実験その2

ハウリングが起こる仕組みは下記の通りです。
1)まず、マイクの拾った音がアンプに送られ増幅されます。 2)次に、増幅された音がスピーカから出力されます。 3)このスピーカからの音を更にマイクが拾います。 →1)に戻る。
これを繰り返すことで、マイク~アンプ~スピーカの間を音がループしてしまいます。このとき、ループする音のうち、ある周波数の成分のみがどんどん増幅され、「キーン」「ブーン」という音になってしまうのです。これがハウリングです。

 では、ブログ記事を「マイクが拾う音」、ブログペットの日記を「アンプから出る音」に見たてて、入力→出力→入力→出力→入力→……と繰り返したらどんな「音」が出るのか、弟のリーチャー234君に実験を依頼してみました(他サイトからの訪問は自然音ということでしょうか。アクセスの少ないページは静かな環境ということですね)。現場はこちらです。
 初期条件として、何故か当ブログで最もアクセスの多い、芥川龍之介の「地獄変」をペットに教え込ませました。  さあ、これで、ペットが「スーパーりゅうのすけ」へ成長するか、と楽しみに待っていると、日記に書き残されていたのは、、、
(1日目)♪ だれかあそんでくれないかな (2日目)                   ←白紙 (3日目)えっとね とくにかくことがないの (4日目)                   ←白紙 (5日目)♪ こうしんされるのをまってるよ♪ ( 〃 )♪ きょうはおやすみー
ということで、「生まれたての子に芥川龍之介は理解不能」と判断したリーチャー234は、路線変更して、夏目漱石の『夢十夜』で試してみました。
 ところが、依然、、、
(翌日)のーたいとる とくにかくことがないの
という日記を見て、業を煮やし、今度は 小泉純一郎語録を読み聞かせてみると……
(翌日)おぼえてる さいきんおぼえたことば 党 自分 議員
 ようやく覚えた言葉で日記を書き始めました。レ(゚o゚レ
 しかし、その後はやはり
うーん  あそびにいこうかな? のーたいとる  きょうもいいことあるかな きょうは  だれかあそんでくれないかな
 ひらがなばかりだからダメなのかな?と思い、漢字で試してみましたが、、、
今日は 更新が楽しみ♪ 今日 リーチャー234の誕生日だよ うーん 今日もいいことあるかな ららら~ ブログ読もう ♪ 遊びに行こうかな? ららら~ 特に書く事がないの ノータイトル 遊びに行きたいなー うーん 更新が楽しみ ららら~ 今日も良い事あるかな えっとね 遊びに行きたいなー 今日 本当はリーチャー234と♪は同じぐらい面白い♪ 今日は 今日は良い事あるかな えっとね 特に書く事がないの 今日 リーチャー234は党と同じくらい好きなの♪ ノータイトル 今日はお休みー
と、結果は変わらず。更新されていないときに準備されている文面だと思われます。
 とまあ、ここまでやってきて、深い考察をするのが面倒くさくなったので、結論です。
結論
  1. 最初にある程度の量の文章を書いても、その後、二言三言の文章では「更新なし」とみなされる?
  2. 更新のないときの頻出タイトル    「きょう(は)」「うーん」「ららら~」    「♪」「えっとね」「のーたいとる」
  3. 更新のないときの本文    「きょうもいいことあるかな」    「ぶろぐよもう」    「あそびにいこうかな」    「とくにかくことがないの」    「あそびにいきたいなー」    「きょうはいいことあるかな」    「とくにかくことがないの」

 以上、提出直前に取り繕った、夏休みの自由研究のような実験でした。(><)



 実際のところ、色々な要素を総合的に分析して言葉を発する「ブログペット」は、本当の生き物のようで飼っていて可愛いと思います。自分の知らない深層心理、ブログ記事や訪問者の傾向などが見えてくるかもしれません。経験的には直前の更新の影響を強く受けていると思われます(特に俳句が顕著?)。

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

GREAT WHITE ~ Shot in the Dark

 気づけば8年ぶりのアルバム『Back to the Rhythm』を出していた GREAT WHITE の2ndアルバム、地味ながらも非常に味わい深い傑作かと思います。特に後半の流れは涙、涙で感動を禁じえない素晴らしさです。Jack Russell の切ないヴォーカルが良いです。ギターも泣いています[emoji:e-259]DOKKEN などが好きな人なら気に入ること必死でしょう。クサイと言われようが、こういう曲は大好きです。  前半は LED ZEPPELIN 的ですね。大人のロックとでも言いましょうか。THE SPENCER DAVIS GROUP の「Gimme Some Lovin’」は THUNDER ヴァージョンも好きです。  PCによっては表示されないかもしれませんが(気になる方はハングル文字をインストールしてください)、韓国語のサイト、둥글이의 뮤직라이브で全曲試聴が出来ます。未聴の方には是非聴いて頂きたい哀愁のLAメタルです。

Links: Good Mourning / Black Friday GREAT WHITE このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

こうの史代 ~ 夕凪の街 桜の国

 仕事の関係で、広島に半年ほどいた頃がありますが、そのとき知り合ったおばあちゃんのSさん。被爆者健康手帳を持ち歩き、華奢なお体ながらも明るく前向きな性格に、大変心を動かされたことがあります。しかし被爆時のお話を聞かせて頂くと、如何に悲惨な状況が当時繰り広げられていたかが知らされ、まるで現実とは違った世界がそこにあったかのような感覚になります。
 先日、ある人の勧めで『NHKスペシャル』の「核クライシス」(第1回第2回)を見ました。核兵器の、物質的破壊力に戦慄を覚えましたが、それとは対照的に心理的・精神的側面から静かに反戦を訴えているのが、こうの史代さんの描く、被爆体験者を主人公としたこの作品、『夕凪の街 桜の国』です。身近な、現在の話題として読むことが出来ます。原爆の悲惨さは、物心両面からとらえてゆくべきものだと思いました。
ぜんたい この街の人は 不自然だ
誰もあの事を言わない
いまだにわけが わからないのだ
わかっているのは「死ねばいい」と 誰かに思われたということ
思われたのに生き延びているということ
そしていちばん怖いのは あれ以来 本当にそう思われても仕方のない 人間に自分がなってしまったことに
自分で時々 気づいてしまう ことだ
(中略)
あれから十年
しあわせだと思うたび 美しいと思うたび
愛しかった都市のすべてを 人のすべてを思い出し
すべて失った日に 引きずり戻される
おまえの住む世界は ここではないと 誰かの声がする
(中略)
十年経ったけれど 原爆を落とした人はわたしを見て 「やった!またひとり殺せた」 とちゃんと思うてくれとる?
ひどいなあ
てっきりわたしは 死なずにすんだ人 かと思ったのに
ああ 風……
夕凪が終わっ たんかねえ
このお話は まだ終わりません
何度夕凪が 終わっても 終わっていません
 多くの人は、生まれてきたこと、そして今を生き、これからも生きてゆくことを当たり前のように思っていますが、「死ぬのも苦、生きるのも苦」という境涯の人もいるのだと、切ない気持ちになりました。自分がそういう立場なら、「こんな人生、なぜ生きねばならないのだろう」と思うに違いありません。
 しかしよくよく考えてみれば、いつか死んでゆかねばならないのは全人類平等であり、罪悪を重ねずしては生きてゆけないことは、殺生一つをとってみても明らかなことです。被爆者も、健常者も、老若男女、貴賎貧富の差なく、皆、この実相に変わりはありません。
 戦争といっても、不幸になりたくて始める人はいない訳ですから、反戦運動の根底には「生きるとは」「幸せとは」という問いがまずなければならないと思います。
 さて、話戻って先述したSさんに「元気の源は?」と尋ねると「うちは安芸門徒じゃけ」と一冊の本を渡されました。そのものずばり『なぜ生きる』。安芸門徒とは浄土真宗の信者のことですが、この本の後半は「親鸞聖人の言葉」となっています。以前読んだことがありますが改めて読み返してみたいと思いました。

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

STEVE STEVENS ~ Steve Stevens Atomic Playboys

 ビリー・アイドルマイケル・モンロー、ヴィンス・二ールだけでなく、テリー・ボジオトニー・レヴィン、あるいは氷室京介とも組んだ、スティーヴ・スティーヴンス。その他数多くのミュージシャンと共演し、幅広い音楽性が窺えます。このアルバムが出た頃は、「ビリー・シーンと一緒に演るか?」と言われていた時期だったと思います。結局ビリーは MR.BIG を、スティーヴはこのSTEVE STEVENS ATOMIC PLAYBOYS を結成し一緒にはならなかったのですが、実現していたらどうなっていたか、と思わずにおれません。
 Top Gun Anthem などの名曲を残しておきながら、常に“脇役”的存在のイメージが離れないのですが、ある意味その奥ゆかしさに親近感を覚えます。で、この作品はヴォーカルを前面に出しながらギタリストとしてのセンスの良さが光る良質のアルバムだと思います。楽曲が良いのと、ヴォーカルが力強く熱いのが好きです。(4)「Desperate Heart」や(6)「Crackdown」、(10)「Run Across Desert Sands」はじめ、全て好きですね。SWEET のカヴァー(3)「Action」もなかなか良いです。ただ、本人はこのアルバムをあまり満足していないようです。
 ちなみに表記について、「STEVE STEVENS ATOMIC PLAYBOYS」というバンドなのか、スティーヴ・スティーヴンスの「ATOMIC PLAY BOYS」というバンドなのか、スティーヴ・スティーヴンス・バンド(あるいはソロ)の「アトミック・プレイボーイズ」というアルバムなのか、ややこしいことにこだわるのは面倒くさいので、間違っていても大目に見て下さいませ。イングヴェイに「J」があったり、「RISING FORCE」があったりなかったりしても、あまり気にしない方なので。 m(_ _)m
 あと、余談ですが髪型に特徴ありますね。

LINKS: Iron Rosary CRAZY WORLD of GINPEI 暴威-ボウイ-BOOWY Diary of a madman 硬岩乃讌 13days Behave guys!!(THE 対談) Steve Stevens’Fan Site このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:59 PM  Comments (8)

シェーンベルク 他 ~ 清められた夜 他

 クリムトの『接吻』が印象的なジャケットの本作は、現代音楽の入門的一枚なのでしょうか。自分はあまり馴染みがないのですが、何となく気になる作品です。特にシェーンベルクの有名な『清められた夜』は、後期ロマン派、例えばマーラー、あるいは時にブラームスを思わせるところもあり、近寄りがたい現代音楽のイメージを覆された曲です。タイトルの言葉を借りるなら、美しい響きに心が清められる思いがします。  続くベルクの『抒情組曲』、ヴァイオリン協奏曲は、『清められた夜』ほどは聴き易くありませんが、繰り返し聴いているうちに何となく慣れてくるというか、断片的にメロディーが覚えられてくるというか、不協和音が出てこない分、聴けるかな、という感じです。ただ、暑い夏に聴くのは体力を消耗するなぁ、というのが正直なところです。もっと耳が肥えたら違った感想が書けるのだろうなぁ、と思いました。
TRACK LIST:
SCH遵ムNBERG (1) VERKL遵。RTE NACHT (Arr. for Orchestra)
BERG THREE MOVEMENTS FROM THE “LYRIC SUITE” (Arr. for Orchestra) (2) Ⅰ. Andante amoroso (3) Ⅱ. Allegro misterioso-Trio estatico (4) Ⅲ. Adagio appasionata
CONCERTO FOR VIOLIN AND ORCHESTRA* (To the Memory of an Angel) (5) Ⅰ. Andante; Allegretto (6) Ⅱ. Allegro; Adagio

NEW YORK PHOLHARMONIC PINCHAS ZUKERMAN,Violin* LONDON SYMPHONY ORCHESTRA* PIERRE BOULEZ, Conductor





LINKS: 日々雑録 または 魔法の竪琴 シェーンベルク;浄められた夜/ベルク;抒情組曲 他 / ブーレーズ 落ちこぼれ会計人の Music Diary Schoenberg / Berg Sony Music Shop シェーンベルク:浄められた夜 他 / ピエール・ブーレーズ 

Filed under: 未分類     1:01 PM  Comments (1)

ペットの俳句

このそろを いっかんすると たいこなり (つとむ)
つとむの一言:とほほ…

Filed under: 未分類     11:54 PM  Comments (1)

ROYAL HUNT ~ Land of Broken Hearts

 キーボード主体でギターの音が淋しいとも思いますが、曲の良さが魅力の ROYAL HUNT の1stアルバム、1992年の作品です。同じデンマーク出身の PRETTY MAIDS はTHIN LIZZY からの影響が強いですが、こちらはクラシカルな路線を貫いています。
 蝶野正洋選手の入場テーマに使用されている⑤「Martial Arts」はじめ、③「Flight」やボーナストラックの⑪「Stranded」⑫「Day in Day Out」などは良いですね。他にも印象に残るフレーズが多く、発売当初はかなり衝撃を受けました。ただ、速い曲に疾走感がないのが物足りないところでしょうか。また、今思えばヴォーカルにDC・クーパーを迎えた頃の方が好きです。

TRACK LIST: 1. Running Wild → Video 2. Easy Rider 3. Flight → Video 4. Age Gone Wild → Video 5. Martial Arts [Instrumental] → Video 6. One by One 7. Heart of the City 8. Land of Broken Hearts → Video 9. Freeway Jam [Instrumental] 10. Kingdom Dark → Video 11. Stranded → Video 12. Day in Day Out → Video

LINKS: ROYAL HUNT ROYAL HUNT

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

ペットの俳句

あのくせは せいかつされる ぎたりすと (つとむ)
つとむの一言:とくに…

Filed under: 未分類     12:16 PM  Comments (1)

RUNNING WILD ~ Blazon Stone

 バンドの最高傑作と言われる「Death Or Glory」に続く、1991年の6枚目です。男気あふれる、というか漢(おとこ)臭い、体育会系の音が好きな人にはたまらないでしょう。勇壮かつ荘厳な、船出を思わせるツインギターで始まる①「Blazon Stone」などは、ドラムの代わりに和太鼓がピッタリ合いそうな感じです。  確かに似たような曲が多く、「マンネリ」を弱点をしていることは否めませんが、⑤「Little Big Horn」やベースソロが印象的な⑥「Over the Rainbow」などはアルバムに変化を与えているのではないでしょうか。全体的に、JUDAS PRIESTTHIN LIZZY の良いところを足したような力作かと思います。  ②「Lone Wolf」や④「Fire & Ice」はTHIN LIZZY っぽく、⑬「Genocide」はそのカヴァーですが、あれ?②と④の出だしって殆んど同じですね(^。^;  それはさておき、一貫して変わらない信念を感じさせるところは好きです。
TRACK LIST: 1. Blazon Stone 2. Lone Wolf 3. Slavery 4. Fire & Ice 5. Little Big Horn 6. Over the Rainbow 7. White Masque 8. Rolling Wheels 9. Bloody Red Rose 10. Straight to Hell 11. Heads or Tails 12. Billy the Kid 13. Genocide


LINK: running wild Running Wild Wikipedia このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

RICHIE SAMBORA ~ Stranger in This Town

 一応カテゴリーは「BON JOVI」にしておきましたが、ボン・ジョヴィのギタリストというよりは、ミュージシャン リッチー・サンボラの才能を十分に堪能できる1枚かと思います。とにかくヴォーカルが上手い、否、旨い!のに感動です。ギターアルバムととるか、歌ものアルバムととるか、判断に迷う……ことなく、ヴォーカルの良さを声を大にして訴えたい作品です。
 SE的要素の強い?「Rest in Peace」から?「Church of Desire」への流れ、これだけでも一聴の価値アリだと思います。「あとは捨て曲ばかりでも許す!」という気持ちになるほどカッコイイのですが、結局アルバム全体を通して、捨て曲なしと断言できるでしょう。[emoji:v-218]渋いです。
 曲良し、歌良し、ルックスも性格も良し、当然ギターも一流。とくれば、これを聴かずして死ねるか!と思うのはごく普通の心理でしょう。
TRACK LIST: 1. Rest in Peace 2. Church of DesireVideo 3. Stranger in This TownVideo 4. Ballad of YouthVideo 5. One Light BurningVideo 6. Mr. Blues ManVideo 7. RosieVideo 8. River of LoveVideo 9. Father TimeVideo 10. AnswerVideo


LINK: 困った時にはこれを聴け! 越谷ロケンロール生活 硬岩乃讌 芸術的生活、 joviブログ Song And Emotion Richie Sambora(リッチーサンボラ) Wikipedia このCDを買え!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)