【写真】Wistaria, I:D @両国 SUNRISE 2011.03.27

暗いステージだったとはいえ、ほとんど、、、というか、全部失敗ですみません。f(^_^;

両国 SUNRISE 2011.03.27


画像をクリックすると個別のページに移ります。


I:D



Wistaria







Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

紅楳英顕 / 「現代における異義の研究 伝道院紀要24号 – 本願力回向」(2)

紅楳英顕 / 「現代における異義の研究 伝道院紀要24号 - 本願力回向」(1)の続きです。



目次
  1 はじめに
  2 第一章 宿善論について
    2.1 一 高森親鸞会の宿善論
↓↓今回はここから↓↓
    2.2 二 宗祖における宿善論
    2.3 三 蓮如上人の宿善論
↑↑今回はここまで↑↑
    2.4 四 高森親鸞会の宿善論の問題点
    2.5 五 真宗先哲の宿善論
    2.6 む す び
  3 第二章 二種深信についての問題
    3.1 一 高森親鸞会の問題点
    3.2 ニ 江州光常寺の主張との比較
    3.3 三 後生の一大事についての問題
    3.4 む す び




二 宗祖における宿善論

 宗祖における宿善に関する文としては、『教行信証』総序には
遇たま行信を獲ば遠く宿縁を慶べ。(真聖全の二の一)
とあり、『浄土文類聚妙』には
遇たま信心を獲ば、遠く宿縁を慶べ(真聖全二の四四七)
等とある信をえたならば遠く宿縁を慶べとある文(a)、又『唯信鈔文意』には
過去久遠三恒河沙の善根を修せしめしによりて、今、大願業力にまふあふことをえたり、(真聖全二の六三四)
とあり、又『御消息集』には
世々生々に無量無辺の諸仏菩薩の利益によりて、よろずの善を修行せしかども、自力にては生死をいでずありしゆへに、曠劫多生のあいだ諸仏菩薩の御勧めにより、今まうあいがたき弥陀の御誓いにあいまひらせて候、御恩を知らずして、よろずの仏菩薩をあだにまふさんは深き御恩を知らず候うべし。(真聖全二の七〇〇)
とあり、又『正像末和讃』には
三恒河沙の諸仏の出世のみもとにありしとき 大菩提心おこせども 自力かなはで流転せり。(真聖全二の五一八)
等とある過去の善根について述べている文(b)。そして『浄土和讃』に
たとひ大千世界に みてらん火をもすぎゆきて 仏の御名をきくひとは ながく不退にかなふなり。(真聖全二の四八九)
とあり、又
定散自力の称名は 果遂のちかひに帰してこそ おしえざれども自然に 真如の門に転入する。(真聖全二の四九三)
等とある獲信のために聴聞(聞法)や称名にはげむべきことをすすめているのかとも思われる文(C)等を挙げることが出来よう[8]
 (a)においては、獲信したならば遠い過去から現在に至るまでの宿縁を慶ぶべきことが述べられているわけであるが、これに関連して取り挙げておかねばならないことは覚如と唯善(覚如の父覚恵の異父弟)の間で行われた宿善必要説と宿善不必要説である。
このことは、覚如の第二子従覚の『慕帰絵詞』や、覚如の弟子乗専の『最須敬重絵詞』に述べられている。即ち覚如が宿善開発の機が善知識に値って教えをきけば、信心歓喜して報土に往生するのであると宿善必要説を主張したのに対して唯善は本願に十方衆生とちかってあるのだから宿善の有無には関係なく往生することが出来るから不思議の大願なのであると述べて宿善不必要説を主張したのである。覚如はこれに対して『大経』の「若人無善本、不得聞此経、清浄有戒者、及獲聞正法(中略)宿世見諸仏、楽聴如是教」の文、更に善導の『礼讃』の「若人無善本、不得聞仏名、溝慢弊懈怠、難以信此法、宿世見諸仏、則能信此事」の文により、宿善が必要であることは経釈共に歴然であることを示す。唯善はこれに対し、それならば念仏往生ではなくて宿善往生ではないかと非難するのに対して、覚如は宿善によって往生するというのなら宿善往生というのであろうが、そうではなく宿善の故に善知識にあって信心歓喜する時に往生決定し定聚に住して不退に住するというのであるから宿善往生をいっているのではない[9]、と述べている。
『最須敬重絵詞』に
教法にあふことは宿善の縁にこたへ、往生をうくることは本願の力による、聖人まさしく遇獲信心遠慶宿縁と釈し給ふうへは、余流をくみながら、相論におよびがたきかと云々。(真聖全三の八四五)
とあるように、宿善必要説を主張する覚如がここで指摘しているように宗祖の言葉に「遇獲信心遠慶宿縁」、「遇獲行信遠宿縁」とあるのであるから、宗祖も宿善必要説の立場であったものと考えるのが妥当であろう。
 次に(b)についてであるが、これらは宗祖が自身の過去における善根について語っているものであり、『唯信鈔文意』の「過去久遠三恒河沙の善根を修せしめしによりて今、大願業力にまふあふことをえたり」とある文などは過去の善根によりて大願業力にあふことをえた、という宿善が自力によるものとすることを述べているようにみえるものである。
このことは、『教行信証』「信巻」至心釈に
一切群生海、無始より己来、乃至今日今時に至るまで機悪汚善にして清浄の心なく、虚仮諮偽にして真実の心无し、(真聖全二の六二)
とあるものや、信楽釈の
然るに无始より己来、一切群生海、无明海に流転し、諸有輪に沈迷し、衆苦論に繋縛せられて、清浄の信楽无し、法爾として真実の信楽无し、(真聖全二の六二)
とある文や、更には「信巻」引用の「散善義」の
自身は現に是れ罪悪生死の凡夫、曠劫より己来、常に没し常に流転して出離の縁あることなし。(真聖全二の五二)
等とある「曽無一善」「無有出縁」と語っている言葉と矛盾するように感じられる。しかしこの点については(b)の次の文である。『御消息集』に
「世々生々に無量無辺の諸仏菩薩の利益によりて、よろずの善を修行せしかども、自力にては生死をいでずありしゆえに、曠劫多生のあいだ、諸仏菩薩の御勧めによりて、今まうあいがたき弥陀の御誓いにあいまひらせて候」
とあり、『正像末和讃』には
「三恒河沙の諸仏の、出世のみもとにありしとき、大菩提心おこせども、自力かなはで流転せり(真聖全二の五一八)
とあるように、過去に修した自力の善の功徳によって今大願業力にあったというのではなく、過去に修した自力の善はあくまでも捨てものとするのであり、その善根の功徳によって今大願業力にあうことが出来たとする宿善自力説を称えるものではないことが明らかである。
 次に(c)であるが『浄土和讃』に「たとひ大千世界にみてらん火をもすぎゆきて、仏の御名をきくひとはながく不退にかなふなり」とあるのは聴聞(聞法)をすすめているものである。又「定散自力の称名は果遂のちかひに帰してこそ、おしえざれども自然に、真如の門に転入する」「信心のひとにおとらじと、疑心自力の行者も、如来大悲の恩を知り、称名念仏はげむべし」であるが、この二首については、古来一部の学者によって獲信のための信前称名を策励するものとされて来たものであり、現在もそれを主張する人もいる[10]
 先ず「たとひ大干世界にみてらん火をもすぎゆきて仏のみなを聞く」の聞くであるが、宗祖において「聞」とは「信巻」には
聞といふは、衆生仏願の生起本末を聞きて疑心有ること無し、是れを聞と日ふ也(真聖全二の七二)
とあり、又『一念多念文意』には
きくといふは、本願をきゝてうたがふこゝろなきを聞といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。(真聖全二の六〇四)
等とあるように聞とは信心をあらわすものであり、信心とは「本願力回向之信心也(真聖全二の七二)とあるように他力回向の信心であるから、「たとひ大千世界にみてらん火をもすぎゆきて仏の御名を聞く」という表現ではあっても決して自力の意ではなく、他力の意に他ならないのである。
又、次の和讃の「定散自力の称名」とある真門(第二十願)の称名であるが、宗祖は「化巻」真門釈には
凡そ大小聖人、一切善人、本願の嘉号を以て己が善根とするが故に信を生ずること能はず、仏智を了らず。(真聖全二の一六五)
とあるように「本願の嘉号を以て己が善根とする」真門念仏を修していては信ずることは出来ないことを述べ、又『疑惑和讃』(真聖全二の五二三以下)では真門念仏を厳しくいましめている。このような点から真門念仏をすすめる意が宗祖にあったとは考えられない。更に、「化巻」三願転入の文には
然るに今、特に方便の真門を出でて選択の願海に転入せり、速に難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂之誓良に由へ有る哉。(真聖全二の一六六)
とあるが、ここでいわれている「果遂の誓良に由へ有る哉」とは、宗祖が願海(第十八願)に転入した後において、自己を第十八順に転入せしめた果遂の誓(第二十願)に対する感謝の意の表明である。従って「果遂のちかひに帰してこそ、おしへざれども自然に真如の門に転入する」とある文の意は未だ第十八願にはいりえず、定散自力の心を離れえないままで念仏しているような人でも、果遂の誓いによって自然に真如の門(第十八願)に転入せしめられるのであると述べて、果遂の誓の徳を讃えているのであり、決して定散自力の称名の称功を主張しているものではない。又「如来大悲の恩を知り、称名念仏はげむべし」という文であるが、宗祖においては如来大悲の恩は信を得ることによってはじめて知り得るものとされている。
即ち『教行信証』「総序」には
真宗の教行証を敬信して、特に如来の恩徳深きことを知んぬ。(真聖全二の一)
とあり、「化巻」三願転入の文には
爰に久しく願海に入りて深く仏思を知れり。(真聖全二の一六六)
とあり、『正像末和讃』には
釈迦弥陀の慈悲よりぞ 願作仏心はえしめたる 信心の智慧にいりてこそ 仏恩報ずる身とはなれ。(真聖全二の五二〇)
等とあるように「如来大悲の恩」とは、信によってこそ知られるものであると述べられており、又「化巻」真門釈には
真に知んぬ、専修にして雑心なる者は、大慶喜心を獲ず。故に宗師は彼の仏恩を念報することなし、業行を作すと雖も心に軽慢を生ず(中略)と云へり。(真聖全二の一六五)
と、未だ第十八願の信のない真門念仏の人には仏恩はわからないとあるように、獲信することによってこそ「如来大悲の恩」は知りうるとするのが宗祖の立場である。従って「如来大悲の恩を知り称名念仏はげむべし」ということは、信を得て如来大悲の恩を知り、そして報恩の念仏にはげむべきことをすすめているのであり、決して信前の信を得るための自力の念仏の称功をみとめそれをすすめているのではない。このように「定散自力の称名は……」の称名も「如来大悲の恩を知り称名念仏にはげむべし」の称名も、ともに獲信のための自力念仏をすすめているのではないことは明らかである。従ってこれらの文は宿善自力を意味しているのではないのである。
『高僧和讃』に
釈迦弥陀は慈悲の父母 種々に善巧方便しわれらが无上の信心を 発起せしめたまひけり(真聖全二の五一○)
とあるようにわれらの信心の発起は決して自力によるものではなくすべて釈迦弥陀の善巧方便によるものだとする宿善を他力とするが、宗祖の立場であったものと考えられる。

三 蓮如上人の宿善論

 蓮如上人は宿善についての見解を諸処に述べているが、獲信の因縁を示して『御文章』に「五重の義」をたてている。即ち、
これによりて五重の義をたてたり。一には宿善、二には善知識、三には光明、四には信心、五には名号、この五重の義成就せずば往生はかなふべからずとみえたり(二の一一、真聖全三の四四二)
とあるように、第一に宿善を挙げ、我々の往生のために欠くべからざるものとしている。又、
この光明の縁にあひたてまつらずば、無始よりこのかたの無明業障のおそろしき病のなおるといふことは、さらにもてあるべからざるものなり、しかるに光明の縁にもよほされて、宿善の機ありて他力の信心といふこといますでにえたり。(御文章二の十三、真聖全三の四四五)
とあり、又
されば弥陀に帰命すといふも、信心獲得すといふも、宿善にあらずといふことなし。しかれば念仏往生の根機は宿因のもよほしにあらずば、われら今度の報土往生は不可なりとみえたり。(御文章四の一、真聖全三 の四七五)
等とあるように、獲信のための宿善が欠くべからざるものとして重視されている。
 宗祖においても聴聞(聞法)は勧められるところであったが、蓮如上人においても『蓮如上人御一代記聞書』には
仏法には世問のひまを闕きてきくべし。世間の隙をあけて法をきくべき様に思ふ事、浅間敷ことなり。仏法には明日といふ事はあるまじき由の仰せに候。「たとひ大千世界にみてらん火をもすぎゆきて、仏の御名を きく人は、ながく不退にかなふなり」と『和讃』にあそばされ候。(真聖全三の五六九)
とあり、又
いかに不信なりとも、聴聞を心にいれまうさば、御慈悲にて候間、信をうべきなり。只仏法は聴聞にきはまることなりと云云。(蓮如上人御一代記聞書一九三、真聖全三の五七八)
等とあるように聴聞にはげむことをすすめるのである。しかし乍ら、これも宗祖の場合と同様にはげむことによって、それが宿善となって信が得られるという宿善を自力によるとすることを意味しているのではない。即ち『御文章』に
おほよそ当流には一念発起平生業成と談じて、平生に弥陀如来の本願の我等をたすけたまふことはりをきゝひらくことは、宿善の開発によるがゆへなりとこゝろえてのちは、わがちからにてはなかりけり、仏智他力のさづけによりて、本願の由来を存知するものなりとこゝろうるが、すなはち平生業成の義なり。(一の四、 真聖全三の四〇六)
とあるように、宿善開発が自力によるところでなく、仏智他力によるところであると述べ、又
この光明の縁にもよほされて宿善の機ありて他力の信心といふことをばいますでにえたり。これしかしながら弥陀如来の御方によりさづけましましたる信心とはやがてあらはにしられたり。(御文章二の一三、真聖 全三の四四五)
とあるように、光明の縁にもよほされて宿善の機あり、という宿善を他力とする立場をとっていることが明らからである。又『蓮如上人御一代記聞書』には
宿善めでたしといふはわろし、御一流には宿善有難と申がよく候由仰られ候。(二三三、真聖全三の五九〇)
とあるように、宿善は有難いものであると述べていることも、決して宿善は自力によるものではなく、仏智他力によるものであるとする意が述べられているものと窺うことが出来よう。
 又、存覚上人も『浄土見聞集』に
聞よりおこる信心、思よりおこる信心といふは、きゝてうたがはず、たもちてうしなはざるといふ。思といふは信なり、きくも他力よりきゝ、おもひさだむるも願力によりてさだまるあひだ、ともに自力のはからひのちりばかりもよりつかざるなり。(真聖全三の三八一)
と「きくも他力よりきゝ」と述べているように、聴聞することもすべて仏力願力によるものとし、自力によるところのものとはしないのである。



(脚注)

  1. (↑)『歎異抄』第十三章の宿善については、『歎異抄』が宗祖の直接の著述ではないことと、そこにでてくる宿善は獲信に関係ないものであるので取り挙げない。
  2. (↑)真聖全三の七八五。
  3. (↑)信楽峻麿氏「親鸞における信心と念仏」(真宗学45・46)





つづく





Filed under: 未分類     7:19 PM  Comments (0)

紅楳英顕 / 「現代における異義の研究 伝道院紀要24号 – 本願力回向」(1)

『派外からの異説について』の時と同様に、紅楳英顕先生から許可を得て、全文を紹介します。

なお、「現代における異義の研究 伝道院紀要24号 - 本願力回向」にもあるように、これは昭和54年12月20日発行の論文です。


目次
  1 はじめに
  2 第一章 宿善論について
    2.1 一 高森親鸞会の宿善論
↑↑今回はここまで↑↑
↓↓次回につづく↓↓

    2.2 二 宗祖における宿善論
    2.3 三 蓮如上人の宿善論
    2.4 四 高森親鸞会の宿善論の問題点
    2.5 五 真宗先哲の宿善論
    2.6 む す び
  3 第二章 二種深信についての問題
    3.1 一 高森親鸞会の問題点
    3.2 ニ 江州光常寺の主張との比較
    3.3 三 後生の一大事についての問題
    3.4 む す び



現代における異義の研究

-高森親鸞会の主張とその問題点-

紅楳英顕



はじめに

 高森親鸞会における教義上の問題については、既に種々の点が指摘され、一念覚知・善知識だのみ・本尊論等については研究論文も発表されている[1]、本稿では宿善論と二種深信に関する問題とを取り挙げ論じたいと思う。

第一章 宿善論について

 宿善の語義については、大原性実氏によれば「抑々宿善とは宿世の善根という意味で、宿世に於て修習する善根、又は宿世に於ける値仏聞法の善根を指すもので宿福とも宿因とも宿縁とも名づける。故にその物体は一往は万行諸善及自力念仏であるが、再往を云えば、我々が今日弥陀法に遇い之を信受奉行することを得し因縁となりしことは悉く宿善と称すべく、獲信の一大事は正しくこの宿善の開発せる為である[2]」とあり、又『新・仏教辞典』(中村元監修)には「前世・過去世につくった善根功徳をいう。
また、人の一代に限って、今まで作った善根を指すこともある。真宗では宿善開発といい、今まで修めて来た善根がある時期にひらめきあらわれることによって、信心が得られると説く」等とあるように、真宗における宿善とは獲信のための因縁となる善根を意味するのである。
本願寺派の宗学史上においても、この宿善論については種々の説が論じられたところであるが、高森親鸞会においても独特の宿善論が展開されている。

 以下、宗祖並びに蓮如上人、それから真宗先哲の諸見解を窺いながら、高森親鸞会の宿善論ついての問題点を検討したいと思う。

一 高森親鸞会の宿善論

 先の『伝道院紀要』19号で既に述べたように[3]、高森氏は本願寺を無安心の集団であると非難攻撃する。従って、おのずと獲信の問題が重視され、独自の宿善論が主張されている。即ち『白道もゆ』(高森顕徴著)には、
 宿善というのは過去世の仏縁のことであるが、過去に仏縁浅きものは現在において真剣に宿善を求められねばならない。でなければ宿善開発の時節到来ということはあり得ない。されば宿善は待つに非ず、求むるものである。(二一二頁)。
とあるように、苦労して宿善を求めねばならないことをすすめ、又『顕正新聞』(親鸞会発行)には
 大体真剣に聞法求信することを悪いなんかという者は、他力と無力を混同している信仰の幼稚園児なのです。真宗にこんな坊主や同行が多いのです。求めることは自力だから駄目だといって自分はボーとしているのが他力だと思っているのです。確かに真剣に求めるのは自力です。生まれた時から他力に摂取されているものは一人もいないのですから、みんな自力で求めていくのです。(第93号、昭和42・9・15)
とあり、又『法戦』(高森顕徹著)には
 自力一杯、命がけで求めたものでなければ自力無効と切りおとされて、久遠の親と対面するという体験はできません。(五九頁)
等とあるように、宿善は自分の力によるものであるという宿善自力説を主張している。そして如何なることが宿善となるかについては『顕正新聞』には
 まず自身の信心決定をめざせ、そのためには宿善をつめ(イ、聴聞、ロ、破邪顕正)(第93号、昭和45・2・15)
とあり、又『この人間』(親鸞会会員、渋谷励一著)には
 一日の聴聞がなんと一五分か一六分、これでは有難くして宿善があり、万劫にもあい難き善知識にあわせて頂き乍ら信心決定はおろか、宿善を厚くすることすら出来ないではないか、善知識は宿善が薄くては助からない、宿善を厚くせよ、その一番の方法は聴聞だぞ、しかも木刀でなくて真剣だぞと仰言る。その気慨で聴聞し、聴聞出来ない時は破邪顕正に向うことである。釈尊は「破邪顕正せざるものは仏弟子に非ず、仏のあだなり」と仰せられている。破邪顕正は宿善を厚くする第二の秘訣であると教示下さる。御教えに従うより道はないのである。(四四頁)
とあるように、聴聞(聞法)と破邪顕正[4]とが挙げられている。
 聴聞(聞法)について『白道もゆ』には
 親鸞聖人は「大千世界にみてらん火をもすぎゆきて聞け」と教えられ、蓮如上人また「火の中を分けても法は聞くべきに、雨風雪はものゝ数かは」とお勧めになっている。我々の先哲は早く宿善を求め信を獲んと思わば①骨を折って聞け、②衣食を忘れて聞け、③間断なく聞け、④聞けぬ時は思い出せ、と四つのことを指摘されている。いずれも苦労して聴聞にはげめということである。楽な聞法は宿善にもならないし、この法は聞かれない。過去世に仏縁うすき者は、この世で苦労して宿善を求めねばならぬ。(二一三頁)
とあり、『顕正新聞』には
 苦しみの根を除くには抜苦与楽の力用をもつ南無阿弥陀仏の名号を獲得するより他にはない。名号は捨身の聞法によって与えられるが、それまで勇敢に立ち向ってゆき初志貫徹するまで、たゆまず、あくまでしりぞかぬことが絶対の幸福をうる唯一の道だと教えられている。(第7号、昭和三七・一二・一五)
又、
 松下氏が世界の松下として成功するまでには何度も血の小便をする程の苦労があったということであるが、注目すべきことである。仏法を求めている人の中にも「私は五年間聞いたのに」「私は十年求めたのに」と未だ信心獲得できない事をぼやき、果ては「説くものが悪いのではなかろうか」、「これだけ聞いても助からんのに何か大願業力だ」と、とんでもないところに責任をなすりつけ、罪を重ねている者がいるが、言語道断の所業である。せめるぺきは己れの不熱心さではないか。その五年十年の間に、どれ程真剣に聞いたか、どれ位真剣に聞いたか、どれ位懸命に宿善を求めたか、松下氏の言を借りるなら果してたった一度でもよいから血の小便をこく程きづまって夜も寝られん事があったか、仏法は未来永劫の大問題を教えているのだ、苦労が足りないぞ、楽して信心決定しようという心こそ反省せねばならんのだ、頑張ろう。(顕正新聞118号、昭和47・3・20)
とあり、又『人間こそ』(親鸞会会員、渋谷励一著)には
 信心獲得するにはどうしたらよいのか。仏法は聴聞に極まる。「聞其名号、信心歓喜」(「無量寿経巻下」真・p六三)
「たとひ大干世界にみてらん火をもすぎゆきて仏の御名を聞く人は、永く不退にかなうなり」(「浄土和讃」真p二二三)
「設今世界に満てらん火をも此の中を過ぎて法を聞くことを得ば」(行巻、真p二七四)
「設ひ大千世界に満てらん火をも亦直に過ぎて仏の名を聞くべし」(行巻、真p二七四)。
何度も火の中をかきわけてとあるが容易なことではない。「仏法には明日と申すことあるまじく候。仏法のことは急げ急げ」また「仏法には世間の隙を閥きて聞くべし、世間の隙をあけて法を聞くべきように思うこと浅ましきことなり。仏法には明日ということあるまじき由の仰せに候」(「蓮如上人御一代記聞書」真p八九〇)。
蓮如上人はこのようにして聴聞するのだぞ、命を賭けて聞け、聞いて信ずる一念に決定するのだぞ、信心決定するまで聞き抜けと何回もくり返し仰せになっているのである。(四二頁)。
とあるように、宗祖や蓮如上人の聴聞(聞法)をすすめた文も引用して、真剣な聴聞(聞法)にはげまねば信は得られぬと述べ、頑張って聴聞(聞法)にはげまねばならないことを強調している。
それからこれも広い意味で聴聞(聞法)にあてはめることが出来るであろうが、『顕正新聞』に71才の夫人の言葉として
 もう50年もの間、試験など受けたこともない為、最初はやれるかどうか不安であったが、やってみるとなかなか面白い。自分の宿善も厚くなるし、会長先生の御法座を聞いても大変役に立つ。(第109号、昭和46・6・15)
とあるように学習に励むことによっても宿善が厚くなると述べている。
 又、破邪顕正(正しい教えをひろめること)については『こんなことを知りたい』①(高森顕徹著)に
 真実を知らない人に真実をおしえ、求めねばならぬわけを説いているうちに、いや他人に説くことによって、自分の聞法心も深まって来るのです。即ち宿善が厚くなるのです。法施は最上の布施行だからです。(八七頁)
とあり『顕正新聞』には
 外には邪教がはびこり、内はふはい堕落の極に達している現実をみんな心配している。しかし、いたずらになげき、いたずらに怒ってみても何んにもならないのだ。それよりも、今すぐに正法宣布の行動を起すことだ。直に破邪顕正の利剣をもって立つことだ。一人でも多くの人に『邪教の正態[5]』を配布して読んで貰うことが貴方のできる破邪である。顕正しようとする者は、親戚や友人知人を尋ねて親鸞会に入って貰うことだ、一人でも多くの人に真実の幸福を頂いて貰うことである。これにまさる宿善はないし、これ以上の報謝はない。(第3号、昭和37・8・15)
とあり、又
 破邪顕正は高森先生の偉業だと感心ばかりして見ていてはならない。幾干の会員は今すぐ一人に二人ずつ破邪し顕正していかねばならない。そこには立ちどころに幾万の正法を知る人が出来る。吾ら愚者の破邪はそこから始まり、それが最大の御報謝、宿善であると信ずる。(顕正新聞第8号、昭和38・1・15)
とあり、又
 真実を知り、真実を求め、真実を獲得した我ら親鸞会々員は今こそ我利我利亡者の考えをふりすてて破邪顕正のために露命を如来聖人に捧げようではないか、破邪顕正こそ、無上の宿善であり、最上の報謝である。(顕正新聞第22号、昭和39・3・15)
等と述べられている。このように邪教を破して、正しい教えをひろめる破邪顕正をすぐれた宿善とするのであるが、少し趣きを異にするものとして『顕正新聞』に
近時迷惑防止条令の施行を契機として社会悪の一掃は今や社会の声にまでなっている。「ひったくり」を捕えたり、「割りこみ」を注意したりして、アベコベになぐられることがある。ところがハタのものはさわらぬ神にたたりなしで知らぬ顔を半兵衛ときめこむ非協力ぶりが問題になっている。(中略)釈尊は臨終に破邪顕正は仏弟子最高の任務だと遺言なされた。邪悪を見て見ぬふりをするものは仏の怨なりとまで仰言っている。この世も未来も大衆を苦しめる邪教を破ることは我等親鸞会員の最高の任務ではある。けれども邪教を破ることだけが我々の務めではない。ささやかな身辺の社会悪の追放にも努力しなければならない。破邪顕正こそ無上の宿善であり、この勇気と実践のないものが、どうして無上の信の勝利者になれるであろうか。(第13号、昭和38・6・15)
とあるように、邪教を破して正しい教えをひろめることのみならず、「ひったくり」や「割りこみ」等の身辺の社会悪の追放に努力することも破邪顕正の一端であり、宿善となるものとしている。
 このように宿善として、第一聴聞(聞法)、第二破邪顕正(正しい教えをひろめること)と示されているが、この他に『顕正新聞』に
 会費はあがったとか、又お金を集めるとか思ってはならぬ心がムクムク出て来ます。浄財をすれば凡て自分の宿善になるのだと知りながら悲しい心がでてきます。(第108号、昭和46・5・15)
とあり、又
 そこで本会では諸物価高騰の折柄、活動の円滑化を計るために会費の改正を決定しました。実施は52年1月からです。真実の仏法のため提供される浄財はすべて尊い宿善となります。この会費改正にあたって進んで宿善を求めさせて頂きましょう。(顕正新聞第175号、昭和51・12・20)
とあり、又
 後生の一大事の助かるか助からないかは、宿善まかせであると蓮如上人は仰言っておられる。宿善は善が宿るものとも読めるのだから少しでも善根功徳を積むように心がけることが大切である(中略)時あたかも岐阜会館建設に着工している。今、会員一人一人が長者[6]のような情熱をもって財施をさせていただき、我々の財施にブレーキをかける祇多太子[7]が現れるまでに財施してこそ真の仏法者といえよう。名利のためにひげをなでるよりもやすく投げ出す千金があれば岐阜会館はたちまちのうちに建ってしまうのである。名利のためしか金を使い切れない者に次々に阿弥陀仏は宿善の勝縁を与えて下さっている。(第184号、昭和52・9・ 20)
等とあるように、高森親鸞会への会費納入や献金等の財施も宿善となるものとしている。
 このように高森親鸞会では、我々の信決定のための宿善をはっきり自力によるものとし、そのためのものとして、聴聞(聞法)、破邪顕正(正しい教えをひろめる)、献金等(財施)の三つをすすめているのである。



(脚注)

  1. (↑) 山田行雄氏「現代における異義の研究」(一)(伝道院紀要14)、「現代における異義の研究」(二)(伝道院紀要19)三木照国氏「高森親鸞会の分析」(伝道院紀要14) 拙稿「一念覚知説の研究」(伝道院紀要19)
  2. (↑)『真宗異義異安心の研究』三〇七頁。
  3. (↑)拙稿「一念覚知説の研究」(伝道院紀要19)
  4. (↑) 邪しまな教えを破り正しい教えを顕して、人に正しい教えを伝えひろめること。高森親鸞会では初めのうちは、創価学会・天理教等の浄土真宗以外の宗教を邪教としていたが、後になると本願寺既成真宗教団の説く教えも邪教としている。
  5. (↑) 高森顕徹著『インチキと暴力的邪教創価学会の正態』
  6. (↑)祇園精舎建立のために努力した祇樹給孤独長者。須達長者。スダッタ。
  7. (↑)祇樹給孤独長者の情熱にうたれ、祇園精舎の土地を提供した人。ジェータ。

 
 
つづく



Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

(CSS)floatは「回り込み」ではないことと、IE, Operaのバグ

floatは「回り込み」ではないが分かりやすかったので、それに従ってfloatの概念を振りかえってみました。

floatとは文字通り「浮く」というイメージで、さらに分かりやすくいうと

通常の流れから取り除く(まるでそれが存在していないかのように)。このとき、
  1. フロートに重なるブロックボックスはフロートの背面に隠される(フロートの背景が透明なら、背面のブロックボックスが透けて見える)
  2. ただし、行ボックス(テキストの1行が入るボックス)はフロートと重ならないように幅が縮む

2番目の「テキストは幅が縮む」のがあたかも「回り込み」をしているように見えるのですが、ボックス自体は回り込まないのが正しい(「仕様書どおり」という意味。以下、「正しい」という言葉を同じ意味で使います)floatの理解だということが、Sample1で分かると思います。

======= Sample1 =======

CSS↓

#test20110627sample01 .aa {
	width:50px;
	height:50px;
	background:#fcc;
	float:left;
}
#test20110627sample01 .bb {
	width:200px;
	height:100px;
	background:#ccf;
}

html↓

<div id="test20110627sample01">
	<div class="aa">あいうえおかきくけこ</div>
	<div class="bb">さしすせそたちつてと</div>
</div>

結果↓(ブラウザ依存)

あいうえおかきくけこ
さしすせそたちつてと

↓↓ Firefox, Google Chrome, Safari, Lunascape ↓↓

sample1_Firefox

↑これが正しい表示

↓↓ Opera ↓↓

sample1_Opera

↑Operaはボックスが「回り込んで」しまっています(バグ)

↓↓ IE ↓↓

sample1_IE

↑さらにIEでは、ボックス間に隙間ができてしまっています。それに加え、「内容物に応じてボックスの幅・高さが押し広げられる」バグが見られます。この場合、ピンクのボックス(aa)の縦が50pxより大きくなっています。

普通は、上のOperaのような表示が欲しくてfloatを使うことが多いと思いますが、このブラウザ間の差異を解消するためには、紫のボックス(bb)の左にマージン(この場合、例えば50px)を与えてやれば、解消できます。

ただ、

ブログでよくあるような段組レイアウトを実現するためにfloatが使われていますが、これはフロートの振る舞いの厳密な規則にあるように、「左フロートにつづく左フロートは、先の左フロートより右側になければならず(右フロートの場合は左右逆に読み替え)、フロートは可能な限り上に配置しなければならない」という規則を利用しているのです。だから、左右のカラムの両方にfloatを指定するわけです。

とあるように、紫のボックス(bb)にもfloatをかけるのが一般的でしょう。すなわち、

======= Sample2 =======

CSS↓

#test20110627sample02 .aa {
	width:50px;
	height:50px;
	background:#fcc;
	float:left;
}
#test20110627sample02 .bb {
	width:200px;
	height:100px;
	background:#ccf;
	float:left;
}

html↓

<div id="test20110627sample02">
	<div class="aa">あいうえおかきくけこ</div>
	<div class="bb">さしすせそたちつてと</div>
</div>

結果↓(ブラウザ依存)

あいうえおかきくけこ
さしすせそたちつてと

 

↓↓ IE以外 ↓↓

sample2_Firefox

↑正しい表示

↓↓ IE ↓↓

sample2_IE

↑この場合、ボックス間の謎の余白も消えます。ただし、「内容物に応じてボックスが押し広げられる」現象は依然として見られます。

なお、「さしすせそたちつてと」の部分をもっと長い文章にしたら、ピンクの下辺以下の表示は、Sample1では文字が左側に流れ込み(はみ出た「あいうえおかきくけこ」と重なる)、Sample2では長方形の領域に文字が埋まります。IE、Opera の場合はどちらも長方形で、IEではさらに、文字の長さ分に応じて紫色のボックスが広がります。

ここで、floatは「回り込み」ではなく「浮く」という意味に近い、ということを念頭に、

中身が全部 float だったら、そのボックスは「空」と解釈できるで、ボーダーで囲っても float した要素を囲むことはない

と予測できる、つまり height=0 になるはずですが、Opera と IE ではボックスに width を与えると float した要素に応じて height が生ずるというバグが見られます。

======= Sample3 =======

CSS↓

#test20110627sample03 .aa {
	border:1px solid #c00;
	width:300px;
}
#test20110627sample03 img {
	float:left;
}

html↓

<div id="test20110627sample03">
	<div class="aa">
		<img src="http://static.zooomr.com/images/9981709_da89ac0c92_m.jpg">
		<img src="http://static.zooomr.com/images/9981710_32a843d334_m.jpg">
	</div>
</div>

結果↓(ブラウザ依存)


↓↓ Firefox, Google Chrome, Safari, Lunascape ↓↓

sample3_Firefox

↑これが正しい見え方。横幅300px、高さ0pxの赤い罫線が上に見えます。

↓↓ Opera ↓↓

sample3_Opera

↑Opera のバグ

↓↓ IE ↓↓

sample3_IE

↑さらに IE では、画像周り(横方向)に余白が生じています。

ということで、float と仲良くするには「回り込みではない」という理解と IE のバグを知ることが大切になるのだと思いました。

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【写真】Rie a.k.a. Suzaku, Crying Machine, Darkness Rose, Jikki @目黒 LIVE STATION 2011.03.26

撮らせてもらった写真です。

この日は撮り損ねが多くてすみません m(_ _)m

画像をクリックすると個別のページに移ります。


Jikki



Darkness Rose



Crying Machine



Rie a.k.a. Suzaku







Filed under: 未分類     12:45 AM  Comments (0)

CSSだけでfloatを解除(IEも対応)させるメモ

結論だけ書くと、

.clearfix:after {
	content:"";
	display:block;
	clear:both;
	height:0;
	visibility:hidden;
}

.clearfix {
	min-height:1px;
}

* html .clearfix {
	height:1px;
	/*\*//*/
	height:auto;
	overflow:hidden;
	/**/
}

 

 

詳しくはclearfixでfloatを解除 | d-spicaを参照。

 

IE対策のポイントは、以下のバグ。

  • 要素の幅か高さを指定した場合,floatした子要素の高さも含めて算出する
  • 要素の幅と高さが内容物に合わせて押し広げられる(→min-heightなどに応用できる

モダンブラウザも含め、本質的なポイントは「floatした要素の高さを親要素の高さに反映させたい」という発想ですね。

少し話題がずれてちなみに、クラスの複数指定は便利ですが、IEを考慮してなるべくしない方が無難かと思います。

(参考)IE6で複数クラスを使う時の注意点 | CSS-EBLOG

それと、floatは「回り込み」ではないことを理解すると、応用が効くと思うけど、「回り込み」と理解してもたいていは大丈夫かと。でもはやり、「回り込み」のつもりで書くと思うように行かないことがあるので、正しい理解は必要だと思います。(IEは「回り込み」として表示。これはバグ)

Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

BLOOD STAIN CHILD / εpsilon

BLOOD STAIN CHILD / εpsilon


大阪出身のトランス・メタル・バンドの新譜。

BLOOD STAIN CHILD -epsilon trailer-


http://www.youtube.com/watch?v=ZWItwQnujY0

ファイナル・ファンタジーを思わせるアートワークだけでも十分ジャケ買い対象商品ですが、1曲目の「SIRIUS VI」をYouTubeで見た直後に注文していました。

このインパクトはチルボドのこれ↓とか、

Children of Bodom - Needled 24/7


http://www.youtube.com/watch?v=hjZXUyvFQDA


IN FLAMES のこれ↓

IN FLAMES - DEAD END (Feat. Lisa Miskovsky)


http://www.youtube.com/watch?v=Cc3T6vRJKtU


などに匹敵する名曲!

最近身近に観たアーティストでは、MECHANICAL TEDDYも近いタイプかも?

今作より新たに加わったギリシャ人ヴォーカルの Sophia さんの存在感がかなり大きいです。

そのためか、アルバム全体としては嬢メタル要素が色濃く、ポップでキャチーでメロディアスで非常に聴きやすいです。ヘヴィ・メタルの進化形を飛び越えて、脱メタルの領域にまで片足を突っ込んだようにも感じられる程です。時には fly sleep fly 風なエモいところも。

知人のメタルファンにはPerfume好きが多いのですが、それらの人もきっと今はまっているのでは?と勝手に妄想しています。

また、「菅野よう子にも通じる」という意見も聞きましたが、それも同感です。

美しい女性ヴォーカルとテクノ、トランス・サウンドが前面に出た印象で、ギターとデス声は控えめに感じられるので、メロデスを期待して聴いたらビックリ。

でもそれは決して肩透かしを喰らったとか不満要素であるという訳ではなく、むしろ新鮮な気持ちで素直に感動しました。今流行のありがちなサウンド・スタイルでありながら、他とは一線を画しているクオリティの高さが感じられ、癖になりそうです。

ジャケ、音だけでなく、個々のメンバーの人間的レベルも高そうで、特に Shophia 嬢は5ヶ国習得に加え弁護士資格、テコンドー黒帯も取得の美女。まさに才色兼備で、是非とも直接ライヴで観たいと思いました。リーダーでギターの男の娘、RYU さんは女性のように美しく、最初は本気で女だと思っていました(^_^;)

ライヴ日程を調べたところ、近くでは8月21日の池袋 LIVE INN ROSA。ありゃ~、その日はすでに予定を入れちゃったぁ(´Д`)とがっかりしながら詳しく見たら、元々行く予定だったライヴと同一イベントと判明。対バンでした\(^o^)/

しばらくヘヴィロテ週間が続きそうです。


BLOOD STAIN CHILD / εpsilon



Track List

  1. SIRIUS VI
  2. FOREVER FREE
  3. STARGAZER
  4. S.O.P.H.I.A
  5. Unlimited Alchemist
  6. ELECTRICITY
  7. ETERNAL
  8. MOON LIGHT WAVE
  9. Dedicated to VIOLATOR
  10. Merry-Go-Round
  11. La+
  12. SAI-KA-NO
  13. VOID dmn-str. remix






Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【写真】JACKAL SUS4, Libertas, STAB, LAR-D, CHICK-CHICK FOR PEACE, The Sailers, nothing ever lasts @渋谷 eggman 2011.03.21

撮らせてもらった写真です。

この日の動画は2つ前の投稿に貼りました。

http://charlie432.fool.jp/2011/06/21/00/00/00

渋谷 eggman 2011.03.21


画像をクリックすると個別ページに飛びます。


nothing ever lasts

nothing ever lasts


The Sailers




CHICK-CHICK FOR PEACE




LAR-D




STAB




Libertas




JACKAL SUS4






Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

紅楳英顕先生学習会 -本当のよろこびを知ろう(2)- @築地本願寺 2011.06.11

6月11日、前回(3月12日)に続いて、「親鸞聖人の教えを聞く会 -本当のよろこびを知ろう-」の学習会に参加しました。講師は、浄土真宗本願寺派司教・相愛大学名誉教授の紅楳英顕先生です。

本当のよろこびを知ろう


以下の「御消息集」(親鸞聖人のお手紙)について聞かせていただきました。

【親鸞聖人ご消息 第一通】

有念無念の事



 来迎は諸行往生(1)にあり、自力の行者なるがゆゑに。臨終(2)といふことは、諸行往生のひとにいふべし、いまだ真実の信心をえざるがゆゑなり。また十悪・五逆の罪人のはじめて善知識にあうて、すすめらるるときにいふことなり。真実信心の行人は、摂取不捨のゆゑに正定聚の位に住す。このゆゑに臨終まつことなし、来迎たのむことなし。信心の定まるとき往生また定まるなり。来迎の儀則(3)をまたず。
 正念といふは、本弘誓願の信楽定まるをいふなり。この信心うるゆゑに、かならず無上涅槃にいたるなり。この信心を一心といふ、この一心を金剛心といふ、この金剛心を大菩提心といふなり。これすなはち他力のなかの他力なり。
 また正念といふにつきて二つあり。一つには定心の行人の正念(4)、二つには散心の行人の正念(5)あるべし。この二つの正念は他力のなかの自力の正念なり。定散の善は諸行往生のことばにをさまるなり。この善は他力のなかの自力の善なり。この自力の行人は、来迎をまたずしては、辺地・胎生・懈慢界までも生るべからず。このゆゑに第十九の誓願に、「もろもろの善をして浄土に回向して往生せんとねがふ人の臨終には、われ現じて迎へん」と誓ひたまへり。臨終まつことと来迎往生といふことは、この定心・散心の行者のいふことなり。
 選択本願は有念(6)にあらず、無念(7)にあらず。有念はすなはち色形(8)をおもふにつきていふことなり。無念といふは、形をこころにかけず、色をこころにおもはずして、念もなきをいふなり。これみな聖道のをしへなり。聖道といふは(9)、すでに仏に成りたまへる人の、われらがこころをすすめんがために、仏心宗・真言宗・法華宗(10)・華厳宗・三論宗等の大乗至極の教なり。仏心宗といふは、この世にひろまる禅宗これなり。また法相宗・成実宗・倶舎宗等の権教、小乗等の教なり。これみな聖道門なり。権教といふは、すなはちすでに仏に成りたまへる仏・菩薩の、かりにさまざまの形をあらはしてすすめたまふがゆゑに権といふなり。
 浄土宗にまた有念あり、無念あり。有念は散善の義、無念は定善の義なり。
浄土の無念は聖道の無念には似ず、またこの聖道の無念のなかにまた有念あり、よくよくとふべし。
 浄土宗のなかに真あり、仮あり。真といふは選択本願なり、仮といふは定散二善なり。選択本願は浄土真宗(11)なり、定散二善は方便仮門なり。浄土真宗は大乗のなかの至極なり。方便仮門のなかにまた大小・権実の教あり。釈迦如来(12)の御善知識は一百一十人なり、『華厳経』にみえたり。

南無阿弥陀仏

   建長三歳(13)[辛亥]閏九月二十日

                   愚禿親鸞[七十九歳]

  1. 諸行往生 種々の善根(ぜんごん)を修めて、その功徳(くどく)を因として浄土に生れること。(本文に戻る
  2. 臨終 ここでは臨終のときに初めて浄土往生が決定(けつじょう)することを指す。(本文に戻る
  3. 儀則 ここでは臨終における聖衆来迎(しょうじゅらいこう)の儀式のこと。(本文に戻る
  4. 定心の行人の正念 定善を行ずる人にそなわる正念(本文に戻る
  5. 散心の行人の正念 散善を行ずる人にそなわる正念(本文に戻る
  6. 有念 無念に対する語。
     一 仏身・浄土の荘厳相など、具体的な形相を心に思いうかべて観想すること。
     二 散善のこと。散善は悪を止め善を修めようとする思慮分別がはたらくので有念という。(本文に戻る
  7. 無念 有念に対する語。
     一 無相離念の理観のこと。形相を離れて理を観じ、真理と一体になること。分別的な限定を超えた無相の真如にかなう無相の真如にかなう無分別智のこと。
     二 定善のこと。定善は心がひとつの対象に集中していて、思慮分別がはたらかないから無念という。(本文に戻る
  8. 色形 いろ、かたち。ここでは、仏身・浄土など具体的に示された仏徳のことを指す。(本文に戻る
  9. 聖道といふは 親鸞聖人独自の解釈。聖道門を権化の聖者の説いた方便誘引の教えと見る意。(本文に戻る
  10. 法華宗 天台宗のこと。『法華経』(『妙法蓮華経』)によって立てた宗であるから天台法華宗という。円宗、台宗などともいう。
     天台大師智(ちぎ)によって大成された。仏一代の教を五時八教の教判によって価値判断し、『法華経』を釈尊出世の本懐とする。諸法の実相を空・仮・中の三諦相即をもってあらわす三諦円融の妙理を説き、一念三千の円頓止観を修して仏のさとりへ至ろうとする。
     日本には最澄が伝え、天台円教・密教・禅・菩薩戒を融合統一した総合仏教として天台法華宗を確立した。なお日蓮が『法華経』によって立てた宗も法華宗と通称されるが、ここでの用例は天台宗を指す。(本文に戻る
  11. 浄土真宗 浄土往生の真実の教え。真実の教である『大教』に説かれた阿弥陀仏の選択(せんじゃく)本願を指し、具体的には他力の念仏成仏の教えをいう。(本文に戻る
  12. 釈迦如来 『華厳経』「入法界品」(晋訳巻 58)には「この童子(善財童子)は昔頻陀伽羅城において文殊師利の教を受け、善知識を求めて、展転して一百一十のもろもろの善知識を経由し……」とある。(本文に戻る
  13. 建長三歳 1251年(本文に戻る





 *教相判釈 → 自分の信仰する教えが最高価値のものであるという確信のもとで、仏教全般、宗教全般の価値批判をしたもの。


一、二双四重判

 二双とは、一代教がまず超(悟りをえるのがはやい)と出(悟りをえるのがおそい)に分けられる。
 四重とは、
  超がさらに横(よこ・他力)超と竪(たて・自力)超に分けられ、
  出がさらに横出と竪出に分けられる。

 仏教全体について
  自力教、他力教と、
  頓教(悟りをえるのがはやい教え)、漸教(悟りをえるのがおそい教え)で分別された教判。

 横超が他力教の中の頓教で、絶対他力の浄土真宗(第十八願)。
 竪超が自力教の中の頓教で、華厳、天台、真言、禅等を指す。
 横出が他力教の中の漸教で、絶対他力に至っていない教え(第十九願、第二十願)。
 竪出が自力教の中の漸教で、法相等を指す。

 親鸞聖人は横超の浄土真宗以外の教えはすべて方便仮門の教とする。


二、真仮偽判


 真宗全体を真、仮、偽に分け、
 ・真を絶対他力の教えである浄土真宗(第十八願)とする。
 ・仮とは仏教の中の自力教(聖道門)の教えおよび他力教(浄土門)の中の絶対他力に至っていない半自力半他力の教え(第十九願、第二十願)を指す。
 ・偽とは仏教以外の宗教を指す。



最後は恩徳讃を歌って終了。
本当のよろこびを知ろう


http://www.youtube.com/watch?v=PWrHSG3XrA4

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



2011年 次回の予定


第3回 9月10日(土)14:00~16:30
場所   築地本願寺 第一伝道会館内


連絡先 shinran.thepureland@gmail.com


参考 http://www12.ocn.ne.jp/~kobai/


本当のよろこびを知ろう




Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)

【動画】SILC set Heaven @渋谷 eggman 2011.03.21

撮らせてもらった動画です。

この日は渋谷 eggman 30周年記念&チャリティー・イベントでした。

入場料の代わりに任意の義援金が募られ、必要最低限以下の照明で行われました。

SILC set Heaven - サイクル


http://www.youtube.com/watch?v=HE9-OYxoY3o




Filed under: 未分類     12:00 AM  Comments (0)