とどろき / 平成20年2月

「親子で語る仏教講座」今月は第67回“何事も過程が大切”です。
“過程より結果が大事”といわれる事もあり、それはそれで正しい時もあると思いますが、ここで述べられている“過程が大切”というのは、それとは別の意味で“原因のないところに結果は起きない”ということでしょう。
 良いことも悪いことも、“蒔いた種は生える、蒔かぬ種は生えぬ”というのが真理ではないでしょうか。
 それを教えられた以下の小話は面白いと思いました。
◆ ◆ ◆
俊夫さん:近所でも評判の物知り父さん。仏法に詳しい 良子さん:いつも優しくユーモアたっぷり、健一の母 知子さん:健一の姉。大学生 健一くん:好奇心旺盛な中学生。疑問に思うことは、何でも納得するまで聞く

健一君が食べ終わったおやつの皿を前に、何やら考え込んでいます。
:どうした、健一?おなかでも痛いのかい?
:そうじゃないんだ。ふと今、思ったんだけど、今日のおやつの菓子パン3つ……。
:あら、足りなかった?
:イヤ。今3つ目のパンを食べてやっとおなかが膨れたんだけど、これを初めに食べてたら、後の2つはお楽しみに取っておけたのに、って考えたんだ。
:ハハハ。面白いことを言うね。確かに3つめのパンでおなかが膨れたんだろうが、最初に食べれば、それは1つめだ。3つ分の量で満腹になったんだろう?
:う~ん、それはそうだけど……。この“3つめのパン”みたいに、飲めばたちまちテストで満点が取れるとか、練習もせずに一流選手になれる薬ってないのかな?
:そんな薬、私も欲しいね。まあ、発想としては家電製品などが近いかもしれないな。
:洗濯は昔は一枚一枚手洗いで、絞るのも重労働だったのに、今は脱水、乾燥まで、ボタン一つだものね。炊飯器はだれでも同じご飯が炊けるようになっているわ。
:そうね。ただそういう考えは、勉強やスポーツでいい成績を残すには当てはまらないじゃないかしら。
:うん。実際に頭や体を使って身につけねばならないからね。近ごろスポーツ選手の薬物使用がよく問題になるけど、手っ取り早く結果を求めてはいけないと分かる。正しい手順を踏んで努力しなければね。
:そうよ。ズルして勝ってもダメだわ。
:1つ、2つ、3つ目でおなかいっぱいになるように、何事にも過程がある。一流選手や秀才になるには、なにより本人の長い間の努力が必要なんだ。
:続けることが大事なのね。
:そう。“タネまきに応じた結果が現れる”と仏教では教えられるからね。
:そうか、分かった。じゃあボクは食いしん坊のチャンピオンを目指して、食べまくることにしたよ。お母さん、パンもう5つ!!
:健一、調子に乗り過ぎよ。
:ふぁ~い。

●どんな結果にも応じた種まき(因)が必要です。 ●正当な努力をせずに、得られる幸せはありません。

Filed under: 未分類     8:30 AM  Comments (0)

喚起(BlogPet)

きょうはつとむと購入する?
それとも喚起する?

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     7:42 AM  Comments (0)

木村カエラ / KAELA

「父はイギリス人、母は日本人。カエラ(Kaela)とはヘブライ語で「最愛」の意味」という木村カエラの1stアルバム(2004年)です。最近になって初めて聴いたのですが、聴きやすくて良いアルバムだと思いました。声の出し方と、英語の発音が耳に心地よいです。  曲もパンク風なもの、しっとりと聞かせるもの、ユーモラスなものと多彩です。その中、(1)「Untie (album take)」、(2)「You know you love me?」、(10)「weak」、(11)「What ever are you looking for? (album take)」が好きです。バックの演奏も良いです。特に(10)はピアノや弦楽器の音色の上に乗るヴォーカルが胸にジーンときます。
You know you love me?


Track List: 1. Untie (album take) 2. You know you love me? 3. あの頃 4. happiness!!! → PV 5. INVENTOR 6. D.T.S. 7. Level 42 (album take) 8. 誰 9. Because 10. weak 11. What ever are you looking for? (album take) 12. sola

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

LILLIAN AXE / Love and War

 1989年の2ndアルバムです。高校1年生の時に隣の隣のクラスの友人に借りて初めて聴きました。なんと良い曲ばかりなんだ!と即座にCDを探しに色々な店を回りました。しかしなかなか見つからず、その後廃盤となったと知りガッカリ(;_;)、以来、カセットテープに録音したもので我慢していました。幻の名盤だと思っていました。
 ところが、嬉いことに先日再販され、ついにゲットすることが出来ましたe(^o^)9  約20年ぶりの再会で、懐かしいです。
 メロディアス・ハードロックの教科書のような、オーソドックスでキャッチーな曲が非常に聴きやすいです。(1)「All’s Fair in Love and War」から、聴き手をグイグイ引き込む楽曲が揃っています。イントロの
She was nineteen, hair black as the dead of night. She flashed her eyes. Man, she could see right through my soul. Legs up to here. I had no idea. Oh, no idea.
の語りなどは緊張感がって良いです。続くメインのリフでは、ギターのピッキング・ハーモニクスが効果的だと思います。 (2)~(4)はミドルテンポながら軽快な曲、その後、(5)(6)はドラマチックで北欧的な哀愁が感じられます。 (7)「My Number」は、デフ・レパードフィル・コリンと元L.A.ガンズフィリップ・ルイスを擁したガールの1st『Sheer Greed』からのカヴァーです。 (8)はアルバム中最も親しみやすいメロディだと思います。(9)とあわせてLAメタル風、そして(10)はラストらしい力強い曲……と、全曲素晴らしいです。
 全体的に、ジャケットのアートワーク、アルバムタイトルにぴったりの雰囲気となっていると思います。

All’s Fair in Love and War


Links: Raining Blood Hungry For Rock(HM/HR) WELCOME LILLAN AXE’s ROOM LILLIAN AXE(リリアン・アクス) LILLIAN AXE MySpace オフィシャル このCDを買え!

Track List: 1. All’s Fair in Love and War 2. She Likes It on Top 3. Diana 4. Down on You 5. World Stopped Turning 6. Ghost of Winter → video 7. My Number 8. Show a Little Love → video & Live 9. Fool’s Paradise → video 10. Letters in the Rain → video

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (5)

RUSH / Presto

 ラッシュ1989年のアルバムです。スタジオアルバムとしては14枚目くらい?でしょうか。
 ウサギのジャケットが可愛いですが、音楽も非常にポップです。正直なところ最初は少し抵抗がありました。しかし、なぜか聴き終えてしばらくしてからふとメロディーが頭に浮かぶ、そんな魅力を秘めている作品だと思います。「RUSH にハズレなし」と言われる人の意味が何となく分かってきました。
 ラッシュといえば DREAM THEATER に多大なる影響を与えたことで有名ですが、最近思うのは、このアルバムを好きになる過程と、DREAM THEATER「Falling Into Infinity」のそれと、個人的に非常に似ているということです。最初は「う~む( ̄へ ̄|||)」という感じでなかなか受け入れられませんでしたが、しばらく放置しておくと無性に聴きたくなってくるのです。後からじわじわと良さが感じられる、地味ながらも深い作品ではないでしょうか。
 楽曲的にも「Falling Into Infinity」とこの「Presto」、何となく似ているような気がします。
 今になって思えば、何故こんな良いアルバムを受け入れられなかったのか?その感覚の方が謎です。
Available Light

Links: メタル馬鹿一代 Closet Sounds (旧館) ラッシュ このCDを買え!

Track List: 1. Show Don’t TellVideo 2. Chain LightningVideo 3. PassVideo 4. War PaintVideo 5. ScarsVideo 6. PrestoVideo 7. SuperconductorVideo 8. Anagram (For Mongo) 9. Red Tide → Video 10. Hand Over FistVideo 11. Available Light

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

手紙(山田孝之・玉山鉄二・沢尻エリカ:主演、東野圭吾:原作)

 ドラマ『白夜行』に続いて、映画『手紙』を観ました。どちらも東野圭吾さんの小説を元にしたものです。
 共通して主演の山田孝之さんは「追いつめられる役を演じてみたい」と言っていた、とどこかで聞いたことがあります。2作とも重い内容ですが、共に「幸福とは何か」「なぜ生きるか」と人生を考えさせられました。
 映像的には『白夜行』の方が技巧的で見ごたえがありましたが、総合的にはこの『手紙』の方が深く考えさせられる内容だと思います。
 というのも、前者は自業自得的なところがありますが、この『手紙』は兄の犯した罪が弟にまで影響を及ぼすという、ある意味理不尽な不幸さがあるからです。
 降りかかる悪い結果が、自分のやった行為の結果と知れば、ある程度得心の行くものです。しかし、自分は何も悪くはないのに「犯罪者の家族」というだけで、差別や偏見を持たれるとすれば、運命を呪い、世の不平等を嘆かずにおれません。
 あえて納得しようとするなら、そういう家庭に生まれてきたという事実も「自己の行為による結果」と考えることでしょうか。もちろんそこには過去世(前世)という存在が前提となりますが。
 いずれにしても「運命の不思議」について考えずにおれませんでした。
 原作では、主人公がバンドを組み、ジョン・レノンの名曲が象徴的な役割を果たしていましたが、映画では漫才コンビという設定で、最後を感動的に仕上げています。その点、ネタの内容から「償い」とは何か、ということも印象深く心に残りました。

Filed under: 未分類     6:00 AM  Comments (1)

大野雄二 / ルパン三世、小さな旅

アニメは詳しくないのですが、 『ルパン三世』のBGMは大好きです。
ルパン三世 愛のテーマ

それと、 小さい頃から好きだった曲、
NHK「小さな旅」のテーマ
共に大野雄二さんの手がけた作品と 最近知りました。

どちらも哀愁を帯びた調べが魅力的ですが、 聴き比べてみると、同一人物の作品と納得です。
主旋律に彩を与えるフルートの使い方が 非常に好きです。

OFFICIAL WEBSITE

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)

DREAM THEATER / Images and Words

1992年発表、2ndアルバム。 名盤! 百読は一聴に如かず


Pull Me Under

Another Day

Take The Time

Surrounded

Metropolis, Pt. 1: The Miracle and the Sleeper

Under A Glass Moon

Wait For Sleep

Learning To Live

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (8)

斉藤孝 / 斎藤孝のおすすめブックナビ 絶対感動本50

『声に出して読みたい日本語』で有名な斎藤孝さんによる、ブック・ナヴィです。
 恥ずかしながら、書名も著者名も知らない本がたくさんあり、改めて自分の世界の狭さが知らされました。もっと多くの本を読んでゆきたいと思います。
 限られた時間(人生)の中で、膨大な量の本を読むとき、何から読んでいったら良いか途方に暮れますが、基本的に「人に薦められる」本を無差別に読んでいます。その本には「人に薦めたくなる」力があるからです。
 斎藤孝さんの選ばれた50冊は、「あとがき」によると、次のような基準によるものだそうです。
 この話が持ち上がったときに、どんな本を取り上げればいいのか? 膨大な候補の中から50冊を選び出すのは決して簡単なことではありませんでした。古今の名作とされているものから選び出すのか? (中略)  さ、どうする? (中略) だいたいの方向は決まりました。つまり、「人間の器を大きくしてくれる50冊」です。  人間は年齢にかかわらずその器を大きくしていくことができると、私は考えています。そして読書体験はそのために非常に役立ってくれるものなのです。(中略)読書とは、今ある自分とはまったく異なる性質の人間を心のなかに住まわせることであり、その分だけ、自分の器を大きくしてくれるものなのです。  本書で紹介する50冊の本は、どれも心を揺さぶり、人間の器を大きくする力がみなぎっています。もちろん読書には、知識を増やしたり、情報を得ることが目的になることもあります。けれども、読書でもっとも重要なのは、自分の心を耕すことであり、心を練り上げていくことにあると思うのです。
 たしかに、原文ではなく間接的な紹介文なのに、読んで「心揺さぶる」作品が多かったと思います。特に、戦時中の状況を描写した作品は、人間の心の本性を見つめさせられ、「心が耕された」気になりました。
 機会があれば、以下の本を読んでみたいと思います。まずは『悪童日記』あたりから、、、
目次
自伝・エッセイ
紫の履歴書(美輪明宏) チャップリン自伝(チャールズ・チャップリン) 若き数学者のアメリカ(藤原正彦) 生きて行く私(宇野千代) 父・こんなこと(幸田文) 自分の中に毒を持て あなたは“常識人間”を捨てられるか(岡本太郎) 色を奏でる(志村ふくみ・文/井上隆雄・写真)

ノンフィクション
神の肉体 清水宏保(吉井妙子) もの食う人びと(辺見庸) 聖の青春(大崎善生) ヨハン・クライフ スペクタルがフットボールを変える(ミゲルアンヘル・サントス) 素晴らしきラジオ体操(高橋秀実) 嬉遊曲、鳴りやまず 斎藤秀雄の生涯(中丸美繪) 印度放浪(藤原新也) パリ左岸のピアノ工房(T・E・カーハート)

身体・心理・哲学
胎児の世界 人類の生命記憶(三木成夫) 野口体操 からだに貞く(野口三千三) ことばが劈かれるとき(竹内敏晴) 「いき」の構造(九鬼周造) 開かれた小さな扉 ある自閉児をめぐる愛の記録(バージニア・M・アクスライン) ツァラテゥストラ(ニーチェ) ゲートとの対話(エッカーマン)

歴史 世に棲む日日(司馬遼太郎) 氷川清話 付勝海舟伝(勝海舟 勝部真長編) ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書(石光真人編著) 夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録(V・E・フランクル) 望郷と海(石原吉郎) 腕白小僧がいた(土門拳)

神話の世界 ギルガメシュ王ものがたり(ルドミラ・ゼーマン/文・絵) リトル・トリー(フォレスト・カーター) 神話の力(ジョーゼフ・キャンベル/ビル・モイヤーズ) 風の博物誌(ライアル・ワトソン)

絵本・漫画 クレーの絵本(パウル・クレー・絵/谷川俊太郎・詩) 高野文子作品集 絶対安全剃刀(高野文子) まんだら屋の良太(畑中純)

文学・小説ほか 中国行きのスロウ・ボート(村上春樹) 爆発道祖神(町田康) 風と光と二十の私と/夜長姫と耳男 【坂口安吾全集】(坂口安吾) 両手いっぱいの言葉 413のアフォリズム(寺山修司) 謎とき『罪と罰』(江川卓) 古典落語 志ん生集(古今亭志ん生 飯島友治編) ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー) トレインスポッティング(アーヴィン・ウェルシュ) 悪童日記(アゴタ・クリストフ) 停電の夜に(ジュンパ・ラヒリ) 欲望という名の電車(テネシー・ウィリアムズ) 微笑を誘う愛の物語(ミラン・クンデラ) 百年の孤独(G・ガルシア=マルケス) O・ヘンリ短編集(O・ヘンリ) 小説作法(スティーヴン・キング)


Link: 藤沢烈 BLOG

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

武士語・よしお語・練マザ語

変換したいでござる云葉を入力して奉り候メ~ン。でもそんなの関係ねぇ! ↓

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)