加古隆 / パリは燃えているか – 「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック

 NHK『映像の世紀』のサントラです。
 重々しくシリアスな内容と映像、そしてこの音楽。さすがは日本の国営放送!と唸る質の高さだと思います(正確には公共放送だそうですが)。
 淡々と語られるナレーションと貴重な映像資料は、見る者の意識を強く引き付けますが、音楽の持つ力により、衝撃の度は一層大きくなります。この番組が放映された時、BGMについての問い合わせが殺到したそうです。
 テーマ曲の「パリは燃えているか」だけでも十分なインパクト、説得力です。まるで、色彩や音声、感情や動き、時間の流れまでも奪い取られた世界に投げ込まれた感覚に陥ります。目を閉じれば見えてくるのは「無の存在」。破壊と再生を繰り返してきた歴史が、現代人に何か大切なことを教えているようです。人類が犯した過ちを二度と繰り返してはならないというメッセージが強く伝わってきます。
映像の世紀 第2集 大量殺戮の完成 (1/8) Completion of the massacre

 続きはこちら。   ↓ 大量殺戮の完成 (2/8) 大量殺戮の完成 (3/8) 大量殺戮の完成 (4/8) 大量殺戮の完成 (5/8) 大量殺戮の完成 (6/8) 大量殺戮の完成 (7/8) 大量殺戮の完成 (8/8)

「パリは燃えているか」は、このCDにはピアノ・ヴァージョン、オーケストラ・ヴァージョン、ブラス、ジャズアレンジと、数種類収録されていますが、どれも深く心に突き刺さります。
 このようなCG↓ 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

きょうつとむが重奏した(BlogPet)

きょうつとむが他人は選曲したかもー。
それでなまけもんの楽章前半を追随したかったみたい。
でも、きょうつとむが重奏した?
だけど、経験する?
それで挨拶した?

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     9:56 AM  Comments (0)

Cocco / ブーゲンビリア

 1997年 Cocco の1st、最近までこんな良いアルバムだとは知りませんでした。うん、確かにこれは良い!
Bougainvillea_glabra ブーゲンビリア
 あ、あと、ブーゲンビリアという花の名前も初めて知りました(汗)
 俗に魂の花とも呼ばれているそうですが、なるほど、確かに激しく感情のこもったこのアルバムのイメージにぴったりかもしれません。
 こっこ(当時の表記)のヴォーカルは、(6)「ベビーベッド」のような重々しい曲から、穏やかな(11)「ひこうきぐも」、童謡を思わせる(8)「かじゅまるの樹」など、多彩な楽曲で色々な表情を見せています。
 弦楽四重奏やピアノの使われ方も素晴らしく、また、リュートのような響きのアコースティック・ギターにも癒されます。
 どれも良い曲ばかりですが、一番好きなのは、
遺書。
 MADムービーですが、『さよなら絶望先生』の映像とは絶妙な組み合わせですね↑
 ここでの歌い方は、どこかGARNET CROWを思わせます。
 自殺未遂経験者、精神的に傷ついた人が「Cocco に励まされた」と書いているのをよく見ますが、何となくその気持ちは分かる気がします。その魅力は歌詞にあるのかもしれません。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (1)

サン=サーンス / 交響曲第3番『オルガン付き』、『動物の謝肉祭』他

 フランスの作曲家、サン=サーンスの、まさにベストな選曲の1枚。非常に美味しいアルバムです。
 2歳でピアノを弾き、3歳で作曲、10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの演奏会を開き、16歳ではじめての交響曲を書いたという神童サン=サーンス。自身が「この曲には私が注ぎ込める全てを注ぎ込んだ」と述べているのが交響曲第3番『オルガン付き』。これは彼の最高傑作であると同時に、古今の交響曲の中でも殊に優れた作品だと思います。
 ピアノ、オルガン、管弦楽が豪華に鳴り響き、力強く壮大な曲想は、バロック古典派ロマン派といった時代を超越し、まるで、ヘンデルモーツァルトベートーヴェンブラームスマーラーが合作で取り組んだかのような素晴らしさです。
 構成は2楽章編成で、それぞれが前半後半に分かれていますが、通常の4楽章形式の交響曲の、第1と第2楽章、第3と第4楽章を続けて演奏しているようなものです。  第1楽章前半はハードロックに編曲したらかっこよさそうな、演歌的メロディのする激しい曲、後半のアダージョはオルガンの響きに癒されます。第2楽章は一般的にも良く知られる名曲で、CMにも使われました。
第2楽章後半部分が使用されているCM
第2楽章(ダイジェスト)

 オルガンの響きが宗教的で、終結は大宇宙を感じさせる迫力です。
 サン=サーンスといえば、このオルガン・シンフォニーと同じくらいの名曲が、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

グラズノフ / 演奏会用ワルツ

 最近はほとんど聴いていませんが、中学生の頃はラジオ、とりわけNHK-FMをよく聴いていました。
 学校へ行く前にタイマー録音して、帰ったらカセットテープで聴いてたのが「マイ・クラシック」という番組、今は「クラシックカフェ」というものになっているようですね。
 グラズノフの「演奏会用ワルツ」は、その「マイ・クラシック」のテーマ曲(番組のオープニングでかかる曲)として聴いたのが初めてでした。凄く好きという訳ではなかったのですが、毎回聴いていたので心に染み付いたのでしょう、今でもふとしたきっかけで頭の中に響くことがあります。
 ちなみに、その番組のテーマ曲は他にもエルガーの「愛の挨拶」やフォーレの「子守歌」の時期があり、「愛の挨拶」も「子守歌」も、今なお思い出深い曲となっています。
「演奏会用ワルツ」は第1番と第2番があるのですが、番組で使われていたのは第1番でした。この曲の音源、実は持っていないので、久々に聴いてみようかな、と思い検索してみたら、2番しか見つかりませんでした(>。<)

Alexander Glazunov – Concert Waltz No 2 (Main Theme)

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

陰陽座 / 『魑魅魍魎』試聴

突然、無性に聴きたくなったんですが、金欠のため音源手にしていません(>。<)

相変わらず黒猫のヴォーカルは素晴らしいですね!
魑魅魍魎(ちみもうりょう)とは、山の怪物や川の怪物。様々な化け物、妖怪変化。「魑魅」は山の怪、「魍魎」は川の怪であり、一般には山河すべての怪として「魑魅魍魎」の名で用いられることが多い。

Track List: 1. 酒呑童子 2. 蘭 3. がしゃ髑髏 4. 野衾忍法帖 5. 紅葉 6. 青坊主 7. 魃 8. しょうけら 9. 鬼一口 10. 道成寺蛇ノ獄 11. 鎮魂の歌 12. にょろにょろ

Filed under: 未分類     8:00 PM  Comments (0)

Google Chrome に望むもの(2)

「Google Chrome に望むもの」の続きです。


最近、色々なサイトで

google toolbar ad

という広告を見るのですが、

Google ツールバーは使いやすいですよね!
(↑このリンクは Firefox 用 )

例えば、こんな風に、、、
search type

同一単語を「画像検索」や「ブログ検索」、「ニュース検索」や「地図検索」など、色々な検索サービスで試す時に便利です。

Firefox なら、検索窓で右クリック→「カスタム検索を実行…」→「Goole ツールバー カスタム ボタン生成ツール」で検索種類を加えることが出来ますね。

また、過去に検索したものをもう一度実行したいという時には「検索履歴」が役に立ちます。

search history

Google には「ウェブ履歴」がありますが、「検索履歴」というのも実はかなり便利です。

このように、Google ツールバーは本当に有難いツールなのですが、、、 続きを読む…

Filed under: 未分類     8:00 PM  Comments (4)

Grab Your Garmin by Steve Grimmett

こちらにも書いたとおり、Steve Grimmett の歌唱力は他の追随を許さないほどずば抜けていると思うのですが、こういうお茶目なこともやってくれると、親近感がわきます。
Grab Your Garmin

地図が怪獣になって、カーナビを使ってウルトラマン(?)に変身して、、、
どうやらGPS受信機の製造・販売をしているGarminという会社のプロモーション映像のようですね。
確かに歌詞の中で
♪ Grab your Garmin, take on the world!
とか
♪ GPS Power, speaks the truth ♪ MP3, traffic alerts, Bluetooth!
などと歌っています!
「ガーミン・マン」のへなちょこな動きも愛くるしいです。
そして
Garmin Blog のコメントを見ていたら発見したので、以下、歌詞です。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

空耳アワー

AMON AMARTH
Guardians of Asgaard
ですが、
この動画↑の18秒から、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

恋愛(BlogPet)

きのうはジャケットへ恋愛しないです。

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     10:05 AM  Comments (0)