The Spirit Carries On / DREAM THEATER

「不一不異」という言葉が仏教にあります。肉体と魂の関係を表した言葉のようです。
 新陳代謝によって私達の体の全細胞が入れ替わるのは約7年だといわれます。だから7年前の自分と今の私は物質的には別人、「不一」です。しかし、昔も今も「私」は「私」、同一人物だから「不異」。
 譬えると、肉体は貯金通帳、魂は金額といったところでしょうか。  記載スペースがなくなれば通帳は新しくしますが、金額は引き継がれます。
 そして、どんなに古くて汚い通帳でも高額貯金されていれば大事にするし、通帳がどんなに新しくて綺麗でも、1円しかなければ失ってもさほど問題ではありません。通帳よりも大事なのが金額だということです。
 魂の宿る器が肉体ですから、体は大事にせねばなりませんが、死ぬときは焼かれて白骨と灰になり、自然に返ります。
 では、肉体より大切な魂は、死ねばどうなるのでしょうか?
「有」から「無」になることはあり得ないので、輪廻転生する、と考えるのが適当かもしれません。
 さて、前置きが長くなりましたが、「輪廻転生」をテーマにした名盤がこれ。
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (5)

プラトーン(Platoon) 監督:オリヴァー・ストーン

 1965年に名門エール大学を中退し、上流階級の地位を捨てて、ベトナムで英語教師を務めた。67年には志願して米軍の歩兵となり、かの地を踏んだ若きオリバー・ストーン。ヒロイックな正義感で戦場に赴いてしまった当時の自分を内省し、その凄絶なる体験を告白した自伝的作品である。  彼の分身である兵士の目を通じて映しだされるのは、最前線での狂信的な隊長と班長の対立。そして極限の状況下での虐殺、強姦など、人間最大の愚行。ストーンは脚本執筆後、約10年間ねばって映画化を果たし、アカデミー作品賞、監督賞、編集賞、音響賞の4部門を獲得した。テーマ曲であるサミュエル・バーバー作曲の『弦楽ためのアダージョ』を奏でたジョルジョ・ドルリューの音楽が、悲愴感をいっそう高めている。(轟夕起夫)
(アマゾンのレヴューより)

 ベトナム戦争の時代的背景などよく知らないまま、確か中学生ぐらいの時にTVで見ました。戦争という名の下に、見知らぬもの同士が殺し合わねばならない現実、残酷さに目を覆いたくなりました。憎悪の感情がなくとも、人の心は、異常な状況下でここまで狂気になれるのかと衝撃を受け、その悲惨さは、バーバーの『弦楽のためのアダージョ』と相まって涙を誘います。
 もともとバーバーの曲が聴きたくて見たのですが、戦争について否応なしに考えさせられる映画でした。
平成 (平和に成る)
“平和が大嫌い”と言っている者が、戦争を始めるのではない。 世界の歴史を見ると、平和を強く叫んでいた者が、人殺ししたり戦争を起こしている
という言葉があるように、戦争と平和は対義語ではないという主張も頷けます。カール・フォン・クラウゼヴィッツは「戦争は政治の一手段である」とし、小林よしのり氏は「平和」の反対は「混乱」であり「戦争」の反対は「話し合い」だと主張しています。  平和を強く主張さえしておれば戦争はなくなる、という単純なものではなさそうです。なぜ人を殺してはいけないのか、という人命の尊さの根拠から明らかにすることが大切なのかもしれません。
Platoon Music Video Adagio For Strings / SAMUEL BARBER

 サントラのミュージシャンを見ると、ドアーズやジェファーソン・エアプレイン、アレサ・フランクリンなどの名前もあり、改めてチェックしたくなりました。
 ところで、誰かが個人的に作ったものですが、映像に METALLICA の The Unnamed Feeling を重ね合わせたものを見つけました。非常に残酷なシーンがより一層残虐に見えます。
Platoon Music Video – The Unnamed Feeling by Metallica


Links: サントラ・パラダイス 映画音楽 鴨東記 プラトーン の評価 SIDERA(シデラ) IN MY LIFE 不可思議の海岸線が長くなる為に・・・ ベトナム戦争 戦争と平和


Soundtrack
内容(「CDジャーナル」データベースより) 「カラーパープル」,「ミッション」,続いて「プラトーン」と,人間存在の根元を問う映画があいついで上映されている。アメリカの良心を持つ人たちが,こういったA級映画を製作する実力を持つようになってきたことは嬉しい限りだ。極めてアメリカ的なヒット曲の選曲によって,戦争を扱った映画に凄みを加えている。


1.The Village – Adagio For Strings (1:46) / SAMUEL BARBER 2.Tracks Of My Tears (2:57) / SMOKEY ROBINSON試聴 3.Okie From Muskogee (3:05) / MERLE HAGGARD試聴 4.Hello, I Love You (2:13) / THE DOORS試聴 5.White Rabbit (2:33) / JEFFERSON AIRPLANE試聴 6.Barnes Shoots Elias (3:10) / GEORGES DELERUE試聴 7.Respect (2:28) / ARETHA FRANKLIN試聴 8.(Sittin’ On) The Dock Of The Bay (2:45) / OTIS REDDING試聴 9.When A Man Loves A Woman (2:52) / PERCY SLEDGE試聴 10.Groovin’ (2:31) / THE RASCALS試聴 11.Adagio For Strings (6:53) / SAMUEL BARBER

監督  オリヴァー・ストーン
製作総指揮  ジョン・デイリー  デレク・ギブソン
製作  アーノルド・コペルソン
脚本  オリヴァー・ストーン
出演者  チャーリー・シーン  ウィレム・デフォー  トム・ベレンジャー  フォレスト・ウィテカー  ジョニー・デップ
音楽  ジョルジュ・ドルリュー
撮影  ロバート・リチャードソン
編集  クレア・シンプソン
配給  アメリカ合衆国:オライオン・ピクチャーズ  日本:ワーナー・ブラザーズ
公開  アメリカ合衆国:1986年12月19日  日本:1987年4月29日
上映時間  120分
製作国  アメリカ合衆国
言語  英語
制作費  600万$
興行収入  アメリカ合衆国:1億3800万$

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

とどろき / 平成20年4月

 今月の「この意味知ってる?」のコーナーは「あきらめる」です。
 この言葉は仏教から出た言葉なんですね!
 語源は「あきらかにみる」。これを早く言うと、、、
 アキラカニミル、アキラカニミル、アキラカニミル、アキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカニミルアキラカイミルアキラカミルアキラミルアキラミルアキラメルアキラメルアキラメル、、、アキラメル!
 実はポジティヴな言葉だったのです。
「あきらめる」って、どんな時に使うでしょう? 道で財布を落としたとき、 片思いの人が結婚してしまった時。 あまりよい意味では使われませんね。 この言葉、実は仏教からでたことばなのです。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 
このダイエット食品、ずっとつかってるけど全然やせないのよ。   ほかのに変えようかしら……
アキラメたら?
何よ!一生懸命やってるのに……
まあまあ、おちついて
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 
アキラメルとは漢字で諦観と書き、 アキラカニミルと読みます。 これは、大宇宙の真理をアキラカニミルという意味。
「真理」とは、 “幸せは善い行い、 不幸は悪い行いの果報であり、 いずれも自分の行為の結果” と教える因果の道理のことです。 仏教は進歩向上主義、因果の道理を諦(あきら)かに観(み)れば なぜ自分はこんな報いが来たのか、 原因を徹底的に追究し、二度と同じ失敗をせぬよう、 努力するようになるのです。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 
やせない原因はコレ! あきらかにみないとね
いい加減にしてやめたり、ごまかすのとは違うのね!

Filed under: 未分類     6:30 PM  Comments (0)

空耳アワー(ARCH ENEMY編)

いやはや
こんなところに
空耳アワー
があったとは!
画面中央、下部のコメントに注目してみてくれなまし。


Arch Enemy – Enemy Within (Live)
この映像はYouTubeで何度も見たんですが、
今まで気付きませんでした。
(´艸`)
ただ、ネガティヴなコメントはやめて欲しい、、、

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

マーラー / 交響曲第3番 ニ短調

 第1楽章だけでも30分以上、全体で約100分を要する6楽章編成のこの交響曲は、当初7楽章の構想だったようですが、第7楽章は第4番の第4楽章になりました。
「長い」というだけで敬遠するのは勿体ない名曲だと思います。普通マーラーといったら、大地の歌10番などが人気が高いと思われますが、私は2番と同じくらいこの3番が好きです。
 ちなみに、私が持っているCDは、ロリン・マゼール指揮のウィーン・フィルが110分、ゲオルグ・ショルティ指揮のロンドン交響楽団が93分の演奏時間です。両者聴き比べるとかなり違った感じを受けます。
 第1楽章冒頭(第1部 序奏)はブラームスの交響曲第1番第4楽章の有名な部分(これの31秒以降)にそっくりで初めて聴いたときはびっくりしました。ちょうど、第5番イントロメンデルスゾーン結婚行進曲に似ているような驚きでした。
 この作品は、以下のような表題がつけれていましたが、後に誤解を受けるとして、作曲者自身の手により削除されました。
第一部 序奏 「牧神(パン)が目覚める」 第1楽章 「夏が行進してくる(バッカスの行進)」 
第二部 第2楽章 「野原の花々が私に語ること」 第3楽章 「森の動物たちが私に語ること」 第4楽章 「夜が私に語ること」 第5楽章 「天使たちが私に語ること」 第6楽章 「愛が私に語ること」
 曲の感じと、つけられなかった表題と、大体のイメージは一致します。第2楽章や第3楽章は「ほのぼの」した雰囲気が好きです。そして、静かな第4楽章、可愛らしい第5楽章も良いのですが、何といっても最も好きなのは第6楽章です。大変美しいです。
心に潤いが欲しい方は、ここをクリック! ↓ Symphony 3. Mov. 6 (1/3)
Symphony 3. Mov. 6 (2/3)
Symphony 3. Mov. 6 (3/3)

 初期マーラーの交響曲は、聴き終えると、苦悩を乗り越えて勝利を手にしたような感動を得られるので、気持ちが前向きにさせられます。

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

Good Morphing!

モーフィング 【morphing】
 ある形状から別の形状へ徐々に変化していく様子を動画で表現するために、その中間を補うための画像を作成すること。morphingは “move”(動き) と “morphology”(形態) から生まれた造語であるという説と、”metamorphosis”(変形、変態) から生まれた造語であるという説がある。前後のコマの画像の要素から、中間の画像を作り出すことを何度も行なうと、滑らかに変化するモーフィングの動画が得られる。最初と最後の画像を与えると、中間状態を自動的に生成するアプリケーションソフトも存在する。
ということですが、
例えば Women In Art
とか
Michael Jackson
などがその成果ですね。
他には 3D morphable model face animation (これはすごい!)

Kitty said what? – Morphing Kittens (これはカワイイ!)
も。


では、私も、、、
ということで、
MorphThingというサイトで作ってみました。

おお、さすが美男美女の組み合わせは
カッコイイ!
(色が少し不自然だけど)



次に、モナリザ
レントゲン写真にかけてみると、、、





((;゚д゚))





Morph Mona Lisa's Face Online -
Morph Skull's Face Online -
||
The faces of Mona Lisa and Skull combined together -










Morph Scream's Face Online -
レントゲンの前では、 美人も、醜女も、富める者も、貧しい者も、 老少男女の違いもなく、ただ見苦しい骨の連鎖ばかり


しかしやはり
醜女より美人が好き(^o^;ゞ

そこでクイズ
これは誰でしょう
↓ (1) Ayumi Hamasaki's Face Combined with Zhang Ziyi -
(2) The faces of Emilie de Ravin and Christina Aguilera combined together -
(3) Britney Spears's Face Combined with Christina Aguilera -
(4) Britney Spears and Christina Aguilera's Face Combined with Emilie de Ravin -

答えは画像をクリック!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

Fernando Miyata(フェルナンド・宮田)

4月19日
この人誰?
と訪ねたところ、
tommyちゃん

が調べてくれました! 謝(^人^)謝
F・宮田さんです。
ブラジルのギタリストということで、
キコ・ルーレイロと関係あるのかな?
と思っていたら、どうやら「師弟関係」との記述も!

確かにキコさんと共演していますので、
どうやら
「キコの弟子、宮田君」
で間違いなさそうです。
詳細を知っている方、まだまだ情報求む!


こういう映像は、
YouTube よりも ニコニコ動画の方が面白いですね
(^m^)
【注】
再生に不具合が生じる方は、こちらを参照すると良いかも?









Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (5)

MÖTLEY CRÜE / Too Fast for Love

 モトリー・クルーは、高校時代『Dr.Feelgood』(1989)がきっかけで好きになりました。  当時は「ニッキー・シックス死亡事件」が起きた後、最悪の状態から復活した時で、かなり健康的なイメージを受けました。  その後『Girls, Girls, Girls』(1987)、『Theatre of Pain』(1985)、『Shout at the Devil』(1983)と遡って聴き、すっかりお気に入りバンドとなり、1990年、「Dr. Feelgood Tour」の武道館公演にも行きました。生涯で初のライヴでした。右も左も分からないまま友人に連れられ、2階席後ろの方で観ましたが、ヴィンス・ニールの声の調子が良く、素晴らしい内容だったと記憶しています。
 その後だったと思います、このアルバムを聴いたのは。1981年の1stアルバム、邦題は『華麗なる激情 』です。ジャケットは、ここでもやりましたが THE ROLLING STONES『Sticky Fingers』とそっくりですね。
 まず、1曲目。
Live Wire
 素晴らしい! 音質的にはアマチュア・バンドのデモ・テープ並みですが、楽曲が良いです。古典的HR/HMの典型とも言うべきスピード、メロディが魅力的です。この曲のファンは多いようですね。私も、全モトリーの曲の中でこれは1、2を争う名曲だと思っています。  ベスト盤の『Decade of Decadence』では、向上した音質のリミックスヴァージョンが聴け、また、今はボーナストラック付きのリマスター盤が出ているようですが、荒々しいオリジナルも捨て難いです。
 が、、、
 2曲目以降は、(9)「On With The Show」を除いて、どうも好きになれませんでした、なぜか。特にカウベルの音に間の抜けた印象を受けていました。そんな訳で、久しくこのアルバムは聴いていなかったのですが、先日久々に、聴いてみたところ、、、
(・∀・)何の問題もなく、普通に聴けました。いやぁ、結構良いじゃないですか!
 数あるギタリストの中で、地味で有名な(失礼!)ミック・マーズのプレイが良いと思いました!(3)「Public Enemy #1」のシンプルながらメロディアスなソロや、(6)「Piece Of Your Action」、(7)「Starry Eyes」のリフなど改めて好きになりました。
 そして、ラスト(9)「On With The Show」これは初めて聴いた時から好きでした(^o^)
これ ↓ (from Carnival Of Sins )


LINKS: MEICHIKUなんでもぶろぐ 微ネタBLOG Spirit In The Sky 通勤電車で聴くHR/HMのススメ minami☆日記 このCDを買え!



Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

UNIQLO ONLINE BUZZ MAGAZINE “UNIQLO TODAY”

「4/4 UNIQLO TODAYリニューアル!」というお知らせを受け取ったのは大分前のことでしたが、特に書く事がないので放置していました(汗)
それよりも、「中村勇吾 / amaztype, UNIQLO.com」の項で書いたとおり、HPの作りそのものが非常に魅力的で面白いと思います。
 中村勇吾さん、注目アーティストの一人です。

Filed under: 未分類     6:00 PM  Comments (0)

心霊写真

心霊写真変換 というサイトがあったので、 作ってみました。
心霊写真を。
「兵隊さん」「JUON」「サダコ」 の3種類の霊が作れるということなので、、、
まず、適当に 「美しい風景」 と画像検索した写真がこちら ↓ f:id:charlie432:20080419102209j:image

これを心霊写真風に変換すると、、、

兵隊 f:id:charlie432:20080419102248j:image

JUON f:id:charlie432:20080419102305j:image

サダコ f:id:charlie432:20080419102323j:image
なんですが、
怖くない、、、(^。^;ゞ
というか、むしろ、
幻想的で綺麗(^o^)
なような気も?
サイトのサンプル画像をみると、、、
f:id:charlie432:20080419102355j:image
f:id:charlie432:20080419102354j:image
f:id:charlie432:20080419102353j:image
おお!!
これは怖い((;゚Д゚))
かも?
なるほど、楽しそうな写真を使うのが
心霊写真ぽく見せるコツかもしれない
と思いました。
(^o^)


で、
ここで、幽霊について調べてみましたが、
天親菩薩の『倶舎論』の中に、
人が死んで次の生を受けるまでの期間を中有界という
と説かれています。
ある文献によれば、
 此の中有界は長く住することを好まず速に次生の境界を求めて生命を托することを切望する故に短い者で七日間、長く逗留するものでも七、七、四十九日間である。  併し次の境界に生まるべき因縁が熟さないものは何時までも中有界に居る訳である。  彼らは失業者が職場を求めて走り廻る様に早く自分の生まれる場処を求める。  何しろ眼玉がよく光って何処でも見え行動自在だからよろしい。  先ず男女性交の機会を狙うというから多分に夜中のことで人の寝静まるのを狙って新婚夫婦の夜のお仕事が始まる頃であろう。  賢い子供を生みたいと思ってエロ雑誌等を参照して受胎の生理を研究している者は、その室の中に猫や犬や乞食の亡霊が待ちかまえて居ることを知るべきである。  男に生まれる者は母を相手に愛を起こす。  女に生まれる者は男に惚れる。
んだそうですが、
この中有界と幽霊とは関係あるのでしょうか?
遭遇したら本人に聞いてみたいところですが、
未だかつて幽霊を見たことないし、
実際に会って冷静でおれるかどうか、、、
そもそも幽霊と会話って、できるのでしょうか?
┐(゚ぺ;)┌

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)