SQUALL OF SONIC VER.4 / 高円寺 Club MISSIN’S 2009.8.30

Club MISSION'S 2009.8.30
出演バンドはどれも知らなかったのですが、
複数のマイミクさんに「良いよ」と言われ、
直前で参戦を決意しました。

場所は、
3日前にも行った高円寺ミッションズ

適度の狭さと、音が聴きやすいので、
好きな会場になったというのも、行こうと思った要因の一つです。


着くと、早速誘ってくれたマイミクさんと合流。
また、以前から気になっていた方も来られていたので、マイミク申請を何人かにわーい(嬉しい顔)


それにしても、今回は、かつてない人の多さ!
日曜日ということと、全バンド、女性 vo だからでしょうか?
「立錐の余地もない」とまではいかないまでも、
それに近い人の多さで、ほとんど身動きできずげっそり


最近マイミクとなったものの、軽く挨拶程度しかできなかった方がいたのは
残念ではありましたもうやだ~(悲しい顔)

とはいえ、公演内容は非常に満足!皆さん素晴らしいパフォーマンスでした( ^_^)/~~~



写真付きで、振り返ってみます。 続きを読む…

Filed under: 未分類    charlie432 10:20 PM  Comments (1)

夢のあとに

今が昼なのか夜なのかさえ分からない
と歌っているのは、

White Feathers – L’Arc en Ciel


L’Arc~en~Cielですが、
室内で仕事に熱中しているとき、
外が、昼なのか夜なのか分からない時ってあります(よね?)



同様に、
今が、夢なのか現実なのか分からない時も。



夢の中にいては、夢が夢とも分からないし、
夢が夢と分かるのは、夢から覚めたときですが、
それが本当に夢から覚めた状態なのか、確実な保証はありません。
夢の中で「これは夢だな」と思っている自分、
また「今こそ現実」と思っている自分は、
夢なのか、現実なのか?

考え出すと、だんだん訳が分からなくなってきますf(^^;


そのように、不可解なものが人生。

古くから、人生は夢に喩えられています。
夢の世に夢見て暮らす 人が 夢物語するも夢かな(詠み人知らず)
おおよそはかなきものは、この世の始中終、まぼろしのごとくなる一期なり(蓮如上人)
夏の夜の夢路はかなき跡の名を 雲居にあげよ山郭公(柴田勝家)
四十九年一酔の夢、一期の栄華一盃の酒(上杉謙信)
露と落ち露と消えにし我が身かな 難波のことも夢のまた夢(豊臣秀吉)
嬉しやと二度さめて一眠り うき世の夢は暁の空(徳川家康)





で、こんな話があります。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 PM  Comments (0)

第45回衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査 2009.8.30

期日前投票
の期日前投票に行ってきました。
当日は時間がないと思われるので。



恥ずかしながら、政治のことは疎いのですが、
棄権はしません。
どこに入れたら良いかわからなくても、
白紙で投票します。
(無言のメッセージ)
そうしないと、いざというとき
「政治が悪い」とか言えませんからね f(^^;


かの、デイヴ・ムステイン先生も、
選挙に行かない…ってことは、当選者に自動的に一票くれてやるのと同じなんだぜ
とおっしゃったとか。
で、今回は、
NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで
によると、

期日前投票、過去最高に 28日までに1094万人

 総務省は29日、衆院選の期日前投票について、28日までの中間状況を発表した。小選挙区の期日前投票を済ませた人は全国で1094万4845人だった。2005年の前回衆院選の同じ時期は672万4889人だったため、62.75%増えた。期日前投票としては、参院選も含めて過去最高を記録した。
 期日前投票は公示翌日の19日から始まった。28日までに投票した有権者は全体の10.49%を占めた。05年衆院選では投票日前日に約223万人が投票しており、前回と同じような状況だとすれば、期日前投票の総数は最終的に1300万人を超える公算が大きい。
 期日前投票は国政選挙では04年参院選から導入した。過去最高は07年参院選(選挙区)の1079万8737人だった。(18:58)
だそうで、
確かにいつもより人が多かったような気がしました。

あと、こんな記事も発見。 続きを読む…

Filed under: 未分類     10:08 PM  Comments (7)

きのうは再開しなかった(BlogPet)

きのうは再開しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。

Filed under: 未分類     10:00 AM  Comments (0)

ANCIENT MYTH 他 / 高円寺 CLUB MISSION’S 2009.8.27

ANCIENT MYTH 他 / 高円寺 CLUB MISSION'S 2009.8.27
前回に続き、
ANCIENT MYTH のライヴに行ってきました。
18:30 スタートのところ、
都合により 19:15ぐらいに入場。
どうやら1つめのアーティストが
降板した後のインターバルだったようです。


結論から言うと、
お目当ての ANCIENT MYTH はもちろん、全て良かったです。
会場は高円寺CLUB MISSION’S。初めて行きました。
ステージもフロアも、非常に狭く、出演バンドはやりにくそうかな、と思いましたが、
非常に聴きやすい音響が良かったです。
各楽器の音がバランス良く聞こえました。
まぁ、それぞれ演奏が良かった、というのが一番だと思いますが。


という訳で、出演順に簡単な感想を。 続きを読む…

Filed under: 未分類    charlie432 9:25 PM  Comments (1)

iPhone日記(29)/ iPhone + Firefox + Twitter (1)

随分以前にアカウントを取って放置していましたが、
ヒウィッヒヒーTwitter)を再開しました!
な ぜ か と い う と ・ ・ ・
/ || ̄ ̄|| ∧_∧ |…..||__|| (     )  どうしてこうなった・・・ | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ |    | ( ./     /  ___ / || ̄ ̄|| ∧_∧ |…..||__|| ( ^ω^ )  どうしてこうなった!? | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ |    | ( ./     /
 ___ ♪ ∧__,∧.∩ / || ̄ ̄|| r( ^ω^ )ノ  どうしてこうなった! |…..||__|| └‐、   レ´`ヽ   どうしてこうなった! | ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/ノ´` ♪ |    | ( ./     /
 ___        ♪  ∩∧__,∧ / || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった! |…..||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった!  | ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ     |    | ( ./     /      `) ) ♪


きっかけは、知人からの誘いと、ジョーダン・ルーデスのつぶやきが気になったことでした。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)

LIQUID TENSION EXPERIMENT / Live 2008 Box Set がやって来た


ついに届きました!
JCBしか持っていなかったので、
このためだけにVISAを申請した、というリキッド・テンション・エクスペリメントのライヴ盤。
ドリーム・シアターのライヴ音源ならいくつか持っていますが、
よくよく考えてみると、LETのライヴはこれが初めてなので、
“。(‘-‘。)(。’-‘)。ワクワク ((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪ ”



早速開封!

YTSE Records はヒューストンにあるんですね。





ところが、これが凄い粘着力で、なかなか開けられず。
はさみで上部を切り取りました。
なんとも毒々しい色の糊がアメリカらしいです(笑)




そして、中から出てきたものは、、、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (5)

EVANESCENCE / The Open Door



最初聴いたときは、1stの『Fallen』に比べ、単調かな? と思いましたが、

何回か聴いているうちに良さが分かってきました。

今思えば、今作がつまらないのではなく、

1stのインパクトが強烈だったので、それにとらわれていたのだと思います。


2006年の2ndアルバム『The Open Door』は、メンバーチェンジがあったものの、

『Fallen』とはほぼ同じ路線で、

エモーショナルで澄んだ歌声のエイミーのヴォーカルと、ヘヴィな楽器陣の繰りなす楽曲は、

冷たく陰鬱で、繊細かつ美く、切ない感じのところに強く惹かれます。


中でも気を引いたのは、モーツァルトレクイエムを基にした、

Evanescence- Lacrymosa



原曲の、悲しいイメージを崩すことなく、

怪しげで、新感覚のアレンジが素晴らしいです。



1stシングルとなった、(2)「Call Me When You’re Sober」は、

ベース、そしてバッキングギターがカッコイイですねぇ。かなり好きです。


そして、全般的にピアノの使い方がすごく心に残ります。

特にアルバム後半は、アメリカのバンドと思えぬ、北欧的な寒い感じが出ていて良いです。

最初のうちは、そこが今ひとつ盛り上がりに欠けると感じていましたが、

叙情的で良いと思うようになりました。
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

DREAM THEATER / A Nightmare to Remember (Black Clouds & Silver Linings)



DREAM THEATER / Black Clouds & Silver Linings 
の続きです。
1曲目を飾るのは、
ジョン・ペトルーシが体験した、交通事故を題材とした、
「A Nightmare to Remember」
アルバム発売に先立ちて、「A Rite of Passage」のPVが公開されましたが、
それとほぼ時を同じくして、ネット上にこれが流出していたのを発見。

A Nightmare to Remember – A Rite of Passage


発売まで待つかどうか、「悩もうか」と悩んで、
悩まず試聴 (¬_ ¬)ジーッ

その第一印象は、 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (4)

AMORPHIS / Skyforger


今年上半期のベストアルバム!
の一つとして、自分の中では、
DREAM THEATER『Black Clouds & Silver Linings』と同列の傑作!


まず、アートワークに惹かれます。
上のジャケットをクリック(σ´・ω・)σ凸!! で特大画像を見れるようにしました。



いやぁ、ホント、これは良いアルバム!(´∀`)/
Album Trailer(その1その2)を事前に見て、かなり期待していたのは、
AMORPHOS / ニューアルバム『Skyforger』は5月27日!
に書いたとおりです。
そして、その期待を全く裏切らない内容に、大いに満足です。


フィンランドの民族叙事詩、『カレワラ』に基づいた本作、
「英雄の地」という意のタイトルにふさわしい、
哀愁と美旋律に満ちた楽曲は、惚れ惚れするほどで、
この湧き出ずるメロディセンスは、IN FLAMESに通ずる? とも思いました。

フルートの使い方や、ギターの音作りなど、
民族音楽的アプローチも見事の一言です。


祖国フィンランドではナショナル・アルバム・チャートで1位も記録、
日本でも評判良いみたいですね。





以下、簡単に各曲の感想です!

(1)「Sampo」 「サンポ」とは、神話の中に出てくる正体不明の魔法の道具のようですが、冒頭のピアノから何となくイメージがぴったりです。途中、SAVATAGE 的(?)展開がドラマチック!
(2)「Silver Bride」 前曲とのつながりが非常に良いです。メインリフが出てくると、自然と体が動きだしてしまいますね。
(3)「From the Heaven of My Heart」 静かなピアノに導かれ、これも美旋律が気持ちよいです。ギターのバッキング、ソロも良いし、ヴォーカルも素晴らしい!
(4)「Sky Is Mine」 キャッチーなイントロのリフでグッと引き込まれますね。転調する部分も、これまたよろし。
(5)「Majestic Beast」 "魔王登場!!"みたいな荘厳なキーボードとデス声がかっこ良すぎです。ヴォーカルの声の使い分けもさすが!
(6)「My Sun」 これも叙情的ですねぇ。アルバムも半ばを過ぎたというのに、全くダレることなく聴くことが出来ます。
(7)「Highest Star」 冒頭のフルートがいかにも北欧らしいです。そしてこのメロディはリードギターに引き継がれて、なお印象的になります。
(8)「Skyforger」 一層の民俗音楽色を強めた、アルバムタイトルトラック。間奏部分の抒情的展開は鳥肌ものですね。
(9)「Course of Fate」 前曲の余韻を残しつつ、アンセム的なリードギターに導かれ、メロディアスな楽曲へ。ギターもヴォーカルも親しみやすいです。
(10)「From Earth I Rose」 勇壮なイントロに続いて、フルートやデス声のヴォーカルが効果的に登場。カレワラ伝説を締めくくるに感動的な、アルバムラストの曲。

(1)から(10)まで、ストップボタンを押させる隙のない、高密度な内容に圧倒されます。

そして、ボーナストラックの
(11)「Godlike Machine」[Bonus]、(12「Separated」[Bonus for Japan]
も、本編の延長線上にあるメロディック・トラッド・メタルですね。



んん!
何だか IRON MAIDEN を聴き終えたような充実感がするのは気のせい?




『カレワラ』、読んだことないですが、機会があれば読んでみたいところです。
まずはダイジェスト版として
カレワラ ツッコミあらすじモードカレワラ – Wikipedia
あたりでも、、、φ(。。 )


AMORPHIS – Silver Bride

続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (5)