有難うございます!

アマゾンからメールがきまして、、、
有難うございます!

CDや本の感想の投稿のアマゾンのリンクでは、
アフィリエイトに参加しておりまして、
7月は4つ、このブログから購入があったようです。 続きを読む…

Filed under: 未分類     6:15 PM  Comments (6)

Mike Portnoy In store appearance in Sydney

12月5日、マイク・ポートノイがオーストラリアの楽器店に出没するそうです。
MP In store appearance in Sydney – Portnoy MikeさんのMySpaceブログ|

MP In store appearance in Sydney

Saturday, December 5th@ DRUMMERS DREAM

Start time 2:30

610-612 Canterbury Rd Belmore

www.drummersdream.com.au/

02 9787 4177

場所はこちら ↓
続きを読む…

Filed under: 未分類     6:10 PM  Comments (0)

とどろき / 平成21年10月号 – 魅惑の書『歎異抄』

秋の特集号は

魅惑の書

『歎異抄』

です。
親鸞聖人の肉声を伝える格調高い名文として、
思想家、哲学者、作家をはじめ、
多くの人々に親しまれ、称賛されてきたのが、『歎異抄』とのこと(『歎異鈔』とも)。



●成立したのは、約700年前、鎌倉時代。
●著者は、現在も確証はないが、親鸞聖人の弟子・唯円であろうといわれている。
●書かれた目的は、    親鸞聖人の教えと異なるさまざまな邪説を、聖人のお言葉によって正すため。
●全部で18章。 (1)序文 (2)第1章~第10章……親鸞聖人のお言葉 (3)別序……11章以降の序文 (4)第11章~第18章……1~10章の聖人のお言葉を物差しとして、異説を批判 (5)後序 (6)流罪にまつわる記録……聖人35歳の時に遭われた越後流刑についての記録

というものですが、
その『歎異抄』を称賛する声が、以下のように紹介されています。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

TRANSATLANTIC’S THE WHIRLWIND – Pre-Order, Advance Download, Trailer – Available Now!!!

うかつでした。
しばらくメールチェックを怠っていたら、
1週間ほど前にマイキーのブログが更新されていました。

試聴はこちら!!

内容はこちら ↓
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:42 PM  Comments (4)

iPhone日記(31)/ iPhone で半角カタカナ、全角スペース入力(BlogPet)

チャーリー432の「iPhone日記(31)/ iPhone で半角カタカナ、全角スペース入力」のまねしてかいてみるね

iPhoneの切り替えも出来なければ、ハッキリいって変換した結果、全角、半角の表のキーボードの表情ができないようです(-”-;今までは出すことで、結構気にメールを送った50音の文字を送った。
でも、ハッキリいってくるようです!!色々調べた単語登録作戦を一文字一文字入力です(-”-;今までは出すことで、顔の表の違いって、知人にはここで登録した結果、顔の表情が、あらかじめ自分宛には出すことが出て面倒くさい作業です!!色々調べたができないように「F9(全角英数)」「すーす」と打ってくるような変換しました単語は出すことで、半角の文字入力です!!色々調べた結果、あらかじめ自分宛にしていました50音のパーツとしては出すことに!!
でも、必要な文字を一文字一文字入力ですよねぇ。
例えば「□(←全角スペース)」ができないので、全角と打って変換してくるようです!!色々調べた結果、半角の切り替えも、結構気になるん?
使うソフトは、必要な変換し(^^^^^^^^^;これはかなり重要です!!色々調べた結果、顔の文字入力です!!
使うソフトは、結構気に?
特に、ハッキリいってくるような変換したができないので、あらかじめ自分宛に「すーす」とはかなり重要です。
例えば「F8(半角カタカナ)」「F7(全角カタカナ)」「F10(半角英数)」のキーボードの文字を送った単語は、ファンクションキーも出来ませんです♪
ということが出ていました。
ということで、どうやら普通に!!
特に、必要な変換も、必要な文字した結果、知人になるんです。
でも、パソコンの表の表の表情ができないようです(-”-;今まではかなり重要です!
ということに勧められた結果、パソコンのような変換もないので、どうやら普通になるん。

*このエントリは、ブログペットの「つとむ」が書きました。 続きを読む…

Filed under: 未分類     10:04 AM  Comments (2)

Marty Friedman / TOKYO JUKEBOX


マーティーのことだから、どこかで演っているとは思っていましたが、
音源を出していると知ったのは、数ヶ月前、YouTube でこれ(↓)を見て、でした。
今年の5月に出ていたんですね。

ポリリズム


それにしても、このカヴァーはクォリティが高い! と思います。
元々の曲が良いというのもありますが、マーティ独特のヴィブラートのかけ方、
爽快なギターサウンドが、原曲と同じくらい気持ち良いです。

「日本人はリズム音痴」って誰が言ってんだ?この若手の才能にはホント驚いたよ – エンタ – 日経トレンディネット
によると、
perfume
 こういう変なリズムを入れる場合、よっぽどうまく構成しないと、耳がドラムだけに集中しちゃう。だから曲全体の魅力が伝わらないことが多いんです。だけど、どの曲もメロディーや曲自体の素晴らしさが伝わってくるじゃん。これは難しいリズムをきちんと飲み込んで、使いこなしている証拠のはずです。みんな若いからなおさらすごい!
 そもそも日本の民謡って、変拍子の嵐だったりするじゃん。だから日本人は、白人や黒人の音楽に多い繰り返しが中心のダンスビートとは違う独特のリズム感を持っているんじゃないかな。もう少し研究してみたいテーマです。
と評しており、
本当に彼はJ-POPが好きなんだな、ということが良く分かります。

本作の収録曲は、
1. 爪爪爪 / マキシマムザホルモン 2. GIFT / Mr.Children 3. 天城越え / 石川さゆり 4. Story / AI 5. ポリリズム / Perfume 6. 帰りたくなったよ / いきものがかり 7. TSUNAMI / サザンオールスターズ 8. 雪の華 / 中島美嘉 9. 駅 / 竹内まりや 10. 世界に一つだけの花 / SMAP 11. ロマンスの神様 / 広瀬香美 12. 明日への讃歌 / alan
ということで、
日本人の自分にも知らない曲が何曲か、、、[emoji:v-356]
逆輸入とはこのことか!?みたいな。
ん、でも alan は中国?
というのは置いといて、良いアレンジですねぇ。
いきものがかりが入っているのが良いです。
「ロマンスの神様」も癒されます。

そして、別テイクですが、この共演はホント、素晴らしい! 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

WARMEN / Beyond Abilities


CHILDREN OF BODOM のキーボーディスト、
ヤンネ・ウィルマンのソロプロジェクトの2枚目(2002年)。
まず1曲目! これが非常にかっこいい!!!!

Beyond Abilities


チルボドといえば、アレキシですが、
ヤンネのキーボードなしにボドムはありえない、
ということを証明するかのような出来ですね。
SYMPHONY Xマイケル・ピネーラのように、
「縁の下の力持ち」以上、「大黒柱」以下、ぐらいな存在感? 良い意味で。

この1曲だけでも買い! と思いたくなるCDですが、実は持ってません(-”-;)
でも、これは是非とも欲しい音源です。


ちなみに2曲目、6曲目はティモ・コティペルトがヴォーカルで、
まるで STRATOVARIUS みたいです。

で、3、7、12曲目のヴォーカルが SINERGYキンバリー・ゴスで、
(7)「Alone」は HEART のカヴァー。
(12)「Dead Reflection」はキンバリーに加え、Maija Salo(マイヤ・サロ?)がヴォーカルに。

これら歌入り曲は、印象はヴォーカルによって左右されますが、
インスト曲は、クラシカルで、テクニカルで、ヤンネ万歳!といった感じですね。
特に、1曲目と(4)「Trip To…」、
他に、サリエリの名前を冠した(9)「Salieri Strikes Back」など、本当に素晴らしいです。


(1)「Beyond Abilities」冒頭の
A young man trying to impress beyond his abilities. Too much spice, too, um… too many notes.
は、
チルボドのアルバムでもありましたが、映画『アマデウス』からですね。
確か、皇帝がモーツァルトのオペラを
「能力以上に音を詰めすぎている」と言っている場面でしたっけ? 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

ANDROMEDA / Extension of the Wish


先日ライヴで知り合った知人に勧められたアルバムです。
ちなみにその知人とは、
見た目は爽やかな感じですが「キモチワルイ音楽にはまってきた」と言っており、
MySpace ではこんな曲をやっています。→ 試聴
さてその彼と、DREAM THEATER 系のバンドで盛り上がった後に紹介されたのが、、、

1. The Words Unspoken



はい、イントロ数秒でやられました\(゚▽゚、)/
7拍子系のリズムには弱いです。
DREAM THEATER というより、まず思いついたのは SHADOW GALLERY でした。
テクニカル、メロディアス、プログレッシヴ、3拍子そろっています。
Final Extension of the Wish (Final Extension of the Wish)
このアルバムは、『Extension of the Wish』と
Final Extension of the Wish』と
2種類あるそうで、
『Final~』の方が
恐らく多く出回ってる音源で、
ヴォーカルが巧いバージョンとのこと。
ジャケットは「Final」のない方が好きですが。
ということで、まだ音源持っていないので、
ようつべで集めてみました。
ライヴでの演奏もかなり良いですね!
これは是非とも音源欲しいです。 続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

DREAM THEATER のアコースティック・カヴァー / Pipo & Elo

以前、
Pipo & Elo – Food for Thoughts、Candy for Ears
で紹介されて知った、
アコースティック・ギターと女性ヴォーカルによる、
DREAM THEATER のカヴァー・ユニットです。
Pipo & Elo

写真を見たら、何と大所帯な!と一瞬思いましたが、
DTメンバーとのショットでした。
中央、ペトの左がヴォーカルの Elo、
その左、ラブリエのソロのTシャツを着ているのがギターの Pipo ですね。
この写真からも分かるように、本家からも公認で、
Octavarium World Tour in 2005/2006 では、
幕間にカヴァー曲がかけられていたとのこと。

About Pipo & Elo

Pipo (guitar) & Elo (vocals) record acoustic covers of the band Dream Theater. We began with Pull Me Under and covered a lot of different songs from all the albums, and then the entire album "Metropolis part II : Scenes From a Memory". Dream Theater played some of our covers during their intermissions on their Octavarium World Tour in 2005/2006. All our covers can be downloaded on our website : http://pipoelo.free.fr Enjoy 🙂 Here is our page on facebook : http://www.facebook.com/pages/Pipo-Elo/58079342495

Website はこちら → Welcome to Pipo & Elo’s website


DREAM THEATER のカヴァーは、
弦楽四重奏版の
The String Quartet Tribute To Dream Theater
というのも好きですが、このアコースティック・ヴァージョンもなかなか良いです!

試聴はこちら ↓
続きを読む…

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (4)

GIRS☆Acoustic Dream Color Your Song #3+♂ / 御茶ノ水 KAKADO 2009.09.22

もともと予定には入れていなかったのですが、
会場がいつも使っている御茶ノ水駅から行けるということと、
チケットが安かったので、急遽前日に行くことを決意しました。

今回も多種多様なアーティストの素晴らしいステージが観れて、
行って良かったと思います。

GIRS☆Acoustic Dream Color Your Song #3+♂ / 御茶ノ水 KAKADO 2009.09.23 GIRS☆Acoustic Dream Color Your Song #3+♂ / 御茶ノ水 KAKADO 2009.09.23

会場となる Acoustic Live Music 御茶ノ水KAKADO は、一見普通の民家ですが、
あらかじめHPで「お世辞にもわかりやすい場所にあるとはいえない」とあったので、
逆にそういう覚悟で行ったので、案外迷わず行けました。


出演アーティストは以下の5組
  • 国立少年 弍
  • マウンテンフレンドシップ
  • aki
  • yukö
  • KOZUE
実はその前に、前座としてポップ系アーティスト、
REVIVAL AGE の Hiroco さんが出演していたそうですが、
知らなかったので入場時は終わっており、見れませんでした。

ただ、Hiroco さんとは、終了後お話させていただくことが出来、メタル談義に花が咲きました。 続きを読む…

Filed under: 未分類    charlie432 12:00 AM  Comments (5)