JUDAS PRIEST / Live at Budokan

武道館(ジューダス・プリースト08)
 とにかく凄く良いライヴでした。
 事前に「ロブの調子が良い」と聞いていたので、かなり期待して臨んだところ、その期待を裏切らないどころか、はるかに上回るものでした。「感涙にむせんで前が見えなかった」、、、ことはありませんでしたが、形容詞として、そのぐらいの満足感を頂きました。
 演奏、音、選曲、これが良かったのが最たる要因ですが、加えてオーディエンスの反応! これですよ! ライヴならではの醍醐味! 一体感! 客席の雰囲気がすごく良かったです。
 始まる前、隣の人に声をかけたら、北陸から初めて武道館に来たという、おとなしそうな、自分と同じライヴ慣れしていない人で、見るからにドキドキ、ワクワクな感じの推定年齢30代。他にも、「PRIEST 愛してますぅ~」オーラぷんぷんの人が前にも後ろにも、左右にも。一音も聞き逃すまい、乗り損ねまい、という意気込みのファンが多かったように思います。
 10代後半の学生らしき人から50代ぐらいのおじさん、おば…お姉さんまで、幅広い層の人が一斉に曲に合わせ、拳を挙げ、合唱し、首を振る。そんな光景の中に身を置き、一緒に歌うのは非常に気持ちよかったです。会場にいた観客全てが、ジューダス・プリースト6人目のメンバーとして、ライヴを盛り上げていた――そんな表現がぴったりでした。何せ、ギターの音より歓声の方が大きいのではないか、と思えることしばしばでしたから(実際にはそんなことはないでしょうが)。
 その空気は、会場が暗転した瞬間にすでに出来上がっており、イントロの「Dawn of creation」がかかると大歓声とともに全員が立ち上がり、大きな拍手を持ってメンバーが現れるのを待ちました。
 最初に現れたのが、ステージ上方ドラム・セットにスコット・トラヴィス。続いて、ギター、ベースが始まると、KK・ダウニング、グレン・ティプトン、イアン・ヒルがその下に登場。しかしロブの姿は見えません(ただ、気づかなかっただけ?)
 そしていよいよ、ヴォーカル・パートが始まると、左上方に杖をたずさえ銀色のマントに身を包めた、予言者か魔法使いを思わせる人物が! そう、TESTAMENT の『Souls of Black』のジャケットのようなロブ・ハルフォードです。この時点ではまだ顔はフードに隠れて見えないのですが、歓声は一段と大きくなります。そしてマントを脱ぎ、頭部に彫られたタトゥー、髭をたくわえた貫禄十分のロブの顔が見えると、会場はまるで教祖様を拝む信者のような熱狂の渦に!!
 声の調子が良かったこともありますが、ロブ・ハルフォードというシンガーの「存在即ちヘヴィ・メタル」というカリスマ性を目の当たりにした瞬間でした。鋼鉄魂ここに宿れり! 全身から放つオーラは凄まじいものがありました。
 それにしてもロブの調子が良い!
 おそらく多くの人がそう感じたと思います。低音から高音まで、これが60歳近い人の出す声か、と驚きました。そしてゆったりとした動き。決して緩慢ではなく、貫禄を感じさせるものでした。ヴォーカルというか役者の演技に近いものを感じました。「Between the hammer and the anvil」では旗を振り、「Death」では王者の席に座り熱唱、「Hell bent for leather」ではハーレーに乗って登場、その他、階段を登ったり降りたり……。
Tシャツ(ジューダス・プリースト)
 KKは会場後方からだとダグ・アルドリッチのような美男子に見えたし、グレンもかっこよかったです。「Sinner」におけるソロは若干音が聴き辛かったですが、かなりの熱演でした。プリーストのギターワークは「Breaking the law」「The hellion」はじめ、メロディアスなものが多いので、「オ~オオオ~オ~オオ~♪」とギターの旋律を歌う場面が何度かありました。
 そして何と!イアンのベース・プレイが良かったです。2人のギターよりも激しく動いていたと思います。客席から「イア~~ン」と叫ぶ声、3回くらい聞きました。
 ドラムのスコット・トラヴィスは筋肉ムキムキ、バチ遊びもいろいろ見せてくれました。
 私は今回プリースト初体験でしたが、講演終了後あちこちから聞こえてきた会話が「前回より断然良かったよね」というものです。ほぉ、やはりそうかと思いました。  しかし、演奏、選曲の良さ以上に感じたのは、メタル・ゴッドとして君臨する、存在感そのものの大きさです。老いて(失礼!)なお全盛期、見せ付けられ、圧倒されました。
They are the Defenders of the Faith !!

Set List
Intro:Dawn of creation 2:Prophecy 3:Metal gods 4:Eat me alive 5:Between the hammer and the anvil 6:Devill’s child 7:Breaking the law 8:Hell patrol 9:Death 10:Dissident aggressor 11:Angel 12:The hellion~Electric eye 13:Rock hard ride free 14:Sinner 15:Painkiller 16:Hell bent for leather 17:The green manalishi(with two-pronged crown) 18:You’ve got another thing comin’

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (8)

回文(4)

 第1回は普通の回文、第2回はバッハの作品、第3回はモーツァルトの楽譜を見てきましたが、今回は会話の発言単位で「回文」となっている例です。

 出典は『ゲーデル、エッシャー、バッハ』の中にある「アキレスと亀の会話」。バッハの「蟹のカノン」が紹介されている章で、そこにはこの他にDNAの二重螺旋構造や間接的自己言及について、そしてゲーデルの字形的数論へと展開するようですが、難しそうながらも面白そうな話題ですね。まだ読んだことないので、いつか読んでみたいと思います。 → 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』

エッシャーのだまし絵
エッシャーのだまし絵


なども見ていて楽しいし。

 以下、会話が回文となっている「アキレスと亀の会話」です。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

Magnus Rosen (マグナス・ローゼン) of HAMMERFALL

 先日、「BILLIONAIRES BOYS CLUB / Something Wicked Comes」を書きましたが、書いていた時点ではてっきりマーク・ボールズのソロアルバムだと思っていました。
 が、メンバーを調べてみてビックリ!
ギター:ヨルグ・フィッシャー(元 ACCEPT) ドラム:アンダース・ヨハンソン(元 YNGWIE MALMSTEEN)
キャリアのあるミュージシャンをバックに従えてのアルバムでした!(最近初めて知った
 で、ベースは誰かというと、ライナーによると、アルバムに収録された音源の演奏はマルセル・ヤコブ……これも YNGWIE つながりですが……公式なメンバーとしては、HAMMERFALL のベーシスト、マグナス・ローゼン(Magnus Rosen)となっています。
 マグナス・ローゼンといえば、こんな動画を見つけてしまいました。こ、この右手は、、、 (゚д゚!! すごい! ↓ 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

kiki / あたし彼女

アタシ
『恋空』
ケータイで読んで
マジ感動
しちゃったからさ
今度は
『あたし彼女』
読んでみようか
みたいな
てか
これって
第3回日本ケータイ小説大賞
なんだよね
まぁ
スイーツ(笑)
とか言って
笑う人もいるけど
そんなの
かんけーねー
おっぱっぴー
だよね
てか
アタシそんなの
あまり気にしない系だから
みたいな
でも
意外と
アタシ
気にしてないようで
気にしてる?
てか
誰が何に
共感を覚えようが
その人その人の
勝手
だよね
この記事に
スパムコメント
来るかも
しれないけど
とりあえず
設定を
画像認証あり
にしといたから
そんなに
来ないよね
てか
このブログ
読者少ないし
てか
まだ
最初の50ページしか
読んでないから
感想書けないし
まぁ
これから
なんだけどね
だから
ネタとして
このブログを
2008年最高の
ケータイ小説形式に
変換しといたから
みたいな
だからさ
ねぇ
見てみてよ
これ↓

アタシのブログ
だよ
変換
おかしいっつ~の
まぁ
別に
いいんだけどね

Filed under: 未分類     1:00 AM  Comments (1)

ヤマハ株式会社 / TENORI-ON

 ライヴにおいて、ヴォーカリストやギタリスト、ベーシストは自由にステージ上を歩き回る(走り回る)ことが出来るのに対し、ドラマーやキーボーディストはその場から移動することが難しく、視覚的パフォーマンスは不利のように思われてきました。  さらに、ドラムセットはステージ中央に陣取っていますが、キーボードはほとんど脇の方に配置されることが多いので、ソロタイムがないと注目されないまま終わってしまうこともあるかもしれません。ショルダーキーボードというのものはあるものの、普通のものに比べたら、あまり見る機会は多くありません。  特にロック系のバンドでは、楽曲的にも脇役的存在というイメージが強いのがキーボードではないでしょうか。
 しかし、そんなキーボードが、華やかな存在感をもってステージ上で暴れまくる時代がやってきそうです。ヤマハ TENORI-ON の登場です → TENORI-ON 開発日誌
TENORI-ON TENORI-ON

 というかこれ、キーボードというより、新しいタイプのデジタル楽器と言えるかもしれませんね。ギターやベース、ドラムやっている人も、また、ヴォーカリストも、機械が苦手でなければ、音感があるだろうからある程度は使いこなせるのではないかと思います
 TENORI-ON | DESIGN | ヤマハ株式会社によると、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

文章の書き方

 文章の書き方 – あどけない話に、「文章の書き方」の資料というのがあったので見てみました。

 この中で、「下手な文章」について書かれた箇所があり、自分も多用していると反省させられました。

などの点に気をつければ、多少は読みやすくなると思いますので、心掛けてゆきたいと思います。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

おしらせ

皆さん、当ブログにお越しいただき、誠に有難うございます。
そして、いつもコメント下さる方、感謝感謝です(^人^)
でも、スパムコメント下さる方、ごめんなさい。
今後、コメント投稿の際はキーワードを入力して頂くことにしました
これ ↓ 画像認証

お手数ではございますが、ご了承願いたく思います。
なお、日本語以外のコメントも受け付けますが、全て半角英数字だと、「本文が英数字のみの場合は書き込めません。」となってはじかれますので、どこかに全角文字を入れていただくようお願いいたします。
ではでは、これからもよろしくです(^o^)ノ
spam

Filed under: 未分類     10:49 PM  Comments (0)

親近(BlogPet)

きょうはチャーリー432と親近しようかな。
チャーリー432は同調してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     8:36 AM  Comments (0)

パッヘルベルのカノン

クラシックのメタルアレンジって、良いですよね!

下のグラフは
この演奏に点数をつけるとすれば、何点をつけますか?
の投票結果です。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

白石一文 / 僕のなかの壊れていない部分(2)

 白石一文 / 僕のなかの壊れていない部分(1)の続きです。
 ノンフィクション作家の、実母の死を看取る場面が生々しいです。自分も、母親の死に目に立ち合うことが出来、ある意味幸せなことだったと思いますが、その記憶は強烈に脳裏に焼きついています。まさに「老いることも、死ぬことも生半可ではない。どれほど困難なことなのか。家族がいようといまいと、かたわらに誰がいようといまいと、結局は孤独な一人の戦い」という表現の通りでした。
 母は浄土真宗の話を聞いていたことがあり、そのためか、臨終3日前に、衰弱した体にもかかわらず、力強く父の腕を握り、「阿弥陀様が助けに来てくれたよ! 阿弥陀様が助けに来てくれたよ!」と繰り返し、大きな声で言っていました。どんな孤独な戦いをしたのかは想像にも及びませんが、死を「乗り切る」こととはどういうことか、考えさせられる場面です。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)