とどろき / 平成20年6月

 仏教では、私たちの犯す色々の罪悪をまとめて、「十悪」と教えられています。貪欲、瞋恚、愚痴、綺語、両舌、悪口(あっこう)、妄語、殺生、偸盗、邪淫の10の罪です。
 そして、その「十悪」よりも重いと教えられているのが「五逆罪」、5つの恐ろしい罪です。
 中でも、最初に挙げられているのが親を殺す罪です。
 16歳の少年が金属バットでお母さんを殴り殺したとか、50代の男が年老いた母親を刺し殺したなどという事件が、時々耳に入ってきます。赤ん坊のころは、お乳を飲ませてもらったり、おむつを取り替えてもらったのではありませんか。病気になれば寝ずに看病してもらったり、離れていれば、いつも心配してもらって成長してきたのです。そんな大恩ある親を自らの手で殺すなど、人間の心を持たぬ鬼の仕業ではないかとさえ思われます。  仏教では、このような親殺しの大罪は、最も苦しみの激しい「無間業」であると教えられています。
 こう聞くと、自分には関係ないと思う人が多いと思いますが、
 ところが親鸞聖人は、このように手にかけて殺すばかりが親殺しではないのだよと、
 親をそしる者をば五逆の者と申すなり
(末灯鈔)
と言われています。親をそしるのも五逆の罪なのです。「早く死んでしまえ」などと言うのは無論ですが、「うるさい」「あっちへ行け」などとののしるのも、親を殺しているのです。  また仏教では、心を最も重くみられます。一つ屋根の下に暮らしておりながら、ろくに口もきかず、食事も別々に取り、呼ばれても聞こえないふりして親を邪魔者扱いしているのは、心で親を殺しています。世話を嫌って、「邪魔だなあ」「いい加減に死んでくれたら」という、とても他人には言えない心が噴き上がってこないでしょうか。  数年前、女手一つで、4人の男の子を大学まで出させ、一流企業に入社、結婚させたお母さんの悲劇が紹介されていました。その4人の兄弟夫婦が集まり、年老いた母の面倒を誰が見るか、ということで深夜まで激論したが、誰一人として面倒を見ると言う者がいなかった。その一部始終を隣の部屋で聞いていた母親は、翌朝、電車に飛び込み、自殺したのです。手にかけて殺さずとも、私たちは心でどれだけ親を殺しているか分かりません。
(『言葉の宝石 正信偈』p.71~より)

 体だけで考えれば、親を殺した経験のある人はごくごく稀でしょう。しかし、口や心で、生まれてから一度も親を犯したことがない、と胸を張って言える人はどれだけいるでしょうか? 残念ながら私は数え切れないほど心で「うるさいなあ」と思ってきました。今思えば恐ろしい罪を犯してきたなぁ、、、いや、今でも縁がきたら、、、と反省です。
 反対に
 中国の蒋介石は、母の死後、自分の誕生日には朝食を取ろうとしなかったといいます。 「子の誕生日は、母親にとっては、産みの苦しみを経験した日でもある。子としては、ただ、誕生を喜ぶだけでなく、母の苦痛をもしのばなくてはならない。そのために食を絶ち、母のことを思っているのだ*
(『親のご恩の話』p.36より)

と紹介されていますが、確かに自分の誕生日は母の苦痛を偲ぶ日とさせていただきたいと思います。
*サンケイ新聞社『改訂特装版 蒋介石秘録』上 サンケイ出版

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

JUDAS PRIEST / Nostradamus

 JUDAS PRIEST の最高傑作は?と聴かれると困ってしまうのですが、多分『Painkiller』を挙げる人が多いのではないでしょうか。それだけに1992年のロブ・ハルフォード脱退ほどショックな出来事はなかったし、2004年、再びロブがプリーストに復帰したニュースほどファンを湧かせたことはなかったでしょう。
『Painkiller』を凌駕する作品が期待される中、発表された2005年の『Angel of Retribution』。これまた素晴らしいアルバムでした。(7)「Angel」以降の流れは特に素晴らしいです。
 そして、続く『Nostradamus』。一度聴いて、これこそ最高傑作か、過去の集大成アルバムか!と思いました。あるいは原点回帰かと。スタジオアルバム16枚目にして、バンド初のコンセプトアルバムです。ノストラダムスの予言ではなく、彼自身の波乱万丈の人生がテーマの2枚組み。2枚に分けたというより、時間の都合で2枚になった、というところでしょう。
All of us in Judas Priest have enjoyed an extraordinary experience making our metal form into this man’s life and we hope that you, our fans, derive the same feelings now as you listen and let your mind escape with “Nostradamus”.
JUDAS PRIEST
* * * * * * * * * * * * *
ジューダス・プリーストは、自らのメタル・ミュージックを一人の男の人生と重ねるという、実に貴重な経験を楽しませてもらった。ぜひファンのみなさんにもこの『ノストラダムス』を聴くことで同じ気持ちを抱き、心を解き放っていただきたい。
「メタル・オペラ」と形容され、2枚組み100分のこの大作はまさしくオペラ、あるいはプログレともいえるでしょう。個々の曲ではなく、アルバム全体を通して雰囲気や流れを味わうと、本当に感動的です。そういう意味で、1976年の2nd『Sad Wings of Destiny』や1977年の3rd『Sin after Sin』を彷彿とさせます。これは前作『Angel of Retribution』の後半にも感じられることです。
 また、「彼の人生は(中略)そこにはメタルの要素がある。誰かに押されても、戦って強く自分でいることをメタルでは歌うが、それこそがノストラダムスに必要なことだった」とロブの言葉にあるように、『Deffenders of the Faith』の世界観が窺われ、また楽曲的にも近いものを感じます。
 そして『Painkiller』の後半、「Night Crawler」「A Touch of Evil」を思わせるメロディアスなヴォーカル、「One Shot at Glory」の華麗なツインギターを思わせるところも出てきて嬉しい限りです。
 しんみりと泣かせる曲調が多いと思うので、刺激を求めるには物足りないかもしれませんが、決してアグレッシヴで速い曲がないわけではありません。じっくり聴けばより良さがわかる、スルメ盤といえるかもしれません。
 高音はあまり出てきませんが、中音域のロブのヴォーカルが実に力強く、全く年齢を感じさせないところに感服です。  グレン・ティプトン(60歳)とK.K.ダウニング(56歳)のツインギターも「まだまだ若い者には負けねえぞ!」という気迫+円熟を感じます。『Turbo』以来のシンセギターも良いです。  そして、ドラムとベース。重々しいアルバムのコンセプトの雰囲気を作り出す重低音が良いです。
年老いて、尚、強い気持と、生への渇望を持ち続けたノストラダムスの人生を、彼の知性と共通する屈強さで描き切ったこのアルバムは、ロック史上、最も重要な作品の一つとして語り継がれることになるだろう。
2008.5.21 伊藤政則/MASA ITO



Judas Priest Nostradamus War music video promo

Judas Priest – Nostradamus New Album Previews
Judas Priest Nostradamus Teaser

Track List:
Act 1 1. Dawn Of Creation → 試聴 2. Prophecy → 試聴 3. Awakening → 試聴 4. Revelations → 試聴 5. The Four Horseman → 試聴 6. War → 試聴 7. Sands Of Time → 試聴 8. Pestilence and Plaque → 試聴 9. Death → 試聴 10. Peace → 試聴 11. Conquest → 試聴 12. Lost Love → 試聴 13. Persecution → 試聴
Act 2 1. Solitude → 試聴 2. Exiled → 試聴 3. Alone → 試聴 4. Shadows In The Flame → 試聴 5. Visions → 試聴 6. Hope → 試聴 7. New Beginnings → 試聴 8. Calm Before The Storm → 試聴 9. Nostradamus → 試聴 10. Future of Mankind → 試聴

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (8)

つと躍動がほしいな(BlogPet)

つとむは躍動がほしいな。
チャーリー432もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     7:53 AM  Comments (0)

絶対彼氏(速水もこみち、水嶋ヒロ、相武紗季:主演、渡瀬悠宇:原作)

 絶対的な愛を捧げぬくイケメン恋人型ロボット天城ナイト(速水もこみち)と「失恋女王」井沢梨衣子(相武紗季)の心温まるストーリー、最後、非常に感動的でした。
 最初のうちは、
「俺はリイコを愛してるよ」 「どうせ、そう言えってプログラムされているんでしょ!」 「そうだよ。でも俺はリイコを愛しているんだよ」 「もう!ヽ(`δ´)ノ」
といった感じで、融通のきかない、だけどすごくいい人ナイトの演技が面白くて、楽しく見ていました。ナイトは梨衣子の「理想の彼氏」と設定されているのですが、相手がロボットと分かっているので当然梨衣子は彼氏と認めることはできません。
 ところが、ナイトの言動に次第に異変が。恋のライバル創志さん(水嶋ヒロ)に対し、嫉妬プログラムに従っているかのように見えたナイトですが、実は本当に嫉妬の心を抱いていたのです。
 ロボット開発者、並切さん(佐々木蔵之介)も驚くほどナイトは自我に目覚め、プログラム制御下ではない、自発的な「感情」を持つようになります。
「俺は、リイコの笑顔を見ていると、すごく幸せなんです」
 ナイトの献身的な優しさと、創志さんへの思いの間で梨衣子は戸惑いますが、所詮ナイトはロボットです。頑なに「ナイトは彼氏なんかじゃない」と主張します。
 さて、ナイト、梨衣子、創志の関係はどうなるのか? 最終回で、涙の結末が待ち構えています。
第11話(最終回)キセキ

 第1回~第10回動画は、、、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

メンデルスゾーン / ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

メンデルスゾーン
 13歳の頃は左のような美少女美少年だったとは知らなかったメンデルスゾーン(クリックで拡大します)。しかし、年月を経ると右のような姿に、、、このサイトから画像を拝借してきたのですがです。
 まあ、でも人の良さそうな印象を受けますね(^^;ゞ
 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、今から150年以上前の作品ですが、この曲の美しさは時代が変わっても失われることがありません。第1楽章冒頭、聴いたことのない人はいないのではないでしょうか。ベートーヴェンブラームスのと合わせ三大ヴァイオリン協奏曲と言われるだけあります。
 叙情的な第2楽章、躍動感あふれる第3楽章も素晴らしいです。数あるヴァイオリン協奏曲の中でも、最も好きな曲の一つです。
 ちなみに「3大ヴァイオリン協奏曲」と言ったとき、チャイコフスキーのが入ることもあるようですが、では、個人的にはヴィエニャフスキーブルッフヴィオッティ22番)も加えたいところです。あ、そうそう、モーツァルトも、、、
Sarah Chang (violin) New York Philharmonic & Kurt Masur
AVERY FISHER HALL 1995

第1楽章(1)
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

ショーソン / 詩曲

 パリ音楽院マスネーに学んだものの、フランクに傾倒、また、ワーグナーの影響で国民音楽協会の一員として活動したショーソン。44歳の時、自転車で散策中に自動車にはねられて亡くなったそうで、お気の毒です。でも、他人事とは思えません。安全運転に心掛けたいと思います。
 さて、そのショーソンが1896年、41歳の時に作ったのが「ヴァイオリンとオーケストラのための詩曲」、簡約して通常「詩曲」と呼ばれます。ヴァイオリンの名手イザイに捧げられた曲で、彼の代表作と言えます。
 すごく切なく、美しいのですが、感情に訴えることのない冷めた魅力があります。絵画にたとえると、動植物の描かれていない、岩や河だけの、ぼんやりとモヤがかかった風景画のような感じでしょうか。必ずしも聴きやすい曲とは言えないかも知れませんが、聴き終えると心が浄化されたような感覚になります。その点、シェーンベルク「清められた夜」に通ずる感想です。
 楽曲的にはヴァイオリンの難易度が高そうです。     Links: ショーソン 詩曲 Op.25|音に巡る想い 僕だけの青 : 6/17 ショーソン「詩曲」 Sous le Ciel de Paris | Reminiscencesについて。E.ショーソン作曲 「詩曲」とG.フォーレ作曲 「ヴァイオリンとピアノの為のソナタ第1番」について。 神戸阪神地域芸術文化情報 : ジャック・ティボーの芸術(8)ショーソン:詩曲 作品25

David Oistrakh plays Chausson Poeme (part 1 of 2)
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

ショパン / ピアノ協奏曲第1番 ホ短調

 ショパンは2曲のピアノ協奏曲を残しており、作曲、初演は2番の方が先ですが、出版の順番から、遅く書かれたこちらが第1番となりました。第1番が20歳、第2番が19歳の時の作品ですから、今でたとえると、Yngwie Malmsteen が 20歳で STEELER デビュー、Alexi Laiho 18歳の時に CHILDREN OF BODOM の1stを発表したようなものでしょうか。
 第1楽章。故郷ワルシャワを離れ、ウィーンに出発する際の告別演奏会で、本人のピアノで初演された曲ですが、悲壮な決意を感じさせます。シューマン的な印象も?
 第2楽章、非常に美しいです。リストの「愛の夢第3番」を感じさせるところもあります。
 第3楽章、いかにもショパンらしい感じがする華やかなロンドです。ポーランドの民族舞踊の1つである「クラコヴィヤク」を基にしたそうです。
 ところで、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

モーツァルト / ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219 『トルコ風』

 モーツァルトの番号つきヴァイオリン協奏曲は7曲までありますが、第6、7番はモーツァルトの作品かどうか疑問視されていますので、一般には5曲とされています。その5曲は1975年、19歳の時にまとめて書き上げられており、どれも非常に素晴らしいのですが、中でもこの第5番は、他の4曲と比べ、特に完成度が高い作品だと思います。第3楽章で突然表れるイ短調の曲調が軍楽風なので「トルコ風」というあだ名でも知られています。
 いかにもモーツァルトらしい、明るく華やかで、堂々とした協奏曲ですが、どことなく陰りというか悲しみのようなものを感じてしまうのは私だけでしょうか? モーツァルトは、天才ゆえに他人から理解されない苦悩を抱えていた人なのではないか、と思ってしまいます。
 顔で笑って心で泣いているような、不思議な感覚の多いモーツァルトの中でも、とくに好きな1曲です。
Janine Jansen violin European Union Youth Orchestra Vladimir Ashkenazy conductor
第1楽章(冒頭)
続きを読む…

Filed under: 未分類     3:15 PM  Comments (0)

リスト / ピアノ協奏曲第1番

 第3楽章でトライアングルが活躍することから、「トライアングル協奏曲」とも知られますが、それよりも第1楽章冒頭のインパクトの方が強いと思います。リストピアノ協奏曲第1番は4楽章形式ですが、冒頭の主題が第3楽章後半に出てきたり、第2楽章の主題は第4楽章で姿を変えて再現されたりする(言われないと気づきにくい!)ので、通して聴くと単一楽章のようです。CDによっては、第2、第3楽章を同トラックに収録しているものもあるようです。20分に満たない演奏時間、あっという間に終わってしまう、慌しい印象を受けますが、個人的にはベートーヴェンチャイコフスキーのピアノ協奏曲のように華やかな曲だと思います。


音に巡る想い golf130のクラシック原理主義 ショパンとリスト


Martha Argerich & Christoph von Dohnanyi conducting Berlin Radio Symphony Orchestra
第1楽章
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:42 PM  Comments (0)

ARGUMENT SOUL / Sample CD

 知人に ARGUMENT SOUL のサンプルCDを紹介されました。名古屋のバンドですが、初めて聴いたときは VICIOUS RUMORSNEVERMORE( or SANCTUARY) かと思いました。収録曲は「Conflict of Crisis」「The Scum of Society」の2曲。あの名盤『Welcome to the Balls』を彷彿とさせる素晴らしい内容です。MySpace でも試聴できますのでこちらをどうぞ→試聴
 ヴォーカルの神谷さんはロブ・ハルフォードジェフ・テイトと比べても勝るとも劣らないパワフル・ハイトーン、絶大なる歌唱力を誇っています。先述した VICIOUS RUMORS のカール・アルバートか、NEVERMORE のウォーレル・デインにも通ずる声質だと思います。恐れ多くも mixi でマイミクさんにならせて頂きましたが、アゴの骨折という、ヴォーカリストとしては致命的な怪我を克服しての復帰には頭が下がります。
 疾走するベース、ドラムやメロディアスなギターソロなど、バックの演奏も安定しており、世界を舞台に、日本を代表するバンドとして通用する実力派。現在2ndアルバムを作成中ですが、BURRN!で81点をとった1stを上回る出来が期待できそうです!

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)