【音楽】eleanor / a circle of lament



3つ前の投稿で書いた LIGHT BRINGER と同様、気にはなっていたけどなかなか観る機会に恵まれなかったのが eleanor です。LIGHT BRINGER と同じ日に大阪で初めて観ました。こちらは大阪のバンドです。


続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (3)

【本】増井悟朗 / 念仏の雄叫び (後半)

前回の続きです。

「三度目の正直」ならぬ、「三度目の成仏」と題した章が圧巻でした。平成19年2月のご法話のテープを文章にしたもので、増補新版にあたって加えられた一篇です。

南無阿弥陀仏のおこころをかみ砕いてお話されており、蓮如上人が仰せられている

「信心獲得すというは、第十八の願をこころうるなり。この願をこころうるというは、南無阿弥陀仏のすがたをこころうるなり」(『御文章五帖目五通』)

の、大事のすがたを心得るという獲信が端的に示されています(「増補新版にあたって」より)。


弥陀成仏のこのかたは いまに十劫(じっこう)をへたまへり
法身(ほっしん)の光輪きはもなく 世(よ)の盲冥(もうみょう)をてらすなり

弥陀成仏のこのかたは いまに十劫とときたれど
塵点久遠劫(じんでんくおんごう)よりも ひさしき仏とみえたまふ

久遠実成(くおんじつじょう)阿弥陀仏 五濁(ごじょく)の凡愚(ぼんぐ)をあはれみて
釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)としめしてぞ 迦耶城(がやじょう)には応現(おうげん)する

(親鸞聖人『浄土和讃』


三度の成仏とはどういうことかというと、親鸞聖人のこの三首のご和讃を根拠に、
 一番最初は、久遠実成、本師本仏の阿弥陀仏。
 二回目は、法蔵菩薩と成り下がって世自在王仏の身元で、五劫思惟(しゆい)、兆載永劫(ちょうさいようごう)のご修行をしてくださった阿弥陀仏。
 そして、第十八願の「若不生者、不取正覚」が三度目の成仏。
ということですが、なんのことやらサッパリ分からない人が多いと思います。仏教の基本的知識があれば、多少は分かるかもしれませんが、そのみ心は私も分かりません。

それが、今、ここで、私が南無阿弥陀仏のおいわれを頂いた時に、疑いなく知らされるそうです。

繰り返し聞かせていただくことが大切なのではないかと思います。
続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【本】増井悟朗 / 念仏の雄叫び (前半)

1週間ほど経ってしまいましたが、5月21日(グレゴリオ暦)は親鸞聖人ご生誕の日でした。親鸞聖人といえば、歴史の教科書でも有名だと思いますが、念仏と、切っても切り離せない関係があります。

何の不思議か、浄土真宗のお話を聞かせて頂くようになって今年で17年目になります。ところが、この15年以上を振り返ってみると、念仏をおろそかにしてきたように思います。いや、「念仏」ではなく、「お念仏」です。まことに勿体ないことであります。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、、、(-人-)

反省してみるに、それは恐らく、蓮如上人のこのご教導を厳しく聞かせて頂いてきたからでしょう。
世間に沙汰するところの念仏というは、ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称うれば助かる様に皆人の思えり。それは覚束(おぼつか)なきことなり。
(『御文章』三帖目第二通)
世の中に人のあまねく心得おきたるとおりは、ただ声に出して南無阿弥陀仏とばかり称うれば、極楽に往生すべきように思いはんべり。それは大きに覚束なきことなり。
(『御文章』三帖目第四通)
まず、世間にいま流布して、旨と勧むるところの念仏と申すは、ただ何の分別もなく、南無阿弥陀仏とばかり称うれば、皆助かるべきように思えリ。それはおおきに覚束なきことなり。
(『御文章』三帖目第五通)
人によっては、現世利益や魔除けのお祈り、まじないのようなものが念仏だと思われているかも知れませんが、それならば「念仏称えていても助かりませんよ」ということになるでしょう。

しかし、
ただ声に出して念仏ばかりを称うる人は、おおようなり。それは極楽には往生せず。この念仏の謂れを、よく知りたる人こそ、仏には成るべけれ。
(『御文章』三帖目第三通)
お念仏の、おいわれを知ることが大切だと蓮如上人は言われています。



『念仏の雄叫び』と題された本書は、この「念仏の謂れ」が平易な言葉で説明されており、読ませていただくとお念仏を称えたくなる、有難~~い1冊です。

祈願請求の念仏ではなく、「こんな愚かな自分がよくもこれだけ恵まれて生かされるものぞ」と、感謝、喜びから称えずにおれないお念仏。

他力不思議の境地、み仏のお慈悲を、分からないなりにも感じさせて頂いた気がします。

思いやりの心とか、優しさとか、穏やかな気持ちが芽生え、まっすぐな生き方を望むようにもなります。

世界平和を訴えたり、自殺者の増加を嘆く人が読んだら心に響くのではないでしょうか。

気づいたら、猛スピードで、数時間、打ち込んでいました。長くなるので、2回に分けてご紹介します。誤字などありましたらお知らせください。

続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【音楽】LIGHT BRINGER / Tales Of Almanac



この曲(↓)を初めて聴いたのは、『ENTER THE RAMPAGE』で、でした。

LIGHT BRINGER 「Upstream Children」



続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【音楽】GUARDIAN HACKER / Flare In Reverberation



別バンド目的で行ったライヴで観て(写真は後日アップします)、その場で気に入り、即買いしたアルバムです。バンド名を認識したのはCDを手にした後ですが、どこかで聞いたことがあるような、、、? 帰り道で気付いたのですが、知人からオススメということで紹介されたことがありました。関東を中心に活動する群馬のバンドですが、楽曲は世界レベルの高いクォリティ!と思って、その後、調べてみると、DEADLOCKIN THIS MOMENT(2年連続)の来日時にオープニング・アクトを務めた事があると知りました。

2本のギターとベースによる重厚な音が好きです。キーボードも欲しくなる楽曲ですが、ギターの音の作り方が良いので不満に思うところはありません。

(7)「Live A Lie」、(11)「M.A.D」のようなバラード曲(?)では静と動の対比が素晴らしく、特に静の部分では  MARILLION のスティーヴ・ロザリーを思わせるアルペジオが美しく、さらにそこから動へ展開するところはたまらなく好きな瞬間です。

そして全般的に、Asami さんのヴォーカルが非常に良いです。クセのある歌い方はあまり好きな方ではないのですが、この歌唱はかなり好きなタイプです。良い意味で個性が発揮されていると思います。系統は違いますが、LeMpicka? を初めて知ったときも同じ様に感じました。

ある人からはまた、「IN FLAMES のサウンドに 土屋アンナのヴォーカルみたいだ」と言われましたが、それも分かりやすい形容です。ヘヴィでワイルドでありながら、繊細でメランコリックな感じが良いです。

物足りないとか未熟というのではなく、これからヴォーカルがより一層上手くなりそうな感じがして、輝き出したダイヤの原石を見るような1枚です。

都内でライヴがあれば、是非また行きたいと思います。

GUARDIAN HACKER - End Up




続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【動画】5/12~5/23

1つ前の投稿の続きです。

続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【動画】5/2~5/7

1つ前の投稿の続きです。

続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【動画】4/21~4/25

まだ記事にしていないライヴがたまってしまいましたので、まずは撮らせてもらった動画だけ公開します。

かなり沢山あるので、各アーティスト一つずつ、いくつかに分けました。

続きを読む...
Filed under: 未分類     3:00 AM  Comments (0)

【本】第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい / M・グラッドウェル(著)、沢田 博・阿部 尚美(翻訳)

以前、『単純な脳、複雑な「私」』(池谷裕二著)を読んだとき、知人から関連本として紹介されたものです。

直感や無意識のもつ優れた能力と、絶対視されがちな論理的思考の不完全性について、上掲書では脳科学的見地から述べているのに対し、本書は社会的事例を沢山出して分析しています。

原題は「blink - The Power of Thinking Without Thinking」。“考えずに思う力”とは興味深い内容です。「blink」とは、「まばたき」「点滅」という意味ですが、本書の言葉を借りると「輪切りにされた情報から瞬時に判断する能力」というニュアンスでしょうか。
科学的にはその存在が明らかにされていない「第六感」とは違って、“真っ先にひらめく感じ。直感”という意味の「第一感」が訳題とされています。そして、“「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい”という副題も経験的に理解しやすく、“面白そうな本”として読み始めました。多少回りくどい文章もありますが、翻訳されたものなので、仕方ないと思います。

結論としては、直感と熟考の両方が大事で、バランスのとれた判断力が大切だということになると思います。「興奮すると相手の心が読めなくなる」「人は時間がないと先入観に引きずられる」という項目がありますが、直感や無意識の判断力で難所を切り抜かねばならない状況もあり得ますし、その方が効率的で優れた結果を出せる時もあるので、直観力が鍛えられるよう、日頃から意識しておきたいと思いました。


ところで、最後の「謝辞」が面白かったです。レスラーのような体格で、金髪、長髪の知人が、風邪をひいて白い粉薬を新宿駅で飲んでいたら、職務質問され、持ち物全てをチェックされたという話を思い出しました。
続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)

【音楽】RAINBOW / Rainbow Rising



リッチーコージー、そしてロニーによる三頭政治の幕開けアルバム。

「Tarot Woman」は、イントロのシンセからひきつけられます。占いは信じませんが、タロット占いをされているような雰囲気が好きです。そして、コージーのドラムが入り徐々に盛り上がり、いよいよロニーのヴォーカル登場! 名盤の1曲目に相応しい名曲だと思います。

Rainbow - Rising



続きを読む...
Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (2)