JUDAS PRIEST / Live in Japan ’08

 しつこいと思われるかもしれませんが、何度も書きます。
 今回の JUDAS PRIEST のライヴは本当に良かったです。
 ブログや mixi で他の人の感想を見ても、総じて良いものばかりですね。
「前回失望させられたから、今回はどうしようか迷った。でもこれが最後になるかもしれないし、、、やっぱりプリーストだから」そういう思いで行った人も、「今回は素晴らしかった」と書いている人が多いです。
 中には横浜で大変感動し、その場で武道館、国際フォーラム行きを決めた人もおられます。名古屋、大阪も素晴らしかったようですが、横浜が一番良かった!という人が多い様に感じます。
 残念なのは客の入り。空席が目立ったとの記述をよく目にしますが、要因は日程的なことと信じたいです。「行きたいけれど、仕事が入って残念」という声も沢山聞こえてきますし。そんな中、バンド側は最高のものを見せてくれました。
 いや、むしろ、そういう状況だからこそ、逆に JUDAS PRISET というバンドの姿勢がハッキリと浮き彫りになったのではないでしょうか。集客状況は、客席からよりもステージ上からの方がよく見えるはずです。にもかかわらず、あの堂々としたパフォーマンス、渾身のプレイはまさしくプロフェッショナル! 振り返れば、その迫力に圧倒されたのかも知れません。
 kreutzerさんのブログにあった、「メタルの神は本当にいた!」というフレーズが気に入っています。運命を司る神に対しては無神論者ですが、メタル・ゴッドは現にここにましますことを実感しました。
 本当に観れて良かったです。
 ちなみに以下は、本当にあった悲しい話。
  • 「今新幹線で向かっている最中ですが、信号機の故障で止まっています(涙)間に合いそうにありません。最悪DEATH(ToT)」
  • 「ビールの飲みすぎで、途中でトイレに行くはめに。便器の前でハーレーの爆音を聞いたのは悲しかった」
  • 「あ゙(゚д゚!! 日程を間違えていた!昨日だったんだ!_| ̄|○」
  • 「本当は行く予定だったのに風邪のため断念。席は最前列だったのに(>。<)」
 忘れ物大王の私も、入場するまで「チケット持ってきたか?」と不安でしたが、今回は大丈夫でした。
 上記のような方は、これで慰めになるでしょうか?↓ 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)