしれません。そもそも、スポーツ選手の背番号じゃあるまいし、「0番」とは一体どういうことだ!と最初は思ったものです。作曲者自身も晩年に破棄しようとした、というほどの作品ですし、真面目に語る値のないものなのでしょう。
 しかし、「そんなに悪くないんじゃないの?」というのが正直な感想です。むしろ、「ブルックナー開始」「ブルックナー休符」「ブルックナー・ユニゾン」「ブルックナー・リズム」「ブルックナー・ゼクエンツ」など、変態的な(失礼!)ブルックナーの特徴になじめない人には普通に聴けるかもしれません。ブルックナーを愛する人にすれば恐らく駄作なのでしょうが、「これはダメだ」と言われると逆に聴きたくなる心理が働くのと、人生で初めて聴いたブルックナーがこの0番だったので、妙に愛着を感じてしまいます。
 それにしても、マーラーやワーグナーと並べて語られるブルックナーですが、彼と本気で付き合うには相当な覚悟が要るようです。最も困るのが「版」の多さですね(これが楽しみという人も当然いるとは思いますが)。良く言えば向上心の表れ、悪く言えば他人の意見に左右される性格だったという事になるのでしょう。まあ、「自信のない性格」は、私も同じなので責めることはできませんが。
 ところで、習作のヘ短調交響曲を「00番」とは、誰が言い始めたことなのでしょうか?いずれにしてもブルックナーと愉快な仲間達ですね。
(関連) CLASSICA – What’s New! 興味津々 書叢逍遥 アントン・ブルックナー ブルックナーの壁 ブルックナーの森 ブルックナー・ザ・ベスト

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

BAD MOON RISING ~ Bad Moon Rising

 元 LION のカル・スワン(vo)とダグ・アルドリッチ(g)のバンド、BAD MOON RISING ですが、2ndは「悪くはないが……」という出来で、3rdはまだ聴いていません。しかし、この1stは、非常に良いアルバムだと思います。「名盤!」という認識も、あながち大袈裟ではないと言えるでしょう。
 1曲目、出だしの「♪Woo, ~yeahhh !」から、カルのヴォーカルが好きな方にはたまらないでしょう。単なる「♪ウゥゥゥ~イェェ~!」なのですが、それだけでファンを魅了させる説得力というか、気迫、気合が感じられるのです。思わずボリュームを上げたくなってしまいます。  そして、良質なブリティッシュ・ロックの2曲目、バラードの3曲目を経た4曲目「Full Moon Fever」。これは初めて聴いたとき、あまりのかっこ良さに、全身鳥肌が立ちました。メロディアスなリズムギターと熱いヴォーカル、華麗なリードギターのソロに全身の血液が逆流するかのような興奮を覚えました。次の⑤「Lie Down」も同様です。シブカッコイイです。  ところが、ところが、名曲はこれだけにあらず、次なる⑥「Old Flames」に至っては、究極のバラードと言っても過言ではないと思っています。もはや、WHITE SNAKE の某曲に似ていようがいまいが関係ありません。良い曲に間違いありません。  アルバムの後半も、カルのヴォーカル、ダグのギターを十分に堪能でき、ラストの⑩「Wayward Son」で感動的に終わるまで、捨て曲は一切ありません。
 これだけの素晴らしい1stを出していながら、その後の低迷振りはなんとも悲しい限りです。ダグは、DIO や WHITE SNAKE で頑張っていますが、このアルバムにはかないません。そしてカルは今ごろ何をやっているのでしょうか。「器用貧乏」という言葉が2人に似合うとするならば、何とも惜しい限りです・・・。
(関連) LimeとLemonのささやかな日記 METAL EXHIBITION このCDを買え! メタル馬鹿一代 メタル馬鹿一代 Poser Patrol~HEAVY METAL MANIACS(爆笑) おもしろき事なき世をおもしろく・・・ すまんさんといっしょ

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (6)

鮫島有美子 ~ 愛唱歌集

 日本人のソプラノ歌手といってまず思いつくのは島田祐子さん、佐藤しのぶさん、そしてこの鮫島有美子さんの3人ですが、実はそれ以外にあまり知らないというのが正直なところです。 (^^;ゞ
 あ、最近NHKのトップランナーで知った森麻季さんも良いですね。
 で、鮫島さんですが、ディスコグラフィーを見ると日本の歌のCDをたくさん出しておられるところに何とも親しみがもてます。この「愛唱歌集」は、5枚組みになっており、有名な曲はほぼ網羅されている感じです(あくまでも“愛唱歌”ということで、シューベルト他、海外の曲もありますが)。最近、平井堅さんが流行らせた「大きな古時計」ももちろん入っています。
 以前仕事で日系ブラジル人向けのコンテンツを作るために、BGMを調べていたとき、図書館で見つけ、借りました。「椰子の実」「早春賦」「浜辺の歌」「この道」「雪の降る町を」「朧月夜」……など、小学校の頃歌ったのを思い出します。これらは皆、非常に好きな曲です。特に「この道」は日本の歌曲の中で、屈指の名曲だと思います。ブラジルの日本人に聴かせたら涙を流していましたが、分かる気がします。
「エメロンちゃん」という愛称で親しまれていたそうですが、美しい黒髪と同時に、日本の心を歌で後世に残していってもらいたいと思いました。最近ではJ-POPも手がけているマーティ・フリードマンと共演したら面白そうな、なんて思うのは私だけでしょうか。

(関連) コロムビアミュージックエンタテインメント 鮫島有美子のオペラ「夕鶴」 Wikipedia

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

HYDE ~ Roentgen

 ENGLISH versionLimited Edition がありますが、自分の持っているのは通常版です。しかしこの充実の内容なら ENGLISH version で持っておりたい、と思わされます。
 というのも、これが非常にカッコイイのです!女性ファンならずとも、惚れてしまう人は少なくないと思います。アコースティックギターとヴォーカルを中心に、キーボードやサックス、アコーディオン、ヴァイオリンなど、バンドの枠を越えて様々な楽器が絡んできます。時には壮大なオーケストレーションも施さて、自由な音楽を演っており、ラルクとは違った一面を垣間見ることが出来ます。しかし同時に、やっぱりラルクだ、という安心感に近いものもあります。つまりラルク=HYDEの声なんでしょうか。もちろん楽曲の良さが大前提ですが。
 最初、彼の声はか弱いイメージがあって抵抗があったのですが、改めて聞くと非常に上手いと思います。ラルクのアルバムを順番に聞いてゆくと、成長の過程がよく分かる気がします。ルックス良し、歌良し、曲良し、で天は二物を与え・・・あ、背がアレでしたっけ?まあ、そんなことはこの際どうでも良いです。作品が素晴らしければ。

(関連) 灰色の旋律日記 かぜにきえないで Reviewed by: Mimi P.

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)