RHAPSODY ~ Symphony Of Enchanted Lands

 数ある RHAPSODY のアルバムの中で、最もジャケットのデザインがダサイと思われる2ndアルバムですが、②「Emerald Sword」圧倒的な人気を誇っています。サビのコーラス(合唱)はワーグナー『ローエングリン』を思い起こさせ、非常に印象深く耳に残ります。他の曲も総じて高水準の楽曲を保っているだけに、ジャケットの悪さだけが唯一残念に思います(一方、Symphony of Enchanted Lands II は素晴らしいですがね)。
 1stアルバムから明確なこのバンドの方向性は、好き嫌いがハッキリ分かれるところでしょう。「クサメタル」と小馬鹿にしている人も少なくないようですが、オペラなどのクラシック音楽、映画のサントラ、ゲームミュージック、ファンタジー、トラッド……などが好きな人は、1stや、続く3rd、またそれ以降も続けて聴きたいところです。「どれも同じに聴こえる」という意見もありましょうが、通しで聴くと微妙に成長していることが分かると思います。この2ndは、ギターやベースが控えめで、オーケストラの演奏が前面に出ているのが特徴と言えるでしょうか。
 ①「Epicus Furor」、冒頭数秒を思わずブルックナーと勘違いしたほど、大作を予感させる出だしにワクワクします。2曲目へつながる厳かな流れが素晴らしいです。  ②「Emerald Sword」は前述したとおり、充実の傑作です。  ③「Wisdom of the King」は、バロック音楽の室内楽を思わせる静かなイントロに続き、陽気なスピードナンバーへと展開してゆきます。2分40秒あたりからのストリングスはノーテンキに愉快な感じで、『サザエさん』のBGMに使われても違和感がないのでは?と思ってしまいます。中島君花沢さんの下校風景を思い出してしまうのは私だけでしょうか?  ④「Heroes of the Lost Valley」は次曲につながる短い曲で、SEや語りがメインです。  ⑤「Eternal Glory」、勇壮な行進曲風オーケストラに始まる7分に及ぶ曲です。緩と急、オーケストラとバンド、古典と現代などがうまく調和してドラマチックな流れを展開しています。  ⑥「Beyond the Gate of Infinity」は風の音や獣の鳴き声のSE、怪しげなキーボードに始まり、不気味な感じが出ています。魔王の宮殿に侵入してゆくようなイメージでしょうか。  ⑦「Wings of Destiny」。美しいバラードですね。  ⑧「Dark Tower of Abyss」。う~む、J.S.バッハのチェンバロ協奏曲でしょうか。ゲーム音楽っぽいですが、同時にアニメ音楽にも使える曲だと思います。  ⑨「Riding the Winds of Eternity」は雄大な感じの始まり方がシューマンの交響曲を思い起こさせます。この曲に限ったことではありませんが、伸びやかなハイトーン・ヴォーカルが気持ち良いです。  ⑩「Symphony of Enchanted Land」。アルバム最後を飾るにふさわしい13分の大曲です。ナレーション、ピアノとオーケストラから、荘厳なオルガンをバックに始まるヴォーカルに引き継がれ、この先どう展開するのか?と高揚感高まるイントロには思わず手に力が入ってしまいます。続いて民族音楽的雰囲気に転じ、大合唱を経て、①のフレーズが再現したかと思ったら美しい女性ヴォーカル……そしてまた民族音楽的フレーズへ。これはもうオペラですね。最後、凱旋行進曲風メロディが提示され、中世を思わせる弦楽器と笛の音色がフェードアウトする終わり方は、聴き手の関心を否応なしに次のアルバムへと向かわせます。
 ギターってソロ以外に出てきたっけ?という印象の2ndアルバムでした。3rdはこれより少しメタル色が強いかと思いますが。

(関連) 薄闇の狂詩曲 Sink HR/HMの旅 Golbnikufesin (N.F.B.) 鴉の内臓 鋼鉄龍の咆哮 Melodic Power Metal メロディックパワーメタル RIFF RAFF このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (9)

KATMANDU ~ Katmandu

元 FAST WAY のデイヴ・キング(vo)と元 ASIA のマンディー・メイヤー(g)の結成した KATMANDU の、ファーストにして唯一のアルバム。第一印象は、LED ZEPPELINWHITESNAKE からの影響が強く出ている作品だと思いました。また、 Janis Joplin 風の曲があるのも面白いです。ヴァラエティに富んでおりながら散漫な印象を与えない好盤かと思います。  カトマンズカブールと並んで、ヒッピーの集まる都市として有名だそうですが、要所要所でアコースティック・ギターが目立つ曲作りとバンド名が音楽的方向性を示していると思います。中でも、アカペラのコーラスで始まる⑦「Ready For The Common Man」はこのアルバムのキラー・チューンと言えるでしょう。70年代ハードロックが好きな人からは隠れた名盤と絶賛されているようですが、確かに曲のレヴェルは高いと思います。アルバムリリース後、すぐに解散してしまったのは、もったいない限りです。
Track List: 01. The Way You Make Me FeelVideo 02. God Part II 03. Love Hurts 04. Sometimes Again 05. When The Rain ComesVideo 06. Heart And Soul 07. Ready For The Common Man 08. Only The Good Die Young 09. Let The Hearteache Begin 10. Medicine Man 11. Pull Together 12. Warzone

(関連) DEVILS ISLAND 空パパの戯言 ドイツ特派員の徒然放談(誰がために我は書く?我がために我は書く!) どうせ誰も見てませんからっ☆★ 第166回-KATMANDU KATMANDU KATMANDU Slease Roxx 鋼鉄今昔物語 このCDを買え! FASTWAY BIOGRAPHY DISCOGRAPHY TRIBUTE TO Eddie Clarke

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

TESLA ~ Great Radio Controversy

 好きなヴォーカルのタイプは、ハスキーな声の持ち主ですが、ここまで荒れるとちょっと、(^^;ゞとジェフ・キースには苦手意識がありました。しかし、彼がヴォーカルを務める TESLA の2ndアルバム『Great Radio Controversy』は曲の良さが第一に光る作品として、多くのファンに支持されてもおかしくないと思います。
 ヴォーカルを「渋い」「エモーショナル」と絶賛する人の気持ちも分からなくもありませんが、私はどちらかというと2人のギターが上手くて好きですね。今となっては「ここはキーボードにすべきなんだろうなあ」と思えるパートも、違和感なくギターで曲を構築しているところに、新鮮な感動を覚えます(一部ピアノの音も聞こえますが)。全体的には「ブルージー」と形容できるのかもしれませんが、その一言では収まりきらない楽曲の幅広さ、奥の深さを感じます。特に代表曲の は必聴とも言うべき秀作かと思います。イントロは、ギターの練習でよくお世話になったものです。チェンバロで弾いてもいい感じだと思います。他にも、③「Heaven’s Trail (No Way Out)」、⑧「Makin’ Magic」、⑩「Flight to Nowhere」、⑫「Paradise」は素晴らしいです。また、①「Hang Tough」は伊藤政則氏のラジオのジングルで使われていましたが、出だしのベース、途中からのツインギターが印象的です。
「アンプラグド=かっこいい」という風潮が強かった(と思う)80年代後半~90年代にかけて、多くのアーティストがアコースティックの楽曲を世に出しましたが、彼らもご多分に洩れず、名盤『Five Man Acoustical Jam』を残しています。演奏能力の高さを遺憾なく発揮した作品ではないでしょうか。地味ながら底力のあるバンドだと思いました。
 ところが、次の『Psychotic Supper』はあまり印象に残らず、気づけばバンドそのものも忘れていました。発売から20年近くたつ今、久々に2ndアルバムを聴いて、しかし改めて良いバンドだったのだなあ、としみじみ感じました。捨て曲なしの名盤、と言っても良いかもしれません。
 あ、そういえば物理の電磁気学の授業で「テスラ」という単位が出てきたとき、思い出していました。
(関連) メタル馬鹿一代 炎のメタルマンだこのやろう HR/HM日記 THE SHOW MUST GO ON My heart… It is Being Written Fine Freely The Godfather

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

SYMPHONY X ~ Paradise Lost 予習


結局、amazon から届くのが待ちきれず、自分で集めてしまいました。
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (4)

あぅ(〇o〇;)!! ち

6月20日の反省をふまえ、
メモ帳で書いた文章を「コピペ」してサーバーにアップ、
という手順でブログを更新するようにしました。
ところが、
これでもう安心
と思っていたときに、事は起こりました。
「コピ」をせずに
「ペ」

だけして、保存し
文書ファイルを削除してしまったのです。
<( ” O ” )>
しかも、その時は全く気づかず、
数時間後、文章を仕上げようと思ったとき ・ ・ ・ ・ ・ ・ 本文が1行しか書かれていない、、、
(゚.゚;) (o.o;) (゚.゚;) (o.o;)



llllll(- _ -;)llllll
そうか、あの時……



o(><)O O(><)o


嗚呼、どうして「プレビュー」で確認しなかったのだろう、、、
il||li _| ̄|○ il||li
_| ̄|○
_|\○_
_/\○_
____○_




Filed under: 未分類     12:09 AM  Comments (4)

ブラームス ~ 弦楽六重奏曲

 弦楽六重奏曲という編成の曲はあまり聴いたことがありませんが、ブラームスの第1番変ロ長調op.18は非常に有名だと思います。特に第2楽章は、フランス映画『恋人たち』(ルイ・マル監督)で使われたそうですが、他の楽章も一度はどこかで耳にしたことがある、という人も多いのではないでしょうか。  ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロがそれぞれ2人ずついるので、室内楽ながらも音に厚みがあり、弦楽四重奏曲とは違った味わいがあります。ヴァイオリン同士、あるいはヴァイオリンとヴィオラの織り成すハーモニーは旋律の美しさを一層引き立てていると思います。ツインギター擁するバンドのギターソロが好きな人には気に入られるかもしれません。中音域のヴィオラが主旋律を奏でるところも、聞いていて心地よいです。  第2番ト長調op.36は、第1番の5年後の1865年に完成させていますが、着想から10年かかったようです。その間、恋人アガーテ・フォン・ジーボルトとの別れがあり、第1楽章の中でA-G-A-D-H-E(DはTの音名化)を3回繰り返すというアガーテ音型が登場するあたりに、様々な憶測が飛び交っているようですが、それを抜きにしても美しい旋律は、いかにもブラームスらしい上品さを漂わせています。ただ、第1番ほど大衆性がなく、やや退屈に思えるところも、ないこともないかもしれませんが、繰り返し聴いているうちにその良さがジワジワ~っと分かってくるような、深みのある作品かと思います。
 写真のCDは、コチアン四重奏団と、スメタナ四重奏団のメンバー(ミラン・シュカンパ[第2ヴィオラ]とアントニーン・コホウト[第2チェロ])による演奏ですが、詳細について、ライナーより以下の記述を引用しておきます。
コチアン四重奏団  コチアン四重奏団は、1972年スメタナ四重奏団のメンバーであるアントニーン・コホウトの指導の下に結成された。1976年よりプラハの春に定期的に出演。1981年にチェコ・フィル賞を受賞し、82年より日本コロムビア(デンオン)のCDに録音を進めている。チェコのみならず、世界17か国で演奏会を開き好評を博すなど、内外ともに成功をおさめている。87年から、チェコ・フィルハーモニー協会の室内アンサンブルの地位にもついている。
ミラン・シュカンパ  音楽学博士の称号をもつシュカンパは、1928年6月4日の生まれで、もともとはヴァイオリニストだったが、1956年にスメタナ四重奏団の招きを受諾してヴィオラに持ちかえた。そして、スメタナ四重奏団に加入するや、シュカンパはその持前の並はずれて熱心な研究と几帳面さをかたむけて、スメタナ四重奏団の演奏活動を間断なくつづけてきた。
アントニーン・コホウト  1919年12月12日、ボヘミアのリュブネに生まれる。スメタナ四重奏団の創立者であり、チェリストである。その最初期から今日におよぶまで、終始一貫して、スメタナ四重奏団のすべての活動を統率し、原動力となってきた人である。

(関連) 気まぐれ音楽日記帳 ピアノ日記 気分はバッハのプレリュード Chaotic Neutral わらしべYOSSYのオシャレな音空間 一風斎の趣味的生活/もっと活字を! みどりのこびとちゃんのクラッシック音楽日記 日々雑録 または 魔法の竪琴

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)

YNGWIE MALMSTEEN ~ Trilogy

 Yngwie 初期の作品の中では最高傑作の誉れの高い3rdアルバム、これにあまりピンと来ない人は、彼の音楽とは縁がなのでしょう。ジェフ・スコット・ソートのヴォーカルだった1st2ndに比べ、マーク・ボールズが歌うことにより、ますますクラシカル、というか、あたかもオペラの一幕を聞いているかのような迫力、威厳が感じられます。やはり Yngwie のようなギターには、テノール歌手を彷彿とさせるヴォーカルが一番ぴったり来ると思います。そういう意味で、ロニー・ジェイムス・ディオや、トニー・マーティン、あるいはスティーヴ・グリメットとの競演を強く望まずにはおれません。一応、ディオとは『Dream On』演りましたがね、、、。
1.You Don’t Remember, I’ll Never Forget  初めて聴いたとき、出だしのキーボードの大胆な使い方に前2作と違う意気込みを感じました。そこにリズムギターが上手く調和して、力強いハイトーンヴォーカルが登場し、アルバム全体の完成度を象徴しているかのような1曲目です。
2.Liar  メインリフのギターのハモり、ソロに入る直前の3連符フレーズが印象に残る名曲でしょう。キーボードソロも手に汗握るスリリングなものです。
3.Queen In Love  ライヴ映えする曲ではないでしょうか。ミドルテンポ……ではありませんが、前曲に比べるとスピードダウンした分重みが増す感じがします。サビのヴォーカルも印象的です。
4.Crying  Yngwie らしいクラシカルなインストナンバー。前半がアコースティックで、途中からエレキに変わって泣きのフレーズに移るあたりは鳥肌ものです。数ある Yngwie のインストの中でも1、2を争う叙情的な曲ではないでしょうか。
5.Fury  一転してスピードナンバー。ヴォーカルと、バックギターのタッピングが心に残ります。キーボードとの掛け合いも素晴らしいです。ベースのプレイにも注目したい曲です。
6.Fire  スライドやハーモニクスを使った出だしのギターが爽やかでカッコイイです。
7.Magic Mirror  力強いヴォーカルと、自由奔放に走り回るかのようなギターソロが素晴らしいです。最後のキメのフレーズでは、ベースとユニゾンでハモるところが聴いていて気持ち良いです。
8.Dark Ages  マーク・ボールズのヴォーカルの上手さが際立っていると思います。また、最後、Yngwie お得意の、ディレイをつかったギターのフェード・アウトから次曲につながる流れが非常に良いです。
9.Trilogy Suite Op.5  オーケストラ・ヴァージョンも良いですが、原曲の方が好きですね。難易度の高い曲ですが、ギターの、右手と左手のリズムキープの練習に適しているのと思います。
(関連) 1.You Don’t Remember, I’ll Never Forget 2.Liar 3.Queen In Love 4.Crying 5.Fury 7.Magic Mirror 9.Trilogy Suite Op.5 メタル馬鹿一代 Heavy Metal Will Be My Epitaph wrikkのブログ ROCK ANTHOLOGY BLOG 高校生ギタリストの日々・・・ メタル親父のHARDな一日 いさちゃん日記♪ イングヴェイ・マルムスティーン 『TRILOGY』 このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:32 PM  Comments (6)

DREAM THEATER ~ When Dream and Day Unite

 DREAM THEATER の名前を知ったのは、MOTLEY CRUE『Dr.Feelgood』を買ったとき、一緒についてきたパンフレットに載っていたのを見たのが最初なので、1989年ということになるのでしょうか。「メタリカとラッシュの融合。新人とは思えぬ完成度と演奏能力の高さ!」という売り文句が気になっていたのですが、ジャケットがダサかったので買おうとは思うまでには至りませんでした。
 そしてしばらくして、伊藤政則氏のラジオで「残念なお知らせです。ヴォーカルが正式に抜けてしまったようですね。いいバンドだと将来を期待していたのですが……」という紹介と共にかかったのが⑧「Only A Matter Of Time」、これがDREAM THEATER との最初の出会いでした。華やかなキーボードと、それまで聴いたことのないドラムに衝撃を受け、翌日にはCDを買っていました。1曲めから驚きの連続でしたね。音は今でこそ荒削りな印象を受けますが、曲そのものは20年近くたった今日でも新鮮さを失わない完成度の高さを誇っています。複雑な変拍子の連続にもかかわらず、聴き手を逃さないメロディアスなフレーズ、ため息をつかざるを得ないスリリングなプレイ、これが最大の魅力ではないでしょうか。中でも超絶技巧を要する③「Ytse Jam」は(綴りが逆さまですが)タイトル通りの名曲だと思います。また、John Myung のベースの音にも驚かされました。なんと激しいプレイをする人だろう、と。写真を見ると日本人っぽい(両親が韓国人)のに親近感を覚えます。
 ただ、当時思ったものです。「あぁ、ヴォーカルがなぁ(-。-)」決して悪くはない、というか、恐らく巧いのだと思いますが、バックの演奏に比べるとあまりにも貧弱な感が否めないのです。脱退するのも仕方がないなあ……そう感じていたときに突如、現れたのが歴史的名盤『Images and Words』、彼らはただ者ではない、と確信した瞬間でした。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

ドストエフスキー ~ カラマーゾフの兄弟(第1部~第3部)

 6月20日(水)19時からNHK教育の『地球ドラマチック』という番組を、冒頭2分ほど(^_^;)見ました。うろ覚えですが、こんな内容でした。
 これまで出版された、あらゆる本を分析して、ベストセラーとなり得る条件を入力し、コンピューターに本を書かせてみた。その結果出て来た文章はこのように始まるものだった──女王様が言った。「神様!教えてください!私をレイプした本当の犯人を!」
 なるほど、文学と言っても、所詮は色と欲にまみれた、罪深い人間の本性を暴いたものがほとんどで、多くの読者が求めているものも、そういった類なのかと納得してしまいました。というのも、ちょうど今、通勤中に睡魔と闘いながら少しずつ読み進めている『カラマーゾフの兄弟』が、まさにそんな内容で、しかもそれが「世界文学の最高峰」と絶賛されているからです。宗教的、崇高な心を求め、少しでも神のような存在に近づきたいと願いながらも、実態は自分でも呆れるほど低俗で、愚かな存在が人間の偽らざる姿なのだろうと思いました。
 本書に出てくるヒョードル・カラマーゾフは、光文社新古典文庫のしおりによると“無一文から身を起こし、一財産を築いた。無類の悪党にして道化、女好き”、長男ドミートリー・カラマーゾフ“放蕩の限りをつくす激しい性格だが、高貴な心をあわせもつ”人間として描かれています。預かった金を一気に使い果たし、わが身の面目のために金集めに東奔西走、ようやく手にした3000ルーブルも、またパーッと使ってしまう、そんなドミートリーはいわゆるダメ男の典型と思わずにおれません(あ、でも、学生時代、試験前なのに勉強せず、試験中に居眠りをして、終了直前に慌てふためいた経験のある者は、同類ですね)。そして、そんな男を次第に愛するようになるグルーシェニカ。まるでだめんず・うぉ~か~のようですが、これが、昔も今も変わらない人間の姿なのでしょう。
 一方、“誰からも愛される清純な青年”で主人公と思われるアリョーシャ“慈愛にみちた高徳の人物で信者の尊敬を一身に集める”ゾシマ長老が出てくる場面では、「人間の心にも美しいものがあるのではないか」と思わされますが、有名な大審問官や、長老の遺体が悪臭を放ち、信者の信仰が動揺する場面では、「信仰」とは一体何かと考えさせられました。遠藤周作の『沈黙』に通ずるものがあります。
 当初は1巻ずつ感想をアップしていこうと思ったのですが、何せ全体のストーリーを的確に理解するだけの読解力がない為に、何も書けないまま3巻目後半まで来てしまいました。ヒョードルが何者かに殺害され、怨恨関係にあったドミートリーが嫌疑にかけられるようになり、ようやく本格的に面白いと感じるようになりました。実は、あるきっかけで真犯人を知ってしまったのですが、それでも先を読みたい、いや、なおさら続きが読みたくなりました。  恐らく、3巻を読み終える頃には亀山訳の第4巻が発売されるでしょう。
(関連) 古典 新訳 群衆 浮遊図書館(別館) 『カラマーゾフの兄弟』について 大審問官を読もう!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (1)

明橋大二・伊藤健太郎・高森顕徹 ~ なぜ生きる

【2010.09.02 追記】 これを書いていたときは知りませんでしたが、紹介している本の著者・監修者について、最近、以下の投稿を読んで深く考えさせられました。当記事をお読みになる前に下記リンクを是非とも参照してください。 ・明橋大二医師と親鸞会高森顕徹著「光に向かって100の花束」は大沼法龍の著作のパクリです: さよなら親鸞会 (注)「親鸞会」とは、この本の監修者が会長をつとめる団体です。
『子育てハッピーアドバイス』シリーズで有名な精神科医・明橋大二さんと、哲学者(と巻末にはありますが詳細は不明)の伊藤健太郎さんとの共著です。監修者の高森顕徹さんは、浄土真宗親鸞会会長というよりは『光に向かって』シリーズの著者として知られていますね。医者と哲学者、仏教者という“異色のコラボ”ですが、この三方をつなぐテーマが“なぜ生きる”です。確かに、これは生きている人になら皆に共通するテーマかと思われます。そういう意味で、全ての人にお薦めの1冊です。
 そしてこの『なぜ生きる』の英訳本が『YOU WERE BORN FOR A REASON – The Real Purpose of Lifeなのですが、普通に考ると『WHY DO WE LIVE?』としたくなるところをこのように訳されているあたりは、原書の内容を端的に表しており、題名だけで引き付けられます。翻訳者は同志社女子大学の Juliet W. CARPENTER 教授で、その監修者・Edward G. Seidensticker さんは、『雪国』『伊豆の踊り子』なども手がけられた方です。川端康成ノーベル文学賞に輝いたのも、サイデンステッカー氏の貢献が大きいとも言われます。
「なぜ生きる?」と問われて、違和感を感じる人も少なくないかもしれません。「そんなこと考えなくても生きてゆけるよ」あるいは「人から教えられるものではなく、各自で見つけるものだ」と思っている人も多いでしょう。私は後者でした。ではその考えで本当に後悔のない人生となるのか?本書で詳しく考察されています。
 2部構成になっており、第一部では“直面する問題点を中心に、文学者や思想家の人生論を掘り下げてみた”とあるように、様々な文献が引用されているのが面白いです。5、6挙げただけでもニーチェ、村上春樹、江藤淳、宮台真司、建設物価調査会会計検査資料、『女性セブン』……など、多岐にわたっています。B’z宇多田ヒカルの言葉もありますので、ファンの方はチェックしてみらては如何でしょうか(ちなみに英訳版では宇多田ヒカルではなくマイケル・ジョーダンになっています)。  第二部は、親鸞聖人の言葉を通し、「なぜ生きる」の答えが明らかにされています。有名な『歎異鈔』を読もうとされている方は、こちらを先に読まれた方が、理解しやすくなるのではないかと思います。
 何しろ大きなテーマを扱っているので理解不足のところも多いですが、“人生の目的”と言われる程のことです。人生かけて取り組むべき問題なのでしょうね、きっと。繰り返し読んでみたい本だと思いました。ポイントは“なぜ生きる”と“どう生きる”、“人生の目的”と“生きる手段”の違いを明らかに知る、ということでしょうか?

なぜ生きる:高森顕徹/明橋大二・伊藤健太郎(1万年堂出版)



(関連) 「建築に夢をみた」 ラーニングハイの男 生活ノート お気楽奥さん 集まれ! 人生漫遊記 『なぜ生きる』 YOU WERE BORN FOR A REASON

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)